記事総数:493  総PV数:503875

公開中の記事


アキレア(ノコギリソウ)の育て方!切れ込みの入った葉と可愛い花

アキレア(ノコギリソウ)の育て方!切れ込みの入った葉と可愛い花

アキレアの育て方を紹介します。アキレアは北半球の温帯地域に広く自生しています。100種類ほど存在します。いろいろな種がありますが、セイヨウノコギリソウという品種が最も栽培されています。葉には切れ込みが入り、ノコギリのような形をしていて、花は小さな花がまとまって咲きます。花色豊富で可愛らしいです。


アキノキリンソウの育て方!たくさんの黄色い小花

アキノキリンソウの育て方!たくさんの黄色い小花

アキノキリンソウの育て方を紹介します。アキノキリンソウは世界中に広く自生しています。日本にも自生していて九州でも北海道でも育てられます。黄色い小花をまとまってたくさん咲かせるのが特徴です。一つひとつは小さいですが、遠くから見ると一つの大きな花のようにも見えます。開花期は夏から秋にかけてです。


ラッセリアの育て方!筒状の花をたくさん咲かせる

ラッセリアの育て方!筒状の花をたくさん咲かせる

ラッセリアの育て方を紹介します。ラッセリアはメキシコ原産の低木です。筒状の花が特徴で、赤やピンクの花を長期間楽しめます。気温があれば1年中楽しめますが、日本では初夏から秋までです。また、葉が退化して茎だけに見えるのも特徴の一つです。葉はありますが見た目にはほとんどわかりません。


マンデビラ(デプラデニア)の育て方!大きなラッパ型の花

マンデビラ(デプラデニア)の育て方!大きなラッパ型の花

マンデビラの育て方を紹介します。マンデビラは中南米原産のつる性植物です。100種類ほど存在しています。以前は旧属名のデプラデニアの名前で流通していました。種によっても異なりますが、直径10cm程度の大きな花をラッパ型に咲かせます。花色は白、ピンク、赤などです。5月~10月と長期間開花を楽しめます。


マダガスカルジャスミンの育て方!厚みのある白色の花

マダガスカルジャスミンの育て方!厚みのある白色の花

マダガスカルジャスミンの育て方を紹介します。マダガスカルジャスミンはマダガスカル原産の低木です。ジャスミンと名前が付いていますが、全く別の種類になります。ジャスミンのような芳香があるためこの名前が付いています。厚みのある白い花がとてもきれいな植物で、光沢のある葉も観賞価値が高いです。


ペンタスの育て方!可愛い星型の花を房状に咲かせる

ペンタスの育て方!可愛い星型の花を房状に咲かせる

ペンタスの育て方を紹介します。ペンタスは熱帯アフリカ原産の低木です。30種類ほど存在します。可愛い星型の花を房状に咲かせます。花色は白、ピンク、赤、紫などがあり、どれもきれいです。気温があれば1年中開花しますが、日本では主に初夏から秋まで楽しめます。葉も斑入りなど特徴的なものが多いです。


ヘディキウムの育て方!ショウガのような芳香のある大型の植物

ヘディキウムの育て方!ショウガのような芳香のある大型の植物

ヘディキウムの育て方を紹介します。ヘディキウムは熱帯アジア原産の多年草です。50種類ほど存在します。ショウガのような芳香があります。ショウガと科は同じですが属は異なり、ヘディキウムは食用ではありません。花色豊富な花を穂状に咲かせ、草丈は1m~3mくらいになります。開花期は夏から秋です。


プルンパゴの育て方!きれいな青色と白色の花

プルンパゴの育て方!きれいな青色と白色の花

プルンパゴの育て方を紹介します。プルンパゴは南アフリカ原産の低木です。20種類ほど存在します。きれいな青色や白色の花を房状に咲かせます。5枚の花弁がきれいに開き、爽やかな印象が魅力的です。開花期が長く、初夏から秋まで楽しめます。生育旺盛で地植えで育てると2mくらいまで成長することもあります。


ブラックキャットの育て方!特徴的な黒い花

ブラックキャットの育て方!特徴的な黒い花

ブラックキャットの育て方を紹介します。ブラックキャットは東南アジア原産の多年草です。少し奇妙な黒い花を咲かせます。花弁に見える部分は実は苞で、花は中心部の星型の部分になります。この姿から「バッドフラワー」「デビルフラワー」などの別名もあります。開花期は7月~10月です。


ブーゲンビレアの育て方!美しい苞と筒状の花

ブーゲンビレアの育て方!美しい苞と筒状の花

ブーゲンビレアの育て方を紹介します。ブーゲンビレアは南米原産のつる性の花木です。10種類ほど存在します。美しく豪華な苞が特徴で、赤、ピンク、紫、オレンジ、黄色などさまざまな色があります。花は中心部にある小さな白い部分です。筒状に咲かせます。気温があれば1年を通して開花します。


