低木に関する記事


ヒレザンショウの育て方!山椒よりももっと小粒でピリリと辛いです!

ヒレザンショウの育て方!山椒よりももっと小粒でピリリと辛いです!

ヒレザンショウの育て方を紹介します。ヒレザンショウは、沖縄の岩場などに自生する低木で、イワザンショウとも呼ばれます。小さな丸い葉が対になって付き、鳥の羽のような形になります。葉の軸の部分にヒレ状の部分があることから、ヒレザンショウと呼ばれています。


クロウエア(サザンクロス)の育て方!星型の可愛い花

クロウエア(サザンクロス)の育て方!星型の可愛い花

クロウエアの育て方を紹介します。クロウエアはオーストラリア原産の低木です。3種類ほど存在します。サリグナやエクサラータ、2種を掛け合わせたポーリンダ・エクスタシーなどがあります。花弁が5枚きれいに開いた星型の可愛い花を咲かせます。気温があれば周年で開花しますが、日本では春から秋まで楽しめます。


メラレウカの育て方!癒しの香りに包まれてみませんか?

メラレウカの育て方!癒しの香りに包まれてみませんか?

メラレウカの育て方を紹介します。メラレウカは、キャプテン・クックがお茶として飲んだことからティーツリーとも呼ばれています。現在はお茶ではなく、アロマの製油として利用されることが多いです。常緑なので、シンボルツリーにもピッタリですよ♪


ジンチョウゲの育て方!春を告げる甘い香り♪

ジンチョウゲの育て方!春を告げる甘い香り♪

ジンチョウゲの育て方を紹介します。秋に甘い香りを漂わせるのは金木犀ですが、春先に金木犀のような甘い香りを漂わせるのがジンチョウゲ(沈丁花)です。寒さに強い常緑性の低木で、東北南部以南では問題なく育てられます。春を告げる甘い香りの花を咲かせてみませんか?


ラッセリアの育て方!筒状の花をたくさん咲かせる

ラッセリアの育て方!筒状の花をたくさん咲かせる

ラッセリアの育て方を紹介します。ラッセリアはメキシコ原産の低木です。筒状の花が特徴で、赤やピンクの花を長期間楽しめます。気温があれば1年中楽しめますが、日本では初夏から秋までです。また、葉が退化して茎だけに見えるのも特徴の一つです。葉はありますが見た目にはほとんどわかりません。


マンデビラ(デプラデニア)の育て方!大きなラッパ型の花

マンデビラ(デプラデニア)の育て方!大きなラッパ型の花

マンデビラの育て方を紹介します。マンデビラは中南米原産のつる性植物です。100種類ほど存在しています。以前は旧属名のデプラデニアの名前で流通していました。種によっても異なりますが、直径10cm程度の大きな花をラッパ型に咲かせます。花色は白、ピンク、赤などです。5月~10月と長期間開花を楽しめます。


マダガスカルジャスミンの育て方!厚みのある白色の花

マダガスカルジャスミンの育て方!厚みのある白色の花

マダガスカルジャスミンの育て方を紹介します。マダガスカルジャスミンはマダガスカル原産の低木です。ジャスミンと名前が付いていますが、全く別の種類になります。ジャスミンのような芳香があるためこの名前が付いています。厚みのある白い花がとてもきれいな植物で、光沢のある葉も観賞価値が高いです。


ペンタスの育て方!可愛い星型の花を房状に咲かせる

ペンタスの育て方!可愛い星型の花を房状に咲かせる

ペンタスの育て方を紹介します。ペンタスは熱帯アフリカ原産の低木です。30種類ほど存在します。可愛い星型の花を房状に咲かせます。花色は白、ピンク、赤、紫などがあり、どれもきれいです。気温があれば1年中開花しますが、日本では主に初夏から秋まで楽しめます。葉も斑入りなど特徴的なものが多いです。


プルンパゴの育て方!きれいな青色と白色の花

プルンパゴの育て方!きれいな青色と白色の花

プルンパゴの育て方を紹介します。プルンパゴは南アフリカ原産の低木です。20種類ほど存在します。きれいな青色や白色の花を房状に咲かせます。5枚の花弁がきれいに開き、爽やかな印象が魅力的です。開花期が長く、初夏から秋まで楽しめます。生育旺盛で地植えで育てると2mくらいまで成長することもあります。


ブーゲンビレアの育て方!美しい苞と筒状の花

ブーゲンビレアの育て方!美しい苞と筒状の花

ブーゲンビレアの育て方を紹介します。ブーゲンビレアは南米原産のつる性の花木です。10種類ほど存在します。美しく豪華な苞が特徴で、赤、ピンク、紫、オレンジ、黄色などさまざまな色があります。花は中心部にある小さな白い部分です。筒状に咲かせます。気温があれば1年を通して開花します。


