記事総数:457  総PV数:329200

公開済みの記事


キリンソウの育て方!多肉質の葉と黄色い小花

キリンソウの育て方!多肉質の葉と黄色い小花

キリンソウの育て方を紹介します。キリンソウは日本や東アジア原産の植物です。海岸や高山帯に自生しています。まっすぐ伸びた茎に多肉質な葉が多数付き、黄色い小花がたくさん咲きます。開花期は5月です。テカリダケキリンソウ、ホソバノキリンソウ、エゾノキリンソウなどが代表的な品種です。


アイスプラントの育て方!凍ったように見える多肉植物

アイスプラントの育て方!凍ったように見える多肉植物

アイスプラントの育て方を紹介します。アイスプラントはヨーロッパやアフリカ原産の多肉植物です。凍ったように見えることから、この名前が付いています。凍ったように見えるのは実は塩分で、土中の塩分を吸い上げ隔離するための細胞になります。最近では野菜として食されることも多く、ほのかな塩味が食感が人気です。


ヤブコウジの育て方!魅力的な葉模様や葉形と可愛い実

ヤブコウジの育て方!魅力的な葉模様や葉形と可愛い実

ヤブコウジの育て方を紹介します。ヤブコウジは日本や東アジア原産の低木です。低木といっても樹高は30cmほどで、鉢植えで観葉植物として育てるのが一般的です。葉には白い斑が入り葉の縁はギザギザしています。7月~8月に白い花を開花し、小さな実を付けるのも特徴です。


ミセバヤの育て方!丸くて可愛い葉と美しい花

ミセバヤの育て方!丸くて可愛い葉と美しい花

ミセバヤの育て方を紹介します。ミセバヤは日本原産の多年草です。古くから親しまれている植物ですが、現在自生しているのは小豆島くらいです。丸くて可愛い肉厚な葉と美しい花が特徴です。葉には赤い縁が入り、秋には紅葉します。花はピンク色で房状に咲きます。開花期は10月~11月です。


ミカニアの育て方!つる性で渋い色合いの観葉植物

ミカニアの育て方!つる性で渋い色合いの観葉植物

ミカニアの育て方を紹介します。ミカニアはブラジル原産の観葉植物です。400種類ほど存在します。観葉植物として栽培されるのはデンタタという品種で、つる性で緑色と紫色が混じったような色合いです。少し渋めな印象を受けます。葉には軟毛がはえ、若干銀色っぽくも見えます。夏には花も咲かせます。


ヘンリーヅタの育て方!紅葉する観葉植物

ヘンリーヅタの育て方!紅葉する観葉植物

ヘンリーヅタの育て方を紹介します。ヘンリーヅタは中国原産の観葉植物です。ツタ属の品種で紅葉するのが特徴です。春に葉を付ける際は赤く、暖かい時期になるときれいな緑色の葉になります。そして秋になってくるとまた赤くなります。つる性の植物で、這うように成長します。


フルクラエアの育て方!斑入りの細長い大きな葉

フルクラエアの育て方!斑入りの細長い大きな葉

フルクラエアの育て方を紹介します。フルクラエアは熱帯アメリカ原産の観葉植物です。20種類ほど存在します。細長い大きな葉が特徴で、自生地では2m近くなることもあります。種によっても違いますが、黄色や白っぽい斑が入り美しいです。フォエティダやメディオピクタといった品種が代表的です。


プセウデランテムムの育て方!葉も花も美しい観葉植物

プセウデランテムムの育て方!葉も花も美しい観葉植物

プセウデランテムムの育て方を紹介します。プセウデランテムムは熱帯や亜熱帯に広く自生する観葉植物です。100種類ほど存在します。種によって姿はさまざまですが、葉も花も魅力的な品種が多いです。代表的な品種はライム色の葉が美しいレティクラツムや紅紫色の花が美しいアトロプルプレウムなどになります。


フィロデンドロンの育て方!種類豊富なインテリアグリーン

フィロデンドロンの育て方!種類豊富なインテリアグリーン

フィロデンドロンの育て方を紹介します。フィロデンドロンは熱帯アメリカ原産の観葉植物です。数百種類存在します。代表的な品種がセロームやビロードカズラ、ヒメカズラなどになります。セロームは葉に大きな切れ込みが入り、ビロードカズラやヒメカズラはハート型の葉が特徴です。インテリアグリーンにおすすめです。


ヒコウキソウの育て方!飛行機のような葉が魅力

ヒコウキソウの育て方!飛行機のような葉が魅力

ヒコウキソウの育て方を紹介します。ヒコウキソウは中国や東南アジア原産の観葉植物です。名前からもわかりますが、飛行機のような葉の形が最大の特徴です。葉には茶色いストライプ模様が入り、他には見ることのできない特徴的な姿をしています。本来は多年草ですが、寒さに弱く一年草として扱うことが多いです。


