記事総数:480  総PV数:352609

公開済みの記事


ガステリアの育て方!和名が臥牛の多肉植物

ガステリアの育て方!和名が臥牛の多肉植物

ガステリアの育て方を紹介します。ガステリアは和名を臥牛といい葉の形が牛が寝ている様子に似ていることから付いています。また、花の形が胃(ガスター)に似ていることがガステリアの名前の由来です。直射日光には少々弱く、明るい日陰で育てるのが最適です。寒さにはあまり強くなく冬でも10°以上が最適な環境です。


ハートカズラの育て方!ラブチェーンとも呼ばれる多年草

ハートカズラの育て方!ラブチェーンとも呼ばれる多年草

ハートカズラの育て方を紹介します。ハートカズラは別名ラブチェーンと呼ばれるツル性の多年草です。名前のとおりハート型の葉が特徴です。ツルは1m~2mに成長し、さまざまな楽しみ方ができます。日当たりのいい場所を好みますが、ある程度の耐陰性があります。耐寒性も強いですが、10°以上の環境が理想です。


パキフィツムの育て方!肉厚すぎる多肉植物

パキフィツムの育て方!肉厚すぎる多肉植物

パキフィツムの育て方を紹介します。パキフィツムは分厚い葉の多い多肉植物の中でも一際肉厚です。いくつかの種がありますが、有名なのは「星美人」と呼ばれる種です。ほとんど白と言っていいほどの葉の白さが特徴です。日当たりのいい場所を好みますが、夏の直射日光は避けてください。耐寒性があり5°以上の環境であれば育ちます。


スイートピーの育て方!品種の多い定番植物

スイートピーの育て方!品種の多い定番植物

スイートピーの育て方を紹介します。スイートピーは品種が多く、春咲き・夏咲き・冬咲きと改良が進んでいます。一番良く使わるのは春咲きのスイートピーです。また、一年草タイプと宿根草タイプがあります。スイートピーは日当たりが大好きです。お庭で一番日の当たる場所に置いてあげてください。


チューリップの育て方!ガーデニングを代表する球根植物

チューリップの育て方!ガーデニングを代表する球根植物

チューリップの育て方を紹介します。チューリップといえばガーデニングをやっていない人でも知っている有名な球根植物です。日本だけでなく世界中で愛されています。春に開花し赤、白、黄色など色鮮やかな花を咲かせます。日当たりのいい場所と寒さを好みます。基本的に外で管理するのに適した植物です。


スパティフィラムの育て方!凛とした美しさの多年草

スパティフィラムの育て方!凛とした美しさの多年草

スパティフィラムの育て方を紹介します。スパティフィラムは熱帯アメリカに生息する多年草で凛とした美しい花が特徴的です。開花期が長く春から秋にかけて花を楽しめます。環境次第で1年中花を楽しむことも可能です。直射日光は苦手ですが、日が当たらないと開花しません。適度に遮光して明るい場所に置いてください。


シンゴニウムの育て方!ガーデニングに適したツル性の観葉植物

シンゴニウムの育て方!ガーデニングに適したツル性の観葉植物

シンゴニウムの育て方を紹介します。シンゴニウムは熱帯アメリカに生息する多年草で、可愛らしい葉で人気の高い植物です。ツル性なので、ラティスに絡ませたり高いところから垂らしたりできます。高温多湿を好みますが、直射日光は苦手で明るい日陰を好みます。寒さには弱く、冬でも15°以上の環境で育てるのが理想です。


ミスミソウ(雪割草)の育て方!初春に花咲く多年草

ミスミソウ(雪割草)の育て方!初春に花咲く多年草

ミスミソウの育て方を紹介します。ミスミソウは早いと2月下旬から開花する東北地方や北陸地方原産の多年草です。出身の方は馴染み深い植物かもしれません。まだ雪の残る季節に春の訪れを期待させてくれます。ミスミソウは秋から春にかけては日当りを好みますが、夏の直射日光には弱いです。夏場は明るい日陰で管理してください。


コノフィツムの育て方!そら豆のような多肉植物

コノフィツムの育て方!そら豆のような多肉植物

コノフィツムの育て方を紹介します。コノフィツムは多肉植物でも種類の多い属で、2,000種以上存在しています。それぞれの種は葉の形状から「足袋形」「鞍形」「丸形」の3つに大きく分けられています。葉の形は色々ですが、最も親しまれているのがそら豆のような葉のコノフィツムです。冬型の植物で日当たりのいい場所を好みます。


カランコエの育て方!花が魅力の多肉植物

カランコエの育て方!花が魅力の多肉植物

カランコエの育て方を紹介します。カランコエはリュウキュウベンケイ属に属していて100種類以上存在します。そのうちのいくつかは多肉植物として扱われています。多肉植物といえば葉に特徴がありますが、カランコエはどちらかといえばカラフルな花が注目されます。日当たりを好み耐寒性は強くありません。


