宿根草に関する記事

「宿根草」に関するまとめ記事一覧です。宿根草は、冬に地上部が枯れ、再び生育を始める植物のことです。毎年種を植え替える必要がなく、丈夫な植物が多いため管理が楽な植物です。宿根草でおすすめの植物やそれぞれの種の育て方などを紹介しています。

宿根草に関連するキーワード

サルビア スカビオサ ガウラ ユーフォルビア バーバスカム マーガレット オレガノ・ケントビューティー フランネルフラワー ダイアンサス ユーフォルビア・ダイヤモンドフロスト
>>宿根草に関連するキーワード一覧

ホップの育て方!ビールの苦味の原料

ホップの育て方!ビールの苦味の原料

ホップの育て方を紹介します。ホップはヨーロッパや西アジア原産の宿根草です。ビールに使われているのは多くの方が知るところでしょう。ホップは主にビールの苦味成分として使われています。雌雄異株でビールに使われるのは雌花のみとなります。大きな実のような花を咲かせます。


宿根カスミソウの育て方「春霞のように見える花姿」

宿根カスミソウの育て方「春霞のように見える花姿」

宿根カスミソウの育て方を紹介します。カスミソウ属は、地中海沿岸地域からアジアにかけて、約125種が分布しています。日本には1879年頃に渡来し、一年草と宿根草とがあり、お店でみかける切り花は宿根草タイプが多いです。宿根カスミソウは品種によって、臭いのきついものから微臭のものがあります。


オオキンケイギクは栽培が禁止されている?お庭に生えたらどうすればいい?

オオキンケイギクは栽培が禁止されている?お庭に生えたらどうすればいい?

オオキンケイギクはキバナコスモスのような花を咲かせる植物ですが、繁殖力が旺盛で、2006年に特定外来生物に指定されたので、観賞目的での栽培は禁止されています。繁殖力の強さからどこかから種が飛んできて、お庭に生えてしまうことも。その場合はどのように対処すればいいのでしょうか?


アレナリアの育て方!一面に咲く真っ白な花

アレナリアの育て方!一面に咲く真っ白な花

アレナリアの育て方を紹介します。アレナリアは世界中に広く分布する植物で、150種類ほど存在しています。多年草ではありますが、高温多湿に弱く日本の夏を越すのは結構難しいです。花色は白のみで4月~6月に開花します。草丈は高くならず垂れて一面に花を付けます。日当たりのいい場所を好みます。


サポナリアの育て方!天然石鹸にもなる植物

サポナリアの育て方!天然石鹸にもなる植物

サポナリアの育て方を紹介します。サポナリアはヨーロッパ原産の宿根草で、30種類ほど存在しています。葉を水で揉むと泡立つため、天然の石鹸として利用されていました。サポナリアのサポには石鹸という意味があります。白やピンクの可愛い花を咲かせます。日当たりのいい場所を好みます。


ハナトラノオ(フィソステギア)の育て方!穂状に美しく並ぶ宿根草

ハナトラノオ(フィソステギア)の育て方!穂状に美しく並ぶ宿根草

ハナトラノオの育て方を紹介します。ハナトラノオはアメリカ原産の宿根草でフィソステギア属の植物です。日本でもあちこちで自生しています。繁殖力が強くよく増えます。穂状に規則正しく並んだ花を咲かせます。開花期は7月~9月です。日当たりのいい場所を好みます。暑さ、寒さともに強いです。


オダマキの育て方「典雅な身のこなしの高潔な貴婦人」

オダマキの育て方「典雅な身のこなしの高潔な貴婦人」

オダマキの育て方を紹介します。オダマキとは、キンポウゲ科オダマキ属の植物の総称、または一種であり、日本原産のミヤマオダマキ(高山植物)と、ヨーロッパ原産のセイヨウオダマキに大別されます。ミヤマオダマキを品種改良されたものが「オダマキ」として流通され、花色は青紫で先端が白く4cmほどの花を咲かせます。


