マテバシイの育て方!どんぐりころころがお庭でも?

マテバシイの育て方!どんぐりころころがお庭でも?

マテバシイの育て方を紹介します。マテバシイと言われてもピンとこない方も多いと思いますが、公園などに植えられている、どんぐりのなる木です。もちろん地植えすればどんどん成長して、10mにもなりますが、鉢植えでも楽しめますのでご安心を。


アジサイの育て方!一度はちゃんと学んでおきたい!

アジサイの育て方!一度はちゃんと学んでおきたい!

アジサイの育て方を紹介します。アジサイといえば、日本中どこでもあるイメージで、山間部に自生しているものも多くみられます。それ故にちゃんとした育て方をご存知ない方も多いようです。一度しっかり学んでおきましょう。


イチジクの育て方!家庭で育てられる果樹

イチジクの育て方!家庭で育てられる果樹

イチジクの育て方を紹介します。イチジクは西アジアからアラビア半島原産の低木です。イチジクといえば誰もが知る果実ですね。そのまま食べることも多いですし、加工されることもあります。寒冷地でない限りは家庭でも育てられます。実に注目が集まりますが、大きな葉も見ごたえがあります。


アセビの育て方!花も美しい庭木

アセビの育て方!花も美しい庭木

アセビの育て方を紹介します。アセビは日本原産の低木で、庭木や鉢植えとして利用されています。樹高は1m~3mくらいです。光沢のある緑色の葉が美しいですが、花も魅力的です。小さな白い花を房状にたくさん咲かせます。開花期は2月~4月です。日当たりのいい場所を好みます。


アオキの育て方!葉に斑の入る定番の庭木

アオキの育て方!葉に斑の入る定番の庭木

アオキの育て方を紹介します。アオキは日本原産の低木で東北以南の地域に幅広く自生しています。庭木の定番として人気が高いです。樹高は1m~3m程度でそこまで大きくならず育てやすいです。葉は光沢があり斑の入る品種が多く観賞価値が高くなっています。明るい日陰を好みます。


アベリアの育て方!美しい花の園芸種

アベリアの育て方!美しい花の園芸種

アベリアの育て方を紹介します。アベリアはイタリアで誕生した園芸種で、日本でも公園などで見かけることが多いです。小さな花を密集して咲かせ、5月~10月までの長期間開花します。葉も美しく全体的に観賞価値が高いです。草丈は最大でも2mほどでコンパクトです。日当たりのいい場所を好みます。


コニファーの育て方!お庭に欠かせない針葉樹

コニファーの育て方!お庭に欠かせない針葉樹

コニファーの育て方を紹介します。コニファーはアメリカ原産の植物で、広い意味で針葉樹全体の総称です。ただ、園芸的にはヨーロッパ産の地植え・鉢植えできる品種をさします。最も有名なのがクリスマスツリーの定番であるゴールドクレストです。日当たりのいい場所を好みます。


ヤツデの育て方!日本原産の縁起のいい植物

ヤツデの育て方!日本原産の縁起のいい植物

ヤツデの育て方を紹介します。ヤツデは日本原産の低木で福島県以南に幅広く自生しています。ヤツデという名前は葉が裂けている様子から付いていますが、実際は7つか9つに裂けています。千客万来の縁起いい植物として知られていて、玄関に飾ることが多いです。日陰でよく育ちます。


ユーカリの育て方!コアラが食すことでお馴染みの植物

ユーカリの育て方!コアラが食すことでお馴染みの植物

ユーカリの育て方を紹介します。ユーカリはオーストラリア原産の植物で500種類ほど存在しています。コアラの餌として有名ですが、芳香や抗菌作用などがありハーブとしても親しまれています。ユーカリは品種にもよりますが、非常に大きくなります。剪定して調整することが必要です。


ツルハナナスの育て方!可愛い星型の花を咲かせるつる性低木

ツルハナナスの育て方!可愛い星型の花を咲かせるつる性低木

ツルハナナスの育て方を紹介します。ツルハナナスはブラジルや南アフリカ原産のつる性低木です。鉢植えやラティスに絡ませたりして育てられます。可愛い星型の花を初夏~秋まで咲かせます。花色は白から薄い青へと徐々に変わっていきます。ツルハナナスは日当たりのいい場所を好みます。