パボニアの育て方!赤い苞と紫色の花が美しい

パボニアの育て方!赤い苞と紫色の花が美しい

パボニアの育て方を紹介します。パボニアはブラジル原産の低木です。100種類ほど存在します。インターメディアという品種が主に栽培されています。パボニアの花に見える赤い部分は苞で、花は苞の中にあります。花は紫色で苞とのコントラストが美しいです。春から秋までの長期間、開花を楽しめます。


パキスタキスの育て方!黄色い苞と白い花

パキスタキスの育て方!黄色い苞と白い花

パキスタキスの育て方を紹介します。パキスタキスは南米原産の低木です。6種類ほど存在します。一般的に流通しているのはルテアという品種です。光沢のある葉を付け、黄色い苞の中から白い花が顔をのぞかせます。花は短命ですが、黄色い苞は長期間観賞でき、ハート型で見ごたえがあります。初夏から秋まで楽しめます。


ニオイバンマツリの育て方!花色が変化する植物

ニオイバンマツリの育て方!花色が変化する植物

ニオイバンマツリの育て方を紹介します。ニオイバンマツリは南米原産の低木です。ブルンフェルシア属の植物になります。花色が変化するのが最大の特徴で、咲き始めの紫から徐々に白色になっていきます。花は筒状で5枚の花弁を付けます。開花期は4月~7月です。花には芳香もあります。


シコンノボタンの育て方!鮮やかな紫色の花

シコンノボタンの育て方!鮮やかな紫色の花

シコンノボタンの育て方を紹介します。シコンノボタンはブラジル原産の低木です。鮮やかな紫色の花が特徴です。1日で散ってしまう一日花ですが、次々に開花し、夏から秋にかけて開花を楽しめます。花は他にも魅力があり、先端から細長い雄しべを伸ばします。蜘蛛の足のような姿と表現されます。


サンタンカの育て方!まとまって半円状になる花

サンタンカの育て方!まとまって半円状になる花

サンタンカの育て方を紹介します。サンタンカは熱帯アジア原産の低木です。400種類ほど存在しています。小さな花がまとまって咲き、半円状になるのが特徴です。花色は赤、ピンク、黄色、オレンジなど明るい色を中心に豊富です。開花期は初夏から秋まで、比較的長く楽しめます。


コンロンカの育て方!花びらのような萼片が特徴

コンロンカの育て方!花びらのような萼片が特徴

コンロンカの育て方を紹介します。コンロンカは熱帯アジアやアフリカ原産の低木です。200種類ほど存在します。花びらのように見える部分は萼片で、花は小さくてあまり目立ちません。萼片は白、赤、ピンクなどに色付きます。原産地では1年中開花しますが、日本では夏が開花期になります。


ユキヤナギの育て方!春を告げる白い花♪

ユキヤナギの育て方!春を告げる白い花♪

ユキヤナギの育て方を紹介します。春になると、真っ白い泡のようにこんもりと小さなが花が集まって咲いている姿を見たことがありませんか?ユキヤナギは春の訪れを感じさせてくれる、とても可愛らしい花ですが、丈夫であまり手間もかからず育てられるんです。


ゲンペイカズラの育て方!赤い花と白い萼が美しい

ゲンペイカズラの育て方!赤い花と白い萼が美しい

ゲンペイカズラの育て方を紹介します。ゲンペイカズラは熱帯アフリカ原産の低木です。つる性の植物になるので、何かに絡ませて育てます。赤い花と白い萼を付けるのが特徴で、その対比が美しいです。開花期は5月~9月です。花が枯れた後は萼が色づいて、その姿もきれいです。


ケストルムの育て方!先端が開く筒状の花

ケストルムの育て方!先端が開く筒状の花

ケストルムの育て方を紹介します。ケストルムは熱帯アメリカ原産の低木です。100種類ほど存在します。ヤコウボクやキチョウジという品種が一般的に流通しています。筒状の花が特徴で、先端が開き独特の形になります。開花期は初夏から秋で、花色は黄色、赤、紫などがあります。


クフェアの育て方!筒状に咲く可愛い花

クフェアの育て方!筒状に咲く可愛い花

クフェアの育て方を紹介します。クフェアは熱帯アメリカ原産の低木です。250種類ほど存在します。イグネアやヒソッピフォリアという品種が代表的です。イグネアは筒状に小さな紅色の花を咲かせます。ヒソッピフォリアは小さな花弁が開き、花色はピンクや白です。気温があれば1年中開花しますが、日本では主に初夏から秋です。