パボニアの育て方!赤い苞と紫色の花が美しい

パボニアの育て方!赤い苞と紫色の花が美しい

パボニアの育て方を紹介します。パボニアはブラジル原産の低木です。100種類ほど存在します。インターメディアという品種が主に栽培されています。パボニアの花に見える赤い部分は苞で、花は苞の中にあります。花は紫色で苞とのコントラストが美しいです。春から秋までの長期間、開花を楽しめます。


パキスタキスの育て方!黄色い苞と白い花

パキスタキスの育て方!黄色い苞と白い花

パキスタキスの育て方を紹介します。パキスタキスは南米原産の低木です。6種類ほど存在します。一般的に流通しているのはルテアという品種です。光沢のある葉を付け、黄色い苞の中から白い花が顔をのぞかせます。花は短命ですが、黄色い苞は長期間観賞でき、ハート型で見ごたえがあります。初夏から秋まで楽しめます。


ニオイバンマツリの育て方!花色が変化する植物

ニオイバンマツリの育て方!花色が変化する植物

ニオイバンマツリの育て方を紹介します。ニオイバンマツリは南米原産の低木です。ブルンフェルシア属の植物になります。花色が変化するのが最大の特徴で、咲き始めの紫から徐々に白色になっていきます。花は筒状で5枚の花弁を付けます。開花期は4月~7月です。花には芳香もあります。


トケイソウの育て方!時計の文字盤のような花姿

トケイソウの育て方!時計の文字盤のような花姿

トケイソウの育て方を紹介します。トケイソウは世界の熱帯地域に幅広く自生していて、500種類ほど存在します。トケイソウという名前は、花姿が時計の文字盤のように見えることから付いています。花弁、雄しべ、雌しべ、針などが合わさり、かなり個性的な花姿です。開花期は種によりますが、主に初夏から秋にかけてです。


ツンベルギアの育て方!可愛い花のつる性植物

ツンベルギアの育て方!可愛い花のつる性植物

ツンベルギアの育て方を紹介します。ツンベルギアは熱帯アジアやアフリカ原産の多年草です。100種類ほど存在します。つる性の植物で、5mくらい伸ばす場合もあります。花は可愛らしく花弁が大きく開いているのが特徴です。花色は黄色、オレンジ、白、紫など豊富です。初夏から秋にかけて開花します。


スネイルフラワーの育て方!カタツムリのような形の花

スネイルフラワーの育て方!カタツムリのような形の花

スネイルフラワーの育て方を紹介します。スネイルフラワーは中南米原産の多年草です。花の形が「カタツムリ=sneil」に似ていることから、この名前が付いています。かなり特徴的な形ではありますが、カタツムリに似ているかというと正直微妙です。かなり伸びるつる性の植物なので、絡ませて育てるかあんどん仕立てにして育てます。


ストレプトカーパスの育て方!花色豊富なラッパ状の花

ストレプトカーパスの育て方!花色豊富なラッパ状の花

ストレプトカーパスの育て方を紹介します。ストレプトカーパスは熱帯アフリカやアジア、マダガスカル原産の多年草です。100種類ほど存在します。茎の伸びない種と長く伸びる種の2つに大きく分けられます。大きなラッパ状の花が特徴で、花色は紫、赤、ピンク、白など豊富です。初夏から秋にかけて開花します。


シコンノボタンの育て方!鮮やかな紫色の花

シコンノボタンの育て方!鮮やかな紫色の花

シコンノボタンの育て方を紹介します。シコンノボタンはブラジル原産の低木です。鮮やかな紫色の花が特徴です。1日で散ってしまう一日花ですが、次々に開花し、夏から秋にかけて開花を楽しめます。花は他にも魅力があり、先端から細長い雄しべを伸ばします。蜘蛛の足のような姿と表現されます。


サンタンカの育て方!まとまって半円状になる花

サンタンカの育て方!まとまって半円状になる花

サンタンカの育て方を紹介します。サンタンカは熱帯アジア原産の低木です。400種類ほど存在しています。小さな花がまとまって咲き、半円状になるのが特徴です。花色は赤、ピンク、黄色、オレンジなど明るい色を中心に豊富です。開花期は初夏から秋まで、比較的長く楽しめます。


コンロンカの育て方!花びらのような萼片が特徴

コンロンカの育て方!花びらのような萼片が特徴

コンロンカの育て方を紹介します。コンロンカは熱帯アジアやアフリカ原産の低木です。200種類ほど存在します。花びらのように見える部分は萼片で、花は小さくてあまり目立ちません。萼片は白、赤、ピンクなどに色付きます。原産地では1年中開花しますが、日本では夏が開花期になります。