ミヤマホタルカズラの育て方「ホタルのように静かに輝くスター」

ミヤマホタルカズラの育て方「ホタルのように静かに輝くスター」

ミヤマホタルカズラの育て方を紹介します。ミヤマホタルカズラは、ヨーロッパ南西部原産の常緑低木です。もともと日本には自生しておらず、ヨーロッパから入ってきました。高さは15㎝ぐらいで、地面を這うように伸びてゆきます。寒さには強く、-5度程度は大丈夫ですが、高温多湿に弱く、暖地での夏越しは難しいです。


ブッドレアの育て方!穂状の花が美しい低木

ブッドレアの育て方!穂状の花が美しい低木

ブッドレアの育て方を紹介します。ブッドレアは中国やアジア、アフリカ原産の低木で100種類ほど存在しています。ブッドレアというと中国原産の低木であるブッドレアを指すことが多いです。穂状に美しい花を咲かせます。開花期は6月~10月です。日当たりのいい場所を好みます。


鉢植えで楽しむ、オリーブの育て方。

鉢植えで楽しむ、オリーブの育て方。

オリーブは日光を好むので、年間を通して日当たり良好な環境が最適です。ただ育ちにくい寒冷地でも、鉢植えなら移動させることできるので、育てることが出来ますよ。葉は表が濃緑色、裏は銀白色を帯びているのが特徴で、果実はグリーンから赤→紫→黒へと変化をもたらします。


ポインセチアの育て方!真っ赤な花にするには短日処理が必要

ポインセチアの育て方!真っ赤な花にするには短日処理が必要

ポインセチアの育て方を紹介します。ポインセチアは真っ赤な花が特徴の低木です。冬の定番植物で11月~1月に開花します。赤く花に見える部分は実は苞と呼ばれる部分で、花は苞の中から見える黄色い部分になります。日当たりのいい場所を好み、寒さには弱いです。秋には室内に取り込み、最低でも10°以上の環境で育てます。


ツルニチニチソウの育て方!あらゆる環境で頑張ります!

ツルニチニチソウの育て方!あらゆる環境で頑張ります!

ツルニチニチソウの育て方を紹介します。釣り鉢や寄せ植え、グランドカバーにと用途の広いツルニチニチソウ。一年中あるイメージですが、詳しい育て方をご存知ですか? 耐寒性や耐陰性が強く、あらゆる環境に適合してくれる育てやすい植物です。


ソテツの育て方!南国感漂う観葉植物

ソテツの育て方!南国感漂う観葉植物

ソテツの育て方を紹介します。ソテツはオーストラリアや九州南部が原産の植物で、庭木や観葉植物として人気があります。ヤシの木のような見た目で南国感が漂いインテリアに最適です。ソテツは日当たりのいい場所を好むので、1年を通して日当たりで管理します。耐寒性はあまりなく10°以上で育てるのが適しています。


デュランタの育て方!房状に花を咲かせる観葉植物

デュランタの育て方!房状に花を咲かせる観葉植物

デュランタの育て方を紹介します。デュランタはアメリカやブラジル原産の観葉植物です。花木として扱われることもあります。可愛らしい房状の花を咲かせ、色は綺麗な青紫色で非常に人気の高い植物です。開花期が5月~10月と長いのも魅力です。真夏以外は日当たりのいい場所が適しています。耐寒性は普通です。


原産地に注意!エリカの育て方

原産地に注意!エリカの育て方

ホームセンターや大きな園芸店に行くと、季節ごとに様々な形状の花を咲かせているエリカ。一年中あるイメージですが、これは原産地によって花期が違うためです。常緑樹で育てやすいので、お庭のシンボルツリーとしても人気があるエリカの育て方をご紹介します。


ガジュマルの育て方!芸術的な美しさの観葉植物

ガジュマルの育て方!芸術的な美しさの観葉植物

ガジュマルの育て方を紹介します。ガジュマルは、東南アジアを中心に生息する樹木で、本来は数十メートルの高さになりますが、観葉植物や盆栽用として最適化され人気があります。切り戻しをして形を整える必要がありますが、生命力が強いためどこからでも再び成長してくれます。


オリーブの育て方!鉢植えでも楽しめる♪

オリーブの育て方!鉢植えでも楽しめる♪

オリーブといえば、オリーブオイルや料理に添えられたオリーブの実を思い浮かべますが、観賞用としても楽しむことができます。寒さや乾燥に強く、手間もかからないオリーブは、インテリアの一つとして人気。今回は、このオリーブの木の育て方をご紹介します。