電力自由化

電力自由化に関する記事

「電力自由化」に関するまとめ記事一覧です。電力自由化は2016年4月からスタートします。独占されていた電気事業への参入規制を緩和することで、市場原理を働かせて消費者にメリットをもたらそうとする取り組みです。ここでは、電力自由化の概要、仕組み、メリット・デメリット、参入企業、価格など多様な話題を表示しています。

電力自由化に関連するキーワード

東京電力 東京ガス(電気) ENEOSでんき 大阪ガス HTBエナジー 東燃ゼネラル石油 関西電力 昭和シェル石油 中部電力 イーレックス
>>電力自由化に関連するキーワード一覧

電力自由化から半年。進まない切り替え、冬はどうなる?

電力自由化から半年。進まない切り替え、冬はどうなる?

2016年4月から始まった電力自由化。9月末でちょうど半年が経過しました。新しい電力会社への切り替え件数は188万件になりましたが、これは全世帯の約3%になります。自由化開始当初は盛り上がりを見せていましたが、徐々に切り替え件数が減ってきており、冬はどうなるかが注目されます。


電力自由化から5ヶ月。電力会社切り替えましたか?

電力自由化から5ヶ月。電力会社切り替えましたか?

2016年4月から始まった電力自由化は、8月末で5ヶ月を経過しました。皆さんは切り替えを行いましたか? 切り替え件数を公表している電力広域的運営推進機関によると、8月末までに167万件が切り替えを行ったと発表しました。結構な数字に見えますが、全世帯割合でいうと約2.7%となっています。


電力自由化から4ヶ月。夏本番だが、切り替え件数は鈍化

電力自由化から4ヶ月。夏本番だが、切り替え件数は鈍化

電力自由化から4ヶ月が経過しました。電力広域的運営推進機関は8月10日に7月末までの切り替え件数を公表しました。7月に入り暑さを増し、電気代を気にして切り替えが進むと予想されましたが、実際は4月以降で最も少ない件数になりました。


新電力は必ずしもオール電化プランがあるわけではないので注意!

新電力は必ずしもオール電化プランがあるわけではないので注意!

電力自由化が全面解禁され新電力に切り替える家庭も徐々に現れてきています。しかし、オール電化の場合、すべての新電力で専用のプランがあるわけではないので注意が必要です。また、これからオール電化に切り替える場合は家事の時間などをまとめられるかを検討しておくようにしましょう。


東京ガスの電気はマンションでも使える。ただし、注意も必要。

東京ガスの電気はマンションでも使える。ただし、注意も必要。

東京ガスの電気をはじめマンションにお住まいの方でも新電力に切り替えることは可能です。ただし、マンションで一括で契約されている場合などは管理されている人・組織と相談する必要があります。東京ガスの電気はマンションの共用部の電気代を安くしてくれる割引サービスもありますので、相談する際の参考にしてみてください。


東京ガスの電気を契約するとキャンペーンに参加可能?どんな内容なの?

東京ガスの電気を契約するとキャンペーンに参加可能?どんな内容なの?

電気自由化に伴い東京ガスでも電気の提供を開始しました。現在、短期のキャンペーンは終了していますが、2018年3月までの長期のキャンペーンなどは継続されています。東京ガスのガスと電気をセットで申し込むことでオトクなキャンペーンに加入することが可能です。


電力自由化から3ヶ月が経過。切り替え件数は約122万件

電力自由化から3ヶ月が経過。切り替え件数は約122万件

電力自由化から3ヶ月が経過しました。6月24日までの総切り替え件数は約122万件です。各月の切り替え件数は、4月が約31万件、5月が約22万件で減ったものの、6月は24日までで約18万件と5月よりも若干増えることが予想されます。3ヶ月の経過した現状と今後の展望を紹介します。


新電力における環境配慮を考える、各施策の概要と今後の展望

新電力における環境配慮を考える、各施策の概要と今後の展望

電力自由化に伴い様々な新電力が参入し、環境配慮を意識した経営を打ち出す企業も増えてきております。このコラムでは、新電力企業におけるグリーン電力供給など、環境配慮の方法と今後の展望について見ていきます。


東京電力、25社の小売電気事業者に対し誤った電気使用量データを送付

東京電力、25社の小売電気事業者に対し誤った電気使用量データを送付

6月24日、東京電力は25社の小売電気事業者に対し、誤った電気使用量データを送付したと発表しました。月間電気使用量では1646件に及ぶ規模となります。この問題により、小売電気事業者が電気料金を過大に請求している可能性が浮上しました。


電力市場の未来を描く、三菱総合研究所による卸電力取引の情報サービス「MPX」

電力市場の未来を描く、三菱総合研究所による卸電力取引の情報サービス「MPX」

2016年より電力小売の全面自由化が実施され、卸電力市場の活用・活性化がますます重要になっています。電力市場の未来を描く、三菱総合研究所による卸電力取引の情報サービス「MPX」について紹介します。


東北電力のオール電化対応プランは全部で7つ!?検討は慎重に!

