再生可能エネルギーに関する記事

「再生可能エネルギー」に関するまとめ記事一覧です。再生可能エネルギーには太陽光発電、風力発電、地熱発電、バイオマス発電などの種類があります。ここでは、再生可能エネルギーに関する仕組みやメリット・デメリット、技術動向など幅広い話題を表示しています。

再生可能エネルギーに関連するキーワード

太陽光発電 風力発電 地熱発電 バイオマスエネルギー 自家発電
>>再生可能エネルギーに関連するキーワード一覧

「H&M」は全事業所の約78%を再生可能エネルギーで賄っている。製品にもエコな工夫が。

「H&M」は全事業所の約78%を再生可能エネルギーで賄っている。製品にもエコな工夫が。

ファストファッションブランドとして有名な「H&M」が発表したプレスリリースによると全世界の「H&M」で約78%もの電力を再生可能エネルギーで賄っていると発表しています。また、製品についてもオーガニックコットンを使用するなどエコやサステイナブルに対する意識が高いです。


電気代の内訳って知ってる?基本料と電気使用量だけじゃない!

電気代の内訳って知ってる?基本料と電気使用量だけじゃない!

電気代の内訳をご存知でしょうか。契約アンペアに応じた基本料金と使用量に応じた電気料金以外に実は燃料費調整額や再生可能エネルギー発電促進賦課金といった項目があります。電気使用量がほとんど変わっていないのに電気代に変動がある場合などはこれらの項目に変化があるケースが多いです。


明成商会の太陽光発電システム「ソラキューブ」で地球にも家計にも優しくなる

明成商会の太陽光発電システム「ソラキューブ」で地球にも家計にも優しくなる

明成商会は1934年に創業した老舗企業です。現在のコア事業は化学領域で、主要な産業界に各種化学製品を提供しています。太陽光発電システムも提供しており「ソラキューブ(SOLA CUBE)」という名称です。エキスパートによるサポート体制などが充実しており安心して任せられるサービスです。


NTTスマイルエナジーの「エコめがね」とは?太陽光発電のモニタリングにより異変を検知

NTTスマイルエナジーの「エコめがね」とは?太陽光発電のモニタリングにより異変を検知

太陽光発電システムで懸念されるのは、システムトラブルなどにより発電が低い状態が続くことです。そういったトラブルを早期に検知できるような体制づくりをサポートしてくれるのがNTTスマイルエナジーの「エコめがね」です。さらに「エコめがね」はポイントサービスなどもあります。


太陽光発電の導入量増加の背景とは。今後も増加する?

太陽光発電の導入量増加の背景とは。今後も増加する?

太陽光発電の導入は増えていると言われています。実際に資源エネルギー庁のHPを確認すると、太陽光発電の導入量は毎年着実に増加傾向にあります。背景にあるのは、導入コストが下がったことや非常用電源として注目されているなどの理由が考えられます。


太陽光発電アドバイザーという資格がある?相談は専門知識を持つ人が一番!

太陽光発電アドバイザーという資格がある?相談は専門知識を持つ人が一番!

太陽光発電システムの普及に伴いトラブルやそれに伴う相談の件数も一定数存在します。そういった状況下において専門知識を有し信頼できるアドバイザーが求められています。太陽光発電アドバイザーは特定非営利活動法人日本住宅性能協会による民間資格の1つで、太陽光発電について技術的、法的視点を交えて相談にのってくれます。


出力制御対応機器とは?「あり」だと電力の買取が拒否される!?

出力制御対応機器とは?「あり」だと電力の買取が拒否される!?

出力制御対応機器とは太陽光発電システムで発電した電力の出力をコントロールする仕組みのことです。太陽光発電の普及により接続量がオーバーしたことで2015年から設けられている機器と制度です。出力制御対応機器あり、なしというのがありますが、この出力制御対応機器が設置される背景などについて理解を深めておきましょう。


家庭用太陽光発電システムの設置費用は?歴史は意外と浅い?

家庭用太陽光発電システムの設置費用は?歴史は意外と浅い?

家庭用太陽光発電システムの普及率は6.6%と決して高くありませんが、年に1%ずつ程上昇しています。まだまだ開発されてから歴史が浅い太陽光発電ですが、今後注目の発電方法です。今回はそんな太陽光発電の設置費用や歴史について紹介します。


太陽光発電システムの年間発電量は事前にチェック!長野県がトップ?

太陽光発電システムの年間発電量は事前にチェック!長野県がトップ?

太陽光発電に大きく関わるのが年間発電量です。年間発電量は名前の通りで、多いほどメリットがあります。太陽光発電システムの年間発電量は沖縄県が多いイメージがありますが、長州産業のサイトによると長野県松本市が一番多いです。また、北海道帯広市もかなり多い部類に入ります。


Qセルズの太陽光発電システムは曇りの時こそ違いが出る!

