記事総数:186  総PV数:270559

公開済みの記事


ヒレザンショウの育て方!山椒よりももっと小粒でピリリと辛いです!

ヒレザンショウの育て方!山椒よりももっと小粒でピリリと辛いです!

ヒレザンショウの育て方を紹介します。ヒレザンショウは、沖縄の岩場などに自生する低木で、イワザンショウとも呼ばれます。小さな丸い葉が対になって付き、鳥の羽のような形になります。葉の軸の部分にヒレ状の部分があることから、ヒレザンショウと呼ばれています。


パパイヤの育て方!考え方を変えれば温室がなくても育てられる!?

パパイヤの育て方!考え方を変えれば温室がなくても育てられる!?

パパイヤの育て方を紹介します。パパイヤといえば、トロピカルフルーツの代表格です。当然熱帯地域の気候でなければ栽培は難しいです。ただ、成長が早く、種から育てても年内に結実することもあります。冬に枯れる一年草と考えれば、ご自宅で収穫まで楽しめますよ。


バナナの育て方!熱帯果実の代表選手!

バナナの育て方!熱帯果実の代表選手!

バナナの育て方を紹介します。バナナといえば、誰もが一度は食べたことがある果物です。そんなバナナがご自宅で育てられるとしたらどうでしょう?楽しそうじゃないですか?寒さに耐えられる品種もあるので、地域に合わせて品種を探してみましょう。


ヒョウタンの育て方!民芸品でおなじみ、グリーンカーテンとしても優秀♪

ヒョウタンの育て方!民芸品でおなじみ、グリーンカーテンとしても優秀♪

ヒョウタンの育て方を紹介します。ヒョウタンといえば、くびれた形で水筒のように加工され、世界中で利用されています。育て方はやや難易度が高いですが、ヘチマやゴーヤのようにグリーンカーテンとしても利用できますよ。


メラレウカの育て方!癒しの香りに包まれてみませんか?

メラレウカの育て方!癒しの香りに包まれてみませんか?

メラレウカの育て方を紹介します。メラレウカは、キャプテン・クックがお茶として飲んだことからティーツリーとも呼ばれています。現在はお茶ではなく、アロマの製油として利用されることが多いです。常緑なので、シンボルツリーにもピッタリですよ♪


エビスグサの育て方!ハブ茶の材料を育てよう!

エビスグサの育て方!ハブ茶の材料を育てよう!

エビスグサの育て方を紹介します。エビスグサという名前はあまりなじみがないと思いますが、ケツメイシやハブ茶という名前は聞いたことがありませんか?ハブ茶の材料になるのがエビスグサです。漢方では決明子(ケツメイシ)という名前で流通しています。ご自宅で栽培してハブ茶を作ってみませんか?


ナツメの育て方!一日三個食べれば老いない!?アンチエイジングの味方!

ナツメの育て方!一日三個食べれば老いない!?アンチエイジングの味方!

ナツメの育て方を紹介します。ナツメは中国などでよく食べられる果実で、ドライフルーツにして貸しの材料などになります。古来から、ナツメを一日三つ食べると年を取らないと言われるほど、美容に役立つ栄養素が豊富な果実です。上手に育てて若返ってみませんか?


オオイヌノフグリの育て方!足元の小さな花にも目を向けてみよう♪

オオイヌノフグリの育て方!足元の小さな花にも目を向けてみよう♪

オオイヌノフグリの育て方を紹介します。オオイヌノフグリは、1センチほどの小さな青い花を咲かせる植物で、まだほかの植物が動き出す前の2月頃から咲き始めます。注意しないと見逃してしまうほどの小さな花ですが、よく見るととてもかわいらしい花ですよ。


ウツボグサの育て方!紫色の花穂はどことなく気品があります♪

ウツボグサの育て方!紫色の花穂はどことなく気品があります♪

ウツボグサの育て方を紹介します。ウツボグサは郊外の畔などに自生する野草ですが、薬草として利用されたり、小盆栽のように仕立てて花を楽しんだりと、古くから親しまれてきた植物です。多年生でこぼれ種で増えますので、群生すると可愛らしいですよ。


コバンソウの育て方!小判の形の縁起物!金運アップするかも!?

コバンソウの育て方!小判の形の縁起物!金運アップするかも!?

コバンソウの育て方を紹介します。コバンソウは、その名の通り、小判に似た穂を付けるイネ科の植物です。縁起物として喜ばれ、生け花などに用いられることもあります。育て方は簡単なので、金運アップのお守り代わりに育ててみてはいかがですか?