東北電力のオール電化対応プランは全部で7つ!?検討は慎重に!

東北電力のオール電化対応プランは今まで4つでしたが、この春から7つに増えています。ここでは7つプランのポイントを紹介していきます。東北電力のオール電化対応プランは充実している分慎重に検討するようにしましょう。


沖縄電力のオール電化対応プランは2つ。8月から値上げされるので要チェック!

沖縄電力のオール電化対応プランは2つ。8月から値上げされるので要チェック!

沖縄エリアは新電力会社が参入していないので、沖縄電力以外に選択肢はありません。沖縄電力はオール電化タイププランとして「Eeらいふ」と「時間帯別電灯」を提供しています。これらプランだけではありませんが、石油石炭税が増加する影響で、0.04円電力量料金が増加しますので、よく確認するようにしましょう。


ヤマダ電機の電力事業「ヤマダのでんき」。料金プランや提供エリアは?

ヤマダ電機の電力事業「ヤマダのでんき」。料金プランや提供エリアは?

家電量販店最大手のヤマダ電機が電力小売り事業に参入しました。その名も「ヤマダのでんき」。6月1日よりサービス提供を始めています。料金プランは値下げで勝負はせずにポイント還元を打ち出しています。提供エリアは、沖縄や離島を除く全国となってます。


ナンワエナジーのオール電化向けプラン「スタンダードオール電化」は夜間が10円以下

ナンワエナジーのオール電化向けプラン「スタンダードオール電化」は夜間が10円以下

九州電力エリアでオール電化向けプランを発表している一社は新電力の「ナンワエナジー」です。ナンワエナジーはオール電化向けプランとして「スタンダードオール電化」を発表しています。これは夜間の時間で料金が10円を切るとても安いプランとなっています。


九州電力の新オール電化プラン「電化でナイト・セレクト」とは。3種類から選択可能で安い?

九州電力の新オール電化プラン「電化でナイト・セレクト」とは。3種類から選択可能で安い?

九州電力は電力自由化と同じタイミングで今までのオール電化対応プランを停止し、新たに「電化でナイト・セレクト」を発表しました。オール電化対応プランということで夜時間と昼時間に分かれていますが、昼時間の料金がかなり安く抑えられています。


四国電力のオール電化プランを紹介。平日夜派?それとも休日派?

四国電力のオール電化プランを紹介。平日夜派?それとも休日派?

四国電力はオール電化向けに今までのプランを停止(新規募集を停止)して新たなプランを発表しました。以前は3つのスマートeプランがありましたが、2つのスマートeプランになりました。平日夜に家事をまとめるタイプか休日にのんびりとするタイプかどちらを選びますか?


中国電力のオール電化向けプラン。家事の時間をずらして節約を

中国電力のオール電化向けプラン。家事の時間をずらして節約を

中国電力のオール電化向けプランは現在「ナイトホリデーコース」と「電化styleコース」の2つになっています。電力自由化によって4つあったプランがなくなり、この2つになりました。これらは夜間12時間の電力料金が安くなることに加えて、土日祝が終日安く電気を利用することが可能です。


中部電力がオール電化向けプランを刷新。ナイトタイムが選べるようになり、さらに便利に。

中部電力がオール電化向けプランを刷新。ナイトタイムが選べるようになり、さらに便利に。

中部電力はオール電化向けのプランを刷新し、スマートライフプランというサービスを発表しました。従来のプランは2016年10月1日より申し込めなくなります。どちらか選択できるのは今だけですので、検討するならお早めにするのがおすすめです。


北陸電力はオール電化対応プランを刷新。検討するなら今

北陸電力はオール電化対応プランを刷新。検討するなら今

北陸電力はオール電化対応プランを刷新し「くつろぎナイト12」を発表しました。現在のタイミングであれば、従来の「エルフナイト」を選択することも可能です。くつろぎナイト12は夜間扱いの時間帯が増えて、よりライフスタイルにあったプランになっています。


北海道電力のオール電化プランをおさらい。節約上手はメリット大きい。

北海道電力のオール電化プランをおさらい。節約上手はメリット大きい。

北海道電力(ほくでん)のオール電化向けプランを紹介します。ドリーム8とeタイム3というオール電化向けのプランがあり、ライフスタイルに合わせ選択できます。オール電化向けプランは時間帯に応じて料金が変動するため、電気料金の安い時間に電力消費量の大きい家事を終わらせることで節約することができます。