記事総数:90  総PV数:287919

公開済みの記事


フライングタイガーのノートを使って、自分に合った勉強方法を見つけよう♪

フライングタイガーのノートを使って、自分に合った勉強方法を見つけよう♪

フライングタイガーのアイテムというのは、見てるだけでも楽しくなりますよね。店舗に足を運んでしまうと、つい欲しくなってしまうような、デザイン&機能性を兼ね備えた商品がズラリと並んでいます。そんな中でも今回は、日々活躍してくれる「ノートグッズ」の数々をご紹介しますね。


フライングタイガーのシールを使って、オリジナリティあるスタイルを♪

フライングタイガーのシールを使って、オリジナリティあるスタイルを♪

フライングタイガーと聞くと、何をイメージしますか?キュートなデザインや、ユーモアがあるモノだったり、目を引く物が沢山ありますよね。そこで今回は子供から大人まで楽しめる、色鮮やかなシールアイテムを中心にご紹介します。


どれも目移りする可愛さ♪「フライングタイガー」でお好みの文房具をゲットしよう!

どれも目移りする可愛さ♪「フライングタイガー」でお好みの文房具をゲットしよう!

キュートな文房具って、大人になっても欲しくなりますよね。しかもフライングタイガーはお財布に優しく、手軽に購入できるのも魅力の一つです。そこで今回は、他にはない、ステーショナリーグッズの数々をご紹介します。


デザイン性豊かな「フライングタイガー」で、オススメグッズを探そう!

デザイン性豊かな「フライングタイガー」で、オススメグッズを探そう!

キュートでユニークなデザインが多い「フライングタイガー」には、普段見慣れないようなアイテムや、おしゃれなグッズが沢山あります。そこで今回はデザイン性&機能性を兼ね備えた、オススメグッズの数々をご紹介します!


色鮮やかなフライングタイガーの紙ナプキンで、コーディネートはバッチリ!

色鮮やかなフライングタイガーの紙ナプキンで、コーディネートはバッチリ!

フライングタイガーに行ったことはありますか?店内に入ると、ユニークなアイテムやキュートなデザインが多すぎて、ワクワク感が止まらなくなるかも。中でも「紙ナプキン」コーナーは、女性をとりこにする要素が満載です。種類も豊富で、さまざまなデザインスタイルが楽しめますよ♪


堆肥とは?微生物の分解により、土に還る。

堆肥とは?微生物の分解により、土に還る。

堆肥とは、落ち葉・動物の糞・生ゴミなどの有機物が、微生物によって分解されたものです。土に混ぜ合わせることで、土の中の微生物を増やし、痩せた土を蘇らせる効果があります。また、特殊肥料の分類に入りますが、栄養分のばらつきが大きく、効果は万能ではありません。そこで今回は、土壌改良材として使われている「堆肥」をご紹介します。


宿根カスミソウの育て方「春霞のように見える花姿」

宿根カスミソウの育て方「春霞のように見える花姿」

宿根カスミソウの育て方を紹介します。カスミソウ属は、地中海沿岸地域からアジアにかけて、約125種が分布しています。日本には1879年頃に渡来し、一年草と宿根草とがあり、お店でみかける切り花は宿根草タイプが多いです。宿根カスミソウは品種によって、臭いのきついものから微臭のものがあります。


ソリダゴの育て方「秋の道ばたに咲いていた、内弁慶」

ソリダゴの育て方「秋の道ばたに咲いていた、内弁慶」

ソリダゴの育て方を紹介します。ソリダゴ属は世界に100種くらいが存在し、日本でも生産性が高い品種として開花調整により、1年中安定して流通されています。ソリダゴはカナダアキノキリンソウを交配親とし、他種をかけ合わせてつくられた園芸品種の呼称で、観賞用が何種類かあります。虫を花粉の媒体にする植物なので花粉は殆ど飛びません。


エゾミソハギの育て方「血のように赤い、野に咲く精霊花」

エゾミソハギの育て方「血のように赤い、野に咲く精霊花」

エゾミソハギの育て方を紹介します。日本原産で「エゾ」の名がついていますが、北海道から九州の湿地・田んぼの畦などの水辺で見られます。花の寿命は短いですが、開花時期になると、次々と咲き続けるので長い期間楽しめる植物です。世界では国際自然保護連合によって定められた「侵略的外来種ワースト100」に入っています。


アニスヒソップの育て方「ミツバチを呼ぶ養蜂植物」

アニスヒソップの育て方「ミツバチを呼ぶ養蜂植物」

アニスヒソップの育て方を紹介します。北アメリカから中央アメリカで自生し、別名、ジャイアントヒソップとも呼ばれています。古くからアメリカ先住民の人々は、葉や茎を煎じて風邪や咳止めの薬用植物として利用していました。また、花の蜜が多く良質なハチミツが採れることから、ヨーロッパでは蜜源植物として広く栽培されていた植物です。


