緑化に関する記事

ガーデニング、家庭菜園、観葉植物、キッチン菜園など家庭の中できる緑化の方法や効果から、屋上緑化、壁面緑化などビル緑化の取り組みまでバラエティに富んだ記事をたくさん紹介しています。また、緑化が進んだ観光スポットの紹介もしています。


ヒレザンショウの育て方!山椒よりももっと小粒でピリリと辛いです!

ヒレザンショウの育て方!山椒よりももっと小粒でピリリと辛いです!

ヒレザンショウの育て方を紹介します。ヒレザンショウは、沖縄の岩場などに自生する低木で、イワザンショウとも呼ばれます。小さな丸い葉が対になって付き、鳥の羽のような形になります。葉の軸の部分にヒレ状の部分があることから、ヒレザンショウと呼ばれています。


クンシランの育て方!光沢のある葉と豪華な花

クンシランの育て方!光沢のある葉と豪華な花

クンシランの育て方を紹介します。クンシランは南アフリカ原産の多年草です。ランと名前が付きますがランの仲間ではないです。漢字で君子蘭と書きます。光沢のある細長い葉と豪華な花が特徴で、名前のとおり存在感のある植物です。花色はオレンジで、春に開花します。葉は1年中楽しめます。


クロウエア(サザンクロス)の育て方!星型の可愛い花

クロウエア(サザンクロス)の育て方!星型の可愛い花

クロウエアの育て方を紹介します。クロウエアはオーストラリア原産の低木です。3種類ほど存在します。サリグナやエクサラータ、2種を掛け合わせたポーリンダ・エクスタシーなどがあります。花弁が5枚きれいに開いた星型の可愛い花を咲かせます。気温があれば周年で開花しますが、日本では春から秋まで楽しめます。


クレオメの育て方!真夏に楽しめる存在感のある花

クレオメの育て方!真夏に楽しめる存在感のある花

クレオメの育て方を紹介します。クレオメは熱帯アメリカ原産の一年草です。春に植え付け、冬に枯れます。7月~9月の真夏に花を楽しむことができます。花姿がユニークで、雌しべと雄しべが長く飛び出しています。草丈は1mくらいになり存在感抜群です。蝶が風に舞うような姿からフウチョウソウとも呼ばれています。


キャットミント(ネペタ)の育て方!猫を引き寄せるとされる植物

キャットミント(ネペタ)の育て方!猫を引き寄せるとされる植物

キャットミントの育て方を紹介します。キャットミントは世界中の温帯に自生する多年草です。250種類ほど存在します。ミントと名前が付いていますが、ハーブとしてではなく観賞用として栽培されています。猫にもよりますが、茎や葉を切るとニオイが猫を引き寄せるとされています。青紫色の花を春に咲かせます。


パパイヤの育て方!考え方を変えれば温室がなくても育てられる!?

パパイヤの育て方!考え方を変えれば温室がなくても育てられる!?

パパイヤの育て方を紹介します。パパイヤといえば、トロピカルフルーツの代表格です。当然熱帯地域の気候でなければ栽培は難しいです。ただ、成長が早く、種から育てても年内に結実することもあります。冬に枯れる一年草と考えれば、ご自宅で収穫まで楽しめますよ。


バナナの育て方!熱帯果実の代表選手!

バナナの育て方!熱帯果実の代表選手!

バナナの育て方を紹介します。バナナといえば、誰もが一度は食べたことがある果物です。そんなバナナがご自宅で育てられるとしたらどうでしょう?楽しそうじゃないですか?寒さに耐えられる品種もあるので、地域に合わせて品種を探してみましょう。


ヒョウタンの育て方!民芸品でおなじみ、グリーンカーテンとしても優秀♪

ヒョウタンの育て方!民芸品でおなじみ、グリーンカーテンとしても優秀♪

ヒョウタンの育て方を紹介します。ヒョウタンといえば、くびれた形で水筒のように加工され、世界中で利用されています。育て方はやや難易度が高いですが、ヘチマやゴーヤのようにグリーンカーテンとしても利用できますよ。


メラレウカの育て方!癒しの香りに包まれてみませんか?

メラレウカの育て方!癒しの香りに包まれてみませんか?

メラレウカの育て方を紹介します。メラレウカは、キャプテン・クックがお茶として飲んだことからティーツリーとも呼ばれています。現在はお茶ではなく、アロマの製油として利用されることが多いです。常緑なので、シンボルツリーにもピッタリですよ♪


エビスグサの育て方!ハブ茶の材料を育てよう!

エビスグサの育て方!ハブ茶の材料を育てよう!