ハランの育て方!料理にも使われる日本の観葉植物

ハランの育て方!料理にも使われる日本の観葉植物

ハランの育て方を紹介します。ハランは日本原産の観葉植物です。楕円形の大きな葉が特徴で、葉は50cmくらいになることもあります。きれいな緑色の艶のある葉です。和食で見たことのある方も多いと思いますが、料理の仕切りにも使われます。花も咲きますが、あまり目立ちません。


ネオレゲリアの育て方!葉がロゼット状になる観葉植物

ネオレゲリアの育て方!葉がロゼット状になる観葉植物

ネオレゲリアの育て方を紹介します。ネオレゲリアは南米原産の観葉植物です。100種類ほど存在します。種によっても異なりますが、多くの種が葉をロゼット状に展開し、葉の中に水を溜めています。葉色もさまざまですが、最も一般的なカロライナエは葉の中心部が赤く色づきます。


シッサスの育て方!つる性の光沢のある葉

シッサスの育て方!つる性の光沢のある葉

シッサスの育て方を紹介します。シッサスは世界中の熱帯や温帯地域に幅広く自生しています。300種類ほど存在します。ロンビフォリア(グレープ・アイビー)やアンタルクティカ(カンガルー・アイビー)という品種が観葉植物として一般的で、つる性で光沢のある葉が特徴です。


コルムネアの育て方!鮮やかな赤や黄色の花

コルムネアの育て方!鮮やかな赤や黄色の花

コルムネアの育て方を紹介します。コルムネアは熱帯アメリカ原産の観葉植物です。100種類ほど存在します。樹木に着生する着生植物です。最もよく栽培されるのがヒルタという品種で、肉厚な葉をきれいに付け、赤や黄色の鮮やかな花を咲かせます。開花期は3月~6月くらいまでです。


コプロスマの育て方!斑入りや赤みが出る葉色が楽しめる観葉植物

コプロスマの育て方!斑入りや赤みが出る葉色が楽しめる観葉植物

コプロスマの育て方を紹介します。コプロスマはオーストラリア原産の観葉植物です。斑入りや赤みが出る葉が特徴で、さまざまな園芸品種があります。草丈もさまざまで30cmほどのコンパクトな種から2m近くになる種まであります。丈夫で育てやすい植物です。


グンネラの育て方!巨大な葉を持つ観葉植物

グンネラの育て方!巨大な葉を持つ観葉植物

グンネラの育て方を紹介します。グンネラは熱帯アメリカやアフリカ原産の観葉植物です。30種類ほど存在します。特徴は何といっても葉が巨大なことです。葉の大きさは2mを超えることもあります。大きな観葉植物を育てたいと思っている場合は、グンネラはおすすめです。花は目立たず、葉を観賞するのが基本です。


グレコマの育て方!つる性で這うように成長する

グレコマの育て方!つる性で這うように成長する

グレコマの育て方を紹介します。グレコマはヨーロッパ原産の多年草です。数種類存在します。つる性で地面を這うように成長するのが特徴です。グラウンドカバーとしても利用できます。葉は白い斑が入ることが多く、春には可愛い紫色の花を咲かせます。芳香もありハーブとして利用されることもあります。


万年青(オモト)の育て方!縁起のいい観葉植物

万年青(オモト)の育て方!縁起のいい観葉植物

万年青の育て方を紹介します。万年青は日本や中国原産の多年草です。多数の園芸品種があり、1,000種類ほど存在しています。名前からも想像がつきますが、1年中きれいな葉を茂られます。長寿といった花言葉があり、縁起のいい植物とされています。肉厚で長い葉を連なって付け、花後に実を付けます。


エクメアの育て方!ロゼット状になる葉の着生植物

エクメアの育て方!ロゼット状になる葉の着生植物

エクメアの育て方を紹介します。エクメアは南米原産の観葉植物です。200種類近く存在しています。種によって形は異なりますが、肉厚で大きな葉をロゼット状に付けるのが特徴です。葉はきれいな緑色で白っぽい斑が入ります。また、すぐになくなってしまいますが、見ごたえある花も魅力です。


ウラムラサキの育て方!葉裏が紫の観葉植物

ウラムラサキの育て方!葉裏が紫の観葉植物

ウラムラサキの育て方を紹介します。ウラムラサキはインドや東南アジア原産の観葉植物です。名前のとおり、葉の裏が暗めの紫色になっており、この名前が付けられました。ウラムラサキは和名でストロビランテスの仲間です。葉を楽しむ観葉植物で、鉢植えで管理することが多いですが、成長すると1.5mくらいになります。