カラジュームの育て方!魅惑的な葉をつける球根植物

カラジュームの育て方!魅惑的な葉をつける球根植物

カラジュームの育て方を紹介します。カラジュームは熱帯アメリカに生息する球根植物で、カラフルで魅惑的な葉が特徴です。その見た目から夏に合う植物で、花壇にアクセントを加えてくれます。寒さには弱いので冬には枯れてしまいますが、また夏にかけて葉をつけます。明るい日陰で育てるのに適しています。


ストレリチアの育て方!鳥のような花を咲かせる多年草

ストレリチアの育て方!鳥のような花を咲かせる多年草

ストレリチアの育て方を紹介します。ストレリチアは色鮮やかな花が魅力的な多年草です。その姿はどこか鳥のようにも見えます。ストレリチア属は南アフリカに5種ほど存在し、ニコライ(オーガスタ)やレギナエといった品種が有名です。日当たりのいい場所を好み、日照不足だと開花しないことがあります。寒さには比較的強いです。


シュガーバインの育て方!インテリアに最適なツル性の観葉植物

シュガーバインの育て方!インテリアに最適なツル性の観葉植物

シュガーバインの育て方を紹介します。シュガーバインはシュガー(砂糖)とバイン(ツル)からその名が付いていますが、葉の裏に甘い白い樹液を付けるツル性の性質が名前の由来です。5枚葉が垂れ下がる姿は鑑賞度が高くインテリアに最適な観葉植物です。明るい日陰が最適で耐寒性が強いので、室内で育てるのに最適です。


クッションモスの育て方!可愛すぎるモフモフの観葉植物

クッションモスの育て方!可愛すぎるモフモフの観葉植物

クッションモスの育て方を紹介します。クッションモスは別名セラギネラと呼ばれるコケの仲間です。モフモフした可愛らしい見た目が特徴です。色もモスグリーンが非常に綺麗でインテリアに映えます。コケの仲間なので耐陰性は強く、日陰でも育ちます。ただ、日光がなさすぎると育ちが悪くなるので、明るい日陰に置くのが理想です。


エバーフレッシュの育て方!爽やかでスタイリッシュな観葉植物

エバーフレッシュの育て方!爽やかでスタイリッシュな観葉植物

エバーフレッシュの育て方を紹介します。エバーフレッシュは左右に細かい葉が集まり爽やかでスタイリッシュな観葉植物です。中南米原産の植物で、昼に葉を広げ夜になると閉じるという面白い性質を持っています。耐陰性はありますが、日当たりのいい場所に置くのが適しています。室内でも比較的育てやすいです。


ウツボカズラの育て方!捕虫袋を持った食虫植物

ウツボカズラの育て方!捕虫袋を持った食虫植物

ウツボカズラの育て方を紹介します。ウツボカズラは特徴的な捕虫袋を持った食虫植物です。熱帯地域を中心に生息しています。いかにもジャングルにいそうな植物ですよね。日当たりのいい場所が適していますが、夏は葉焼けを起こすので移動が必要です。寒さに非常に弱く20°以上の環境で育てるのが理想です。


コウモリラン(ビカクシダ)の育て方!個性的な葉で隠れた人気の観葉植物

コウモリラン(ビカクシダ)の育て方!個性的な葉で隠れた人気の観葉植物

コウモリランの育て方を紹介します。コウモリランは別名ビカクシダとも呼ばれる観葉植物です。ビカクシダは感じで「麋角羊歯」と書き、葉が鹿の角に似ていることから名付けられました。この鹿の角の葉は胞子葉と呼ばれます。実はもう一つ違う葉がついており、こちらは外套葉と呼ばれています。


ウンカリーナ(シャンプーの木)の育て方!マダカスカルではシャンプーの原料に

ウンカリーナ(シャンプーの木)の育て方!マダカスカルではシャンプーの原料に

ウンカリーナの育て方を紹介します。ウンカリーナはマダガスカル原産の低木で現地ではシャンプーの原料として使われています。このことから別名シャンプーの木と呼ばれる植物です。熱帯の植物のため日当たりのいい場所を好みますが、真夏は明るい日陰で育てるのが最適です。寒さには弱く10°以上の環境が最適です。


コチレドンの育て方!熊の手のような可愛らしい多肉植物

コチレドンの育て方!熊の手のような可愛らしい多肉植物

コチレドンの育て方を紹介します。コチレドンは熊の手のような葉が可愛らしい多肉植物です。別名クマドウジとも呼ばれています。夏と冬は休眠期になるので、置き場所や水やりを変える必要があります。生育期は日当たりのいい場所に、休眠期は明るい日陰が理想です。乾燥気味に育てるのがポイントです。


モンステラの育て方!葉の切り込みが芸術的な観葉植物

モンステラの育て方!葉の切り込みが芸術的な観葉植物

モンステラの育て方を紹介します。モンステラは熱帯地方が原産の観葉植物で、葉に大きな切り込みが入っていることが特徴です。なかなか他にはない特徴的な葉から人気が高いです。見た目から直射日光を好みそうですが、明るい日陰で育てるのが最適です。寒さには比較的強く、5°以上の環境であれば育ってくれます。