記事総数:489  総PV数:415688

公開済みの記事


オステオスペルマムの育て方!花色豊富な可愛い花

オステオスペルマムの育て方!花色豊富な可愛い花

オステオスペルマムの育て方を紹介します。オステオスペルマムは南アフリカ原産の多年草です。流通しているのはバーベリエなどを交配された園芸品種になります。白、紫、ピンク、オレンジ、黄色など花色豊富で、花の形はマーガレットに似ています。春から初夏にかけて開花を楽しめます。


オカワカメの育て方!雲南百薬と呼ばれる栄養価の高い植物

オカワカメの育て方!雲南百薬と呼ばれる栄養価の高い植物

オカワカメの育て方を紹介します。オカワカメは熱帯アメリカやアジア原産の多年草です。別名雲南百薬と呼ばれ、カルシウム、マグネシウム、ビタミンなどが豊富に含まれています。一般的に沖縄野菜として知られています。軽く湯通ししてサラダなどで楽しむことが多いです。家庭で簡単に育てられます。


オカトラノオの育て方!尻尾のような形の白い花

オカトラノオの育て方!尻尾のような形の白い花

オカトラノオの育て方を紹介します。オカトラノオは日本や東アジア原産の多年草です。漢字で書くと「丘虎の尾」になりますが、これは虎の尻尾のように見えることが理由です。たしかに花穂が曲がって独特の形になっていることがわかります。開花期は7月~8月で、たくさんの小花を咲かせてくれます。


オーブリエタの育て方!可愛い花が一面に咲く

オーブリエタの育て方!可愛い花が一面に咲く

オーブリエタの育て方を紹介します。オーブリエタは地中海沿岸原産の多年草です。10種類ほど存在します。草丈は10cm程度ですが、横に這うように成長します。そして可愛らしい花を一面に咲かせるのが特徴です。開花期は4月~5月です。花色は紫、ピンク、赤などです。ロックガーデンや花壇の縁に適しています。


エレモフィラの育て方!銀色と青のコントラストが美しい

エレモフィラの育て方!銀色と青のコントラストが美しい

エレモフィラの育て方を紹介します。エレモフィラはオーストラリア原産の多年草です。200種類ほど存在します。ニベアという品種が最も栽培されています。葉と茎には細かい毛が密集し銀色に見えます。花は青や紫っぽい色で葉と花のコントラストがきれいです。開花期は5月~6月です。


エリシマムの育て方!可愛らしい花と甘い香り

エリシマムの育て方!可愛らしい花と甘い香り

エリシマムの育て方を紹介します。エリシマムはヨーロッパ原産の一年草です。本来は多年草ですが、日本では夏越しが難しく一年草として扱われています。80種類ほど存在し、ニオイアラセイトウなどが有名です。4枚の花弁を大きく開き、甘い香りがあります。花色はオレンジ、赤、黄色などです。


エボルブルスの育て方!可愛らしい青色の花

エボルブルスの育て方!可愛らしい青色の花

エボルブルスの育て方を紹介します。エボルブルスはアメリカ原産の一年草です。本来は多年草ですが、日本では一年草として扱われています。別名アメリカンブルーと呼ばれる可愛らしい青色の花が特徴です。初夏から秋までと開花期が長く楽しめます。こんもりと横に広がるので、見栄えのいい植物です。


エゴポディウムの育て方!グラウンドカバーにもできる斑入りのきれいな葉

エゴポディウムの育て方!グラウンドカバーにもできる斑入りのきれいな葉

エゴポディウムの育て方を紹介します。エゴポディウムはヨーロッパ原産の多年草です。5種類ほど存在します。園芸的に利用されるのはポダグラリアという品種で斑入りなのが特徴です。地下茎を伸ばしてどんどん広がっていき、地面が見えないほど葉を密集させるので、グラウンドカバーに使うこともできます。


エキザカムの育て方!青と黄色のコントラストが美しい

エキザカムの育て方!青と黄色のコントラストが美しい

エキザカムの育て方を紹介します。エキザカムはソコトラ島というインド洋に浮かぶ島が原産です。20種類ほど存在します。草丈30cmほどのコンパクトな植物で、青色の可愛らしい花を咲かせます。花の中心部は黄色になっていて青と黄色のコントラストが美しいです。本来は多年草ですが、寒さに弱く一年草扱いされることが多いです。


エキウムの育て方!花色が変化する植物

エキウムの育て方!花色が変化する植物

エキウムの育て方を紹介します。エキウムは地中海沿岸原産の一年草です。本来は多年草ですが、日本では夏越しが難しいので一年草として扱います。主に栽培されるのはプランタギネウムという品種です。2m~3mまで成長します。春から初夏まで開花しますが、ピンク色からブルー系の色に徐々に変化していきます。