腐葉土とは?独特の香りがする、自然界の一部。

腐葉土とは?独特の香りがする、自然界の一部。

腐葉土とは、落葉や小枝・茎などの植物由来の有機物で、腐熟させたものを指します。ある程度形が残っているものが多く、完全に発酵が終わっている状態ではありません。未完全なのは、水はけをよくするという意図もあり、発酵の状態が各社それぞれに違いがあります。今回は、土壌改良としてよく使われている中の1つ、腐葉土をご紹介します。


鹿沼土とは? 浮石の堆積層から掘り出した黄色風化物。

鹿沼土とは? 浮石の堆積層から掘り出した黄色風化物。

鹿沼土とは軽石質の火山砂礫が風化したもので、土と呼ばれていますが、実際は軽石の一種です。有機物をほとんど含まず、通気性・保水性がよく、性質は赤玉土と似ています。比較的鹿沼土のほうがしっかりしていて、長く使えますが酸性度が高いため、酸性に弱い植物には不向きな用土です。今回は基本用土の1つ「鹿沼土」をご紹介します。


日向土とは?地域限定、宮崎県から産出される軽石。

日向土とは?地域限定、宮崎県から産出される軽石。

日向土とは、植物を栽培するための土壌改良や基本用土として使われている土です。土と表記されていますが、多孔質でできた軽石の一種です。日向土は熱処理をして乾燥させたものをいい、ボラ土は乾燥せずにそのままのものとも言われています。今回は、基本用土として使われている「日向土」についてご紹介します。


川砂とは?入手困難になりつつある天然もの。

川砂とは?入手困難になりつつある天然もの。

川砂とは、花崗岩などが水にさらされて細かくなったものです。排水や通気性をよくするために使われることが多く、園芸用土には塩分や有機物は含まれていません。単体で使われることはほとんどなく、盆栽・サボテン・山野草などの、主用土に混ぜ合わせて利用されています。今回は、用土の配合材料として使われている川砂をご紹介します。


軽石とは?かかとの角質落としのアレです!

軽石とは?かかとの角質落としのアレです!

軽石とは、火山からマグマが噴出し多孔質となった石で、水はけを改善するためによく利用されています。穴が多い分軽量で、園芸用資材として通気性や排水性に優れているため、鉢植えに使われる土づくりには欠かせません。そこで今回は、園芸資材でもある軽石についてご紹介します。


ナチュラルなインテリア空間にピッタリ♪おしゃれな「観葉植物」をご紹介!

ナチュラルなインテリア空間にピッタリ♪おしゃれな「観葉植物」をご紹介!

観葉植物には、アルファ波を増やしてくれるリラックス効果や、空気清浄作用として、空間をきれいにしてくれる働きがあります。防臭やシックハウス予防、眼精疲労改善など、私たちの身体を日々サポートしてくれたりと、生活に欠かせない存在でもありますよね。今回はそんな「観葉植物」の魅力を、おしゃれなインテリアと合わせてご紹介します!


バーミキュライトとは?埃が立つような素材は、マスクと湿らせて扱うことが大切!!

バーミキュライトとは?埃が立つような素材は、マスクと湿らせて扱うことが大切!!

バーミキュライトとは、蛭石という雲母系を主成分とする鉱物を高温焼成(800~1,000℃)することで膨張させ、小粒状に砕いたものです。用土は非常に軽く、通気性・保水性・保肥性に優れた人工用土です。今回は土壌改良剤として、基本用土に混ぜて使うことの多いバーミキュライトをご紹介します。


パーライトとは?土の改善効果をもたらす、極めて軽量な人工用土。

パーライトとは?土の改善効果をもたらす、極めて軽量な人工用土。

パーライトとは、パーライト原石や珪藻土等を熱処理してできた人工発泡体です。ガラス質の岩石中に含まれる水がガス化して発泡したもので、種類は真珠岩・黒曜石などがあります。パーライトは赤玉土との相性がよく、無菌なので挿し木・挿し芽の用土としても使用できます。今回は土壌改良材として使われている、パーライトをご紹介します。


ピートモスとは?貴重な存在の天然物質。

ピートモスとは?貴重な存在の天然物質。

ピートモスとは、湿地に水ゴケなどが積み重なって泥炭化したものです。日本では、北海道の石狩川流域やサロベツ湿原で存在していて、世界的には北ヨーロッパに広く分布しています。保水性・通気性ともに優れていて、湿らして土の表面に敷けば、保湿に効果的です。今回は園芸用土の1つ、ピートモスをご紹介します。


黒土とは、自然のままの強弱酸性土。

黒土とは、自然のままの強弱酸性土。

黒土とは、植物を栽培するためにベースとなる土です。通常、単体で使用されることは少なく、植物の性質に合うように有機質・土壌改良剤等を組み合わせて培養土を作ります。黒土は農作物に適したふかふかな土で、根菜類を変形せずに育てられる特徴を持っています。今回は、基本の土の1つである「黒土」についてご紹介します。