エビスグサの育て方を紹介します。エビスグサという名前はあまりなじみがないと思いますが、ケツメイシやハブ茶という名前は聞いたことがありませんか?ハブ茶の材料になるのがエビスグサです。漢方では決明子(ケツメイシ)という名前で流通しています。ご自宅で栽培してハブ茶を作ってみませんか?


ナツメの育て方!一日三個食べれば老いない!?アンチエイジングの味方!

ナツメの育て方!一日三個食べれば老いない!?アンチエイジングの味方!

ナツメの育て方を紹介します。ナツメは中国などでよく食べられる果実で、ドライフルーツにして貸しの材料などになります。古来から、ナツメを一日三つ食べると年を取らないと言われるほど、美容に役立つ栄養素が豊富な果実です。上手に育てて若返ってみませんか?


オオイヌノフグリの育て方!足元の小さな花にも目を向けてみよう♪

オオイヌノフグリの育て方!足元の小さな花にも目を向けてみよう♪

オオイヌノフグリの育て方を紹介します。オオイヌノフグリは、1センチほどの小さな青い花を咲かせる植物で、まだほかの植物が動き出す前の2月頃から咲き始めます。注意しないと見逃してしまうほどの小さな花ですが、よく見るととてもかわいらしい花ですよ。


カルセオラリアの育て方!巾着のようなユニークな形の植物

カルセオラリアの育て方!巾着のようなユニークな形の植物

カルセオラリアの育て方を紹介します。カルセオラリアは中南米原産の一年草です。400種類ほど存在します。別名でキンチャクソウと呼ばれていて、ユニークな形が特徴です。種によって大分形は違います。一般的に栽培されているのはヘルビオヒブリダやフルティコヒブリダという品種です。初春から初夏に開花します。


カリブラコアの育て方!ペチュニアに似たカラフルな花

カリブラコアの育て方!ペチュニアに似たカラフルな花

カリブラコアの育て方を紹介します。カリブラコアは南米原産の多年草です。20種類ほど存在します。ペチュニアに似たカラフルな花を咲かせます。花色豊富で、ペチュニアにはない黄色やオレンジなどもあります。形はペチュニアに比べると小ぶりです。多年草ですが、年々花は小さくなっていくので一年草として育ててもいいです。


カキツバタの育て方!古くから親しまれる水辺の定番植物

カキツバタの育て方!古くから親しまれる水辺の定番植物

カキツバタの育て方を紹介します。カキツバタは日本や東アジア原産の多年草です。万葉集に登場するほど、古くから日本で親しまれています。水辺の植物といえば、カキツバタを想像するほど定番です。常に水があるところでないと育ちません。花は青や紫色で、4月~5月の春に開花します。


ウツボグサの育て方!紫色の花穂はどことなく気品があります♪

ウツボグサの育て方!紫色の花穂はどことなく気品があります♪

ウツボグサの育て方を紹介します。ウツボグサは郊外の畔などに自生する野草ですが、薬草として利用されたり、小盆栽のように仕立てて花を楽しんだりと、古くから親しまれてきた植物です。多年生でこぼれ種で増えますので、群生すると可愛らしいですよ。


コバンソウの育て方!小判の形の縁起物!金運アップするかも!?

コバンソウの育て方!小判の形の縁起物!金運アップするかも!?

コバンソウの育て方を紹介します。コバンソウは、その名の通り、小判に似た穂を付けるイネ科の植物です。縁起物として喜ばれ、生け花などに用いられることもあります。育て方は簡単なので、金運アップのお守り代わりに育ててみてはいかがですか?


ゲンノショウコの育て方!古くから薬効が注目、花もかわいらしい♪

ゲンノショウコの育て方!古くから薬効が注目、花もかわいらしい♪

ゲンノショウコの育て方を紹介します。ゲンノショウコといえば、古くから民間薬として利用され、その強い効果から、現の証拠(ゲンノショウコ)の名前が付いたとされています。薬効ばかりが注目されがちですが、花もかわいらしく、育てやすい山野草です。


タンポポの育て方!実は食べたり珈琲にしたりと用途豊富!

タンポポの育て方!実は食べたり珈琲にしたりと用途豊富!

タンポポの育て方を紹介します。春になると黄色い花を咲かせ、白綿毛を作るタンポポ。日本各地で見られるなじみの深い植物です。葉を食べたり根を珈琲にしたり、実は用途は豊富です。道端に生えているものは衛生的にどうも・・・という方は、ご自宅で育ててみませんか?


ストロベリートマトの育て方!食べられるホオズキ!?

ストロベリートマトの育て方!食べられるホオズキ!?

ストロベリートマトの育て方を紹介します。日本ではホオズキといえば観賞用ですが、フランスやイタリアではホオズキといえば食用です。もちろん観賞用のホオズキとは種類が違います。糖度が12~15と比較的甘いため、ストロベリートマトとも呼ばれ親しまれています。