アマドコロの育て方!きれいに並ぶ葉と下向きに咲く花

アマドコロの育て方!きれいに並ぶ葉と下向きに咲く花

アマドコロの育て方を紹介します。アマドコロは日本や朝鮮半島原産の多年草です。30種類ほど存在します。大きな笹のような葉が左右にきれいに付き、可憐な花を下向きに咲かせます。花色は白で、開花期は春です。ナルコユリと非常に姿が似ていますが、アマドコロよりも葉が細長くなっています。


アナガリスの育て方!青色の花が美しい

アナガリスの育て方!青色の花が美しい

アナガリスの育て方を紹介します。アナガリスは世界中の温帯や亜熱帯地域に自生する多年草です。20種類ほど存在します。日本に自生している種もあります。主に栽培されるのはモネリーという品種で青色の花が美しいです。他にはテネラなどがメジャーです。主に春と秋に開花が楽しめます。


アッツザクラの育て方!鉢植えで楽しみたい可愛い花

アッツザクラの育て方!鉢植えで楽しみたい可愛い花

アッツザクラの育て方を紹介します。アッツザクラは南アフリカ原産の球根植物です。春植えの球根で、春に開花し秋まで生育し冬は休眠します。葉は軟毛に覆われ少し銀がかった姿をしていて、赤やピンクの可愛らしい花を咲かせます。鉢植えで育てることが多いですが、グランドカバー的にも使えます。


アスクレピアスの育て方!特徴的な形のビビットな花

アスクレピアスの育て方!特徴的な形のビビットな花

アスクレピアスの育て方を紹介します。アスクレピアスはアメリカやアフリカ原産の多年草です。100種類ほど存在します。ツベロサとクラサヴィカという品種がよく育てられていて、ツベロサは耐寒性がありクラサヴィカは耐寒性がないのが特徴です。クラサヴィカは一年草として扱われます。特徴的な形のビビットな花が魅力的です。


アサリナの育て方!釣鐘状の花が魅力のつる性植物

アサリナの育て方!釣鐘状の花が魅力のつる性植物

アサリナの育て方を紹介します。アサリナはアメリカやヨーロッパ原産の多年草です。一年草扱いになることもありますが、冬越しはさほど難しくありません。つる性の植物で、つるは最大5mくらいになります。フェンスなどに絡ませたり行灯仕立てにして管理します。花色豊富な釣鐘状の花を咲かせます。


アグロステンマの育て方!畑に咲く一年草

アグロステンマの育て方!畑に咲く一年草

アグロステンマの育て方を紹介します。アグロステンマは地中海沿岸原産の一年草です。原産地では畑の雑草的な扱いになりますが、他の地域では園芸的に利用されています。秋に植え付け、初夏に開花し、その後枯れてしまう一年草です。花はピンク色で中心部分が白くなっています。


アキレア(ノコギリソウ)の育て方!切れ込みの入った葉と可愛い花

アキレア(ノコギリソウ)の育て方!切れ込みの入った葉と可愛い花

アキレアの育て方を紹介します。アキレアは北半球の温帯地域に広く自生しています。100種類ほど存在します。いろいろな種がありますが、セイヨウノコギリソウという品種が最も栽培されています。葉には切れ込みが入り、ノコギリのような形をしていて、花は小さな花がまとまって咲きます。花色豊富で可愛らしいです。


アキノキリンソウの育て方!たくさんの黄色い小花

アキノキリンソウの育て方!たくさんの黄色い小花

アキノキリンソウの育て方を紹介します。アキノキリンソウは世界中に広く自生しています。日本にも自生していて九州でも北海道でも育てられます。黄色い小花をまとまってたくさん咲かせるのが特徴です。一つひとつは小さいですが、遠くから見ると一つの大きな花のようにも見えます。開花期は夏から秋にかけてです。


ラッセリアの育て方!筒状の花をたくさん咲かせる

ラッセリアの育て方!筒状の花をたくさん咲かせる

ラッセリアの育て方を紹介します。ラッセリアはメキシコ原産の低木です。筒状の花が特徴で、赤やピンクの花を長期間楽しめます。気温があれば1年中楽しめますが、日本では初夏から秋までです。また、葉が退化して茎だけに見えるのも特徴の一つです。葉はありますが見た目にはほとんどわかりません。


マンデビラ(デプラデニア)の育て方!大きなラッパ型の花

マンデビラ(デプラデニア)の育て方!大きなラッパ型の花

マンデビラの育て方を紹介します。マンデビラは中南米原産のつる性植物です。100種類ほど存在しています。以前は旧属名のデプラデニアの名前で流通していました。種によっても異なりますが、直径10cm程度の大きな花をラッパ型に咲かせます。花色は白、ピンク、赤などです。5月~10月と長期間開花を楽しめます。