記事総数:492  総PV数:454802

公開済みの記事


ダールベルグデージーの育て方!黄色い小花が可愛い

ダールベルグデージーの育て方!黄色い小花が可愛い

ダールベルグデージーの育て方を紹介します。ダールベルグデージーは中米原産の一年草です。本来は多年草ですが、日本では一年草として扱うことが多いです。キク科らしい黄色い小花がたくさん咲き、環境が良ければ春から秋まで開花を楽しめます。草丈は30cm程度です。


セントポーリアの育て方!バラエティに富んだ室内に適した植物

セントポーリアの育て方!バラエティに富んだ室内に適した植物

セントポーリアの育て方を紹介します。セントポーリアはアフリカ原産の多年草です。20種類ほど存在しています。茎が伸びないロゼット型と茎が這うように伸びるトレイル型に大別されますが、園芸的に栽培されるのはロゼット型が多いです。豊富な花色や形があり、バラエティに富んでいます。あまり太陽に当てる必要がなく室内向きです。


シラサギカヤツリの育て方!繊細な花姿

シラサギカヤツリの育て方!繊細な花姿

シラサギカヤツリの育て方を紹介します。シラサギカヤツリはアメリカ原産の多年草です。湿地に育つ水生植物になります。細長い花茎を伸ばし花穂を立ち上げます。白い部分は花ではなく苞で、実際の花は小さくて目立ちません。全体的に繊細な印象の植物です。開花期は5月~10月までと長く、50cm程度に成長します。


シネラリア(サイネリア)の育て方!カラフルでこんもりした花姿

シネラリア(サイネリア)の育て方!カラフルでこんもりした花姿

シネラリアの育て方を紹介します。シネラリアはスペイン領カナリア諸島原産の一年草です。本来は多年草ですが、日本では夏越しが難しく一年草として扱われます。白、青、紫、ピンク、黄色などカラフルな花色があり、こんもりと半球状になるのが特徴です。1月~4月まで開花します。


ジニア(ヒャクニチソウ)の育て方!長期間開花を楽しめる夏の定番

ジニア(ヒャクニチソウ)の育て方!長期間開花を楽しめる夏の定番

ジニアの育て方を紹介します。ジニアはメキシコ原産の一年草です。15種類ほど存在します。夏の定番植物として人気があり、エレガンスという品種はヒャクニチソウの名前でも有名です。名前のとおり開花期間が長く、初夏から秋まで楽しめます。花色も充実していて可愛らしい花をたくさん咲かせてくれます。


シザンサスの育て方!華やかな花を一斉に咲かせる

シザンサスの育て方!華やかな花を一斉に咲かせる

シザンサスの育て方を紹介します。シザンサスは南米チリ原産の一年草です。10種類ほど存在します。秋まきの一年草で3月~5月に開花し花後は枯れていきます。白、ピンク、赤、紫、黄色など豊富な花色があり模様も華やかです。たくさんの花がまとまって咲くので存在感もあります。


サンビタリアの育て方!這うように広がるヒマワリに似た花

サンビタリアの育て方!這うように広がるヒマワリに似た花

サンビタリアの育て方を紹介します。サンビタリアは中南米原産の一年草です。10種類ほど存在します。春に植え付け、初夏から秋にかけて開花し、冬に枯れます。ヒマワリを小さくしたような花姿が特徴で、黄色い鮮やかな花を咲かせます。這うように広がるので、花壇にも向いている植物です。


ザルジアンスキアの育て方!夜に花開き、甘い香りを漂わせる

ザルジアンスキアの育て方!夜に花開き、甘い香りを漂わせる

ザルジアンスキアの育て方を紹介します。ザルジアンスキアは南アフリカ原産の一年草です。50種類ほど存在します。本来は多年草ですが、日本では夏越しが難しいので一年草として扱われます。夜に花を開く性質があり、日中は半開きの状態になっています。また、夜は甘い香りを漂わせますが、日中は芳香がありません。


コンボルブルスの育て方!アサガオのような花

コンボルブルスの育て方!アサガオのような花

コンボルブルスの育て方を紹介します。コンボルブルスは地中海沿岸原産の植物です。200種類ほど存在し、一年草と多年草のタイプがあります。一年草ではトリカラー、多年草ではサバティウスという品種が一般的です。小さなアサガオのような花姿で、花色は白、紫、ピンク、青などがあります。初夏から夏にかけて開花します。


ゴデチアの育て方!ヒラヒラとした花弁と豊富な花色

ゴデチアの育て方!ヒラヒラとした花弁と豊富な花色

ゴデチアの育て方を紹介します。ゴデチアはアメリカ原産の一年草です。20種類ほど存在します。秋に植え付け、春に開花し、その後枯れます。ヒラヒラとした薄い花弁が特徴で表面には光沢があります。花色が豊富で、白、ピンク、赤、紫、オレンジなどです。華やかな印象の強い植物で、お庭を彩ってくれます。