Qセルズの太陽光発電システムは曇りの時こそ違いが出る!

Qセルズはもともとドイツの太陽光発電システムメーカーでしたが、2012年に一度倒産し、韓国のハンファグループが買収し、更生しています。Qセルズの魅力はなんといっても曇り時の発電能力です。環境意識の高いヨーロッパからも高い評価を受けております。


長州産業は太陽電池モジュールを自社製造している。高品質で保証も充実

長州産業は太陽電池モジュールを自社製造している。高品質で保証も充実

長州産業は太陽電池モジュールを自社製造している会社です。半導体製造などで培ったノウハウを活用しており、高い品質が評価されています。また、保証もモジュール出力25年と長期に渡っており、充実しています。


ジャパンソーラーの太陽光発電システムを紹介。太陽電池モジュールの生産はほぼ全自動

ジャパンソーラーの太陽光発電システムを紹介。太陽電池モジュールの生産はほぼ全自動

ジャパンソーラーの太陽光発電システムについて紹介していきます。ジャパンソーラーの運営元であるアンフィニは平成7年に設立した会社で、現在では電力事業も手掛けるようになっています。ジャパンソーラーはモジュールの生産を97%自動化しており、安定したクオリティを提供しています。


エネファームと太陽光発電を併用したダブル発電には注意が必要?

エネファームと太陽光発電を併用したダブル発電には注意が必要?

エネファームと太陽光発電を併用したいわゆる「ダブル発電」を検討されている方は注意が必要です。家庭レベルではかなりの二酸化炭素削減に繋がりますが、費用でみるとデメリットになる可能性もあります。実はダブル発電になることで、太陽光発電の売電価格が「-6円」されるのです。


GWソーラーの太陽光発電システムとは。軽量で効率的!

GWソーラーの太陽光発電システムとは。軽量で効率的!

2010年に設立したGWソーラーは新しい太陽光発電システムメーカーです。変換効率の高い太陽光パネルを採用しており、省スペースで効率的な発電を可能としています。24%の軽量化にも成功しており、古い家屋でも安心して設置することができます。


カナディアンソーラーの太陽光発電システムは保証体制が充実。世界中で実績

カナディアンソーラーの太陽光発電システムは保証体制が充実。世界中で実績

外資企業であるカナディアンソーラーは世界各国で太陽光発電システムが導入されています。耐久性、安全性に重きを置きサービスを展開しており、保証体制にも力を入れています。太陽電池モジュールの保証は25年と長期間に渡っております。


ソーラーフロンティアの太陽光発電システムは”実発電量”重視

ソーラーフロンティアの太陽光発電システムは”実発電量”重視

ソーラーフロンティアは昭和シェル石油の子会社で太陽光発電を提供する会社です。ソーラーフロンティアの太陽電池モジュールは他社が使用しているものと比べて変換効率は低いと言われていますが、これは実発電量を重視したためです。発電量が多いということはそれだけ売電量も増えます。設置や保証も充実していておすすめです。


リクシルの太陽光発電システムとは。HEMSや蓄電池などトータルに提供。

リクシルの太陽光発電システムとは。HEMSや蓄電池などトータルに提供。

リクシルは住宅設備機器業界最大手企業として有名です。太陽光発電システムについても取り扱いを行っております。周辺のHEMSや蓄電池についても取り扱っているので、トータルで任せることができる会社です。


サンテックの太陽光発電は屋根一体型と設置型の2種類から選べる!

サンテックの太陽光発電は屋根一体型と設置型の2種類から選べる!

サンテックは1967年に創業した老舗太陽光発電システムメーカーです。一般的な設置型の太陽光発電「サンクリスタル」に加えて屋根一体型の太陽光発電システム「ジャストルーフ」も持ち合わせています。サポート体制にも定評があるので要チェックです。


【電力自由化】再生可能エネルギーで選ぶなら、どんな会社があるの?

【電力自由化】再生可能エネルギーで選ぶなら、どんな会社があるの?

電力自由化によって再生可能エネルギーを主体とする会社を選べるようになりました。ただ、どの会社が再生可能エネルギーを中心に発電しているのか、よくわからない方も多いと思います。そんな方のために、再生可能エネルギー比率が高い電力会社を紹介します。


サニックスの太陽光発電システムは格安?1kwあたり約10万円も

サニックスの太陽光発電システムは格安?1kwあたり約10万円も

サニックスは福岡にある太陽光発電システムの製造・販売メーカーです。なんと1kwあたり26万円前後で販売しており、この金額は現在言われいてる1kwあたり35万円という平均コストよりも9万円安くなっています。