ゲンノショウコの育て方!古くから薬効が注目、花もかわいらしい♪

ゲンノショウコの育て方!古くから薬効が注目、花もかわいらしい♪

ゲンノショウコの育て方を紹介します。ゲンノショウコといえば、古くから民間薬として利用され、その強い効果から、現の証拠(ゲンノショウコ)の名前が付いたとされています。薬効ばかりが注目されがちですが、花もかわいらしく、育てやすい山野草です。


タンポポの育て方!実は食べたり珈琲にしたりと用途豊富!

タンポポの育て方!実は食べたり珈琲にしたりと用途豊富!

タンポポの育て方を紹介します。春になると黄色い花を咲かせ、白綿毛を作るタンポポ。日本各地で見られるなじみの深い植物です。葉を食べたり根を珈琲にしたり、実は用途は豊富です。道端に生えているものは衛生的にどうも・・・という方は、ご自宅で育ててみませんか?


ストロベリートマトの育て方!食べられるホオズキ!?

ストロベリートマトの育て方!食べられるホオズキ!?

ストロベリートマトの育て方を紹介します。日本ではホオズキといえば観賞用ですが、フランスやイタリアではホオズキといえば食用です。もちろん観賞用のホオズキとは種類が違います。糖度が12~15と比較的甘いため、ストロベリートマトとも呼ばれ親しまれています。


クランベリーの育て方!真っ赤に熟した実はまるでルビーのよう♪

クランベリーの育て方!真っ赤に熟した実はまるでルビーのよう♪

クランベリーの育て方を紹介します。クランベリーはツル性の常緑植物で、寒さにはとても強いです。光沢のある丸い実は、熟すと真っ赤になります。日本では食用というより観賞用として育てられることが多いです。育て方はちょっと難易度高めですが、可愛らしい植物ですよ。


スプラウトの育て方!簡単に栽培できて、健康食品として注目!

スプラウトの育て方!簡単に栽培できて、健康食品として注目!

スプラウトの育て方を紹介します。スーパーの野菜コーナーで、かいわれやもやしと並んで、ブロッコリーやアルファルファなどもよく見かけます。スプラウトは酵素やビタミン類など、様々な栄養素が豊富に含まれており、健康食品として注目されています。ご自宅でも簡単に栽培できますので、ぜひトライしてみください。


ヤブランの育て方!日陰でひっそりと咲く紫色の可憐な花!

ヤブランの育て方!日陰でひっそりと咲く紫色の可憐な花!

ヤブランの育て方を紹介します。山間部や雑木林の薄暗い藪で群生する、細長い葉の植物を見たことはありませんか?紫色の小さな花が穂のように立ち上がって、ひっそりとたたずむ姿はどことなくはかなげで風情があります。耐陰性の強い植物なので、日当たりの悪いお庭でもよく育ちますよ。


ユキノシタの育て方!丈夫で育てやすく、増えたら食べられますよ♪

ユキノシタの育て方!丈夫で育てやすく、増えたら食べられますよ♪

ユキノシタの育て方を紹介します。雪の下でも枯れることなく青々としていることからこの名が付きました。冬でも枯れない生命力の強さから、漢方薬や食用として古くから親しまれてきました。場所を選んで植えれば、特に手入れをしなくても枯れることは少ないですよ。


マルベリーの育て方!ベランダで育てても実も葉も楽しめる!

マルベリーの育て方!ベランダで育てても実も葉も楽しめる!

マルベリーの育て方を紹介します。マルベリーはいわゆる桑です。養蚕で使われる桑は一之瀬という品種が多いですが、西洋桑はマルベリーとも呼ばれ、一般的には実を収穫するための品種です。本来は大きくなりますが、上手に剪定すればコンパクトにまとまってベランダでも毎年収穫できますよ。


ドクダミの育て方!雑草と言わずあえて育ててみる!

ドクダミの育て方!雑草と言わずあえて育ててみる!

ドクダミの育て方を紹介します。ドクダミといえば、神社やお寺の裏など、やや日の当たらない場所にもっさり茂り、葉からは独特の臭気を放っているイメージではありませんか?漢方では多くの薬効を持つことから、「十薬」とも呼ばれます。簡単に育てられるので、ドクダミ茶用に育ててみてはいかがですか?


ジンチョウゲの育て方!春を告げる甘い香り♪

ジンチョウゲの育て方!春を告げる甘い香り♪

ジンチョウゲの育て方を紹介します。秋に甘い香りを漂わせるのは金木犀ですが、春先に金木犀のような甘い香りを漂わせるのがジンチョウゲ(沈丁花)です。寒さに強い常緑性の低木で、東北南部以南では問題なく育てられます。春を告げる甘い香りの花を咲かせてみませんか?