ケラトスティグマ(ルリマツリモドキ)の育て方!美しいブルーの花

ケラトスティグマ(ルリマツリモドキ)の育て方!美しいブルーの花

ケラトスティグマの育て方を紹介します。ケラトスティグマは中国原産の多年草です。8種類ほど存在します。一般的に栽培されるのはルリマツリモドキという品種です。美しい青色の花が特徴で、一つの花は短命ですが次々に花を咲かせ7月~10月まで長期間楽しめます。地面が見えないほどこんもりと茂ります。


ゲウムの育て方!花がきれいなダイコンソウの仲間

ゲウムの育て方!花がきれいなダイコンソウの仲間

ゲウムの育て方を紹介します。ゲウムはアジアやアメリカ原産の多年草です。日本にも自生していて100種類ほど存在します。ダイコンソウの仲間で赤やオレンジ、黄色など色鮮やかな花を咲かせます。開花期は5月~6月です。葉は大根に似た羽状の切れ込みが入ります。草丈は30~40cmくらいです。


クンシランの育て方!光沢のある葉と豪華な花

クンシランの育て方!光沢のある葉と豪華な花

クンシランの育て方を紹介します。クンシランは南アフリカ原産の多年草です。ランと名前が付きますがランの仲間ではないです。漢字で君子蘭と書きます。光沢のある細長い葉と豪華な花が特徴で、名前のとおり存在感のある植物です。花色はオレンジで、春に開花します。葉は1年中楽しめます。


クロウエア(サザンクロス)の育て方!星型の可愛い花

クロウエア(サザンクロス)の育て方!星型の可愛い花

クロウエアの育て方を紹介します。クロウエアはオーストラリア原産の低木です。3種類ほど存在します。サリグナやエクサラータ、2種を掛け合わせたポーリンダ・エクスタシーなどがあります。花弁が5枚きれいに開いた星型の可愛い花を咲かせます。気温があれば周年で開花しますが、日本では春から秋まで楽しめます。


クレオメの育て方!真夏に楽しめる存在感のある花

クレオメの育て方!真夏に楽しめる存在感のある花

クレオメの育て方を紹介します。クレオメは熱帯アメリカ原産の一年草です。春に植え付け、冬に枯れます。7月~9月の真夏に花を楽しむことができます。花姿がユニークで、雌しべと雄しべが長く飛び出しています。草丈は1mくらいになり存在感抜群です。蝶が風に舞うような姿からフウチョウソウとも呼ばれています。


キャットミント(ネペタ)の育て方!猫を引き寄せるとされる植物

キャットミント(ネペタ)の育て方!猫を引き寄せるとされる植物

キャットミントの育て方を紹介します。キャットミントは世界中の温帯に自生する多年草です。250種類ほど存在します。ミントと名前が付いていますが、ハーブとしてではなく観賞用として栽培されています。猫にもよりますが、茎や葉を切るとニオイが猫を引き寄せるとされています。青紫色の花を春に咲かせます。


カルセオラリアの育て方!巾着のようなユニークな形の植物

カルセオラリアの育て方!巾着のようなユニークな形の植物

カルセオラリアの育て方を紹介します。カルセオラリアは中南米原産の一年草です。400種類ほど存在します。別名でキンチャクソウと呼ばれていて、ユニークな形が特徴です。種によって大分形は違います。一般的に栽培されているのはヘルビオヒブリダやフルティコヒブリダという品種です。初春から初夏に開花します。


カリブラコアの育て方!ペチュニアに似たカラフルな花

カリブラコアの育て方!ペチュニアに似たカラフルな花

カリブラコアの育て方を紹介します。カリブラコアは南米原産の多年草です。20種類ほど存在します。ペチュニアに似たカラフルな花を咲かせます。花色豊富で、ペチュニアにはない黄色やオレンジなどもあります。形はペチュニアに比べると小ぶりです。多年草ですが、年々花は小さくなっていくので一年草として育ててもいいです。


カキツバタの育て方!古くから親しまれる水辺の定番植物

カキツバタの育て方!古くから親しまれる水辺の定番植物

カキツバタの育て方を紹介します。カキツバタは日本や東アジア原産の多年草です。万葉集に登場するほど、古くから日本で親しまれています。水辺の植物といえば、カキツバタを想像するほど定番です。常に水があるところでないと育ちません。花は青や紫色で、4月~5月の春に開花します。


オンファロデスの育て方!青や白の小花が可愛い

オンファロデスの育て方!青や白の小花が可愛い

オンファロデスの育て方を紹介します。オンファロデスはヨーロッパやアジア原産の植物です。主にカッパドキカとリニフォリアという種が栽培されていて、カッパドキカは多年草、リニフォリアは一年草になります。カッパドキカは青色の花をリニフォリアは白色の花を咲かせます。どちらも小花が可愛らしい印象です。