ダンギクの育て方!階層状に花咲く宿根草

ダンギクの育て方!階層状に花咲く宿根草

ダンギクの育て方を紹介します。ダンギクは日本や東アジアに自生する宿根草で、岩山の斜面などに見られます。真っ直ぐ伸びた茎の頂点から階層状に花を咲かせるのが特徴です。紫を中心に白やピンクなどの花色があり、7月~9月にかけて開花します。日当たりのいい場所を好みます。


モミジアオイの育て方!ハイビスカスに似た花を咲かせる大型の植物

モミジアオイの育て方!ハイビスカスに似た花を咲かせる大型の植物

モミジアオイの育て方を紹介します。モミジアオイはアメリカ原産の宿根草で、ハイビスカスと同じ属に入る仲間です。色鮮やかな大きな5枚の花びらを咲かせます。大きい花だと直径20cm程になります。草丈が大きく2mくらいに成長します。日当たりのいい場所を好みます。


シオン(紫苑)の育て方!日本に自生する野菊

シオン(紫苑)の育て方!日本に自生する野菊

シオンの育て方を紹介します。シオンは日本や東アジアに自生する宿根草です。野菊として昔から親しまれています。日本に自生しているだけあり、日本の気候に適した植物で育てやすいです。紫色の可愛らしい花を9月~10月にかけて咲かせます。日当たりのいい場所を好みます。


アメリカフヨウの育て方!大きなハイビスカスのような花が特徴

アメリカフヨウの育て方!大きなハイビスカスのような花が特徴

アメリカフヨウの育て方を紹介します。アメリカフヨウはアメリカ原産の宿根草です。夏に大きなハイビスカスのような花を咲かせます。花の大きさは大きいものだと直径30cmくらいになります。草丈も大きく1m~2mくらいに成長します。日当たりのいい場所を好みます。


サワギキョウ(宿根ロベリア)の育て方!すらりと伸びる長い花穂

サワギキョウ(宿根ロベリア)の育て方!すらりと伸びる長い花穂

サワギキョウの育て方を紹介します。サワギキョウは日本を含めた東アジア原産の宿根草で湿地に自生していることが多いです。すらりと伸びた長い花穂が特徴で、紫がかった青色の花をつけます。草丈は最大で1m程になり、夏の終わり8月~9月に開花します。日当たりのいい場所を好み、寒さに強いです。


サクラソウの育て方!日本に自生する伝統的な植物

サクラソウの育て方!日本に自生する伝統的な植物

サクラソウの育て方を紹介します。サクラソウは日本原産の宿根草で、数百種類存在しています。園芸品種は豊富ですが、野生では貴重な存在で天然記念物に指定している地域もあります。歴史のある植物で、江戸時代から栽培されていたと言われています。日当たりのいい場所を好み寒さに強いです。


トウテイランの育て方!銀の葉と青い花が美しい!

トウテイランの育て方!銀の葉と青い花が美しい!

トウテイランの育て方を紹介します。トウテイランという名前ですが、漢字表記すると洞庭藍と書き、中国の洞庭湖の水の青さのような花の色という意味があります。美しい青紫の花が咲きます。暑さと寒さに強く、増やすのもそれほど難しくありません。


シュウメイギクの育て方!秋に咲く和風な植物

シュウメイギクの育て方!秋に咲く和風な植物

シュウメイギクの育て方を紹介します。シュウメイギクは中国原産の宿根草で、日本でも古くから自生しています。古代に中国から入ってきたと言われています。「秋明菊」という名称通り、秋に開花します。和の情緒を感じる植物です。直射日光はあまり得意でなく、明るい日陰が適しています。暑さ・寒さともに強いです。


ヒオウギの育て方!和を感じる花の宿根草

ヒオウギの育て方!和を感じる花の宿根草

ヒオウギの育て方を紹介します。ヒオウギは日本や東アジア原産の宿根草で夏に花します。カラフルな花をつけますが、どこか和が感じられます。葉は剣状になっていて扇のような形になることから、この名前が付いています。日当たりのいい場所を好み、1年を通して日当たりで育てます。耐寒性も強く丈夫な植物です。


スイートピーの育て方!品種の多い定番植物

スイートピーの育て方!品種の多い定番植物

スイートピーの育て方を紹介します。スイートピーは品種が多く、春咲き・夏咲き・冬咲きと改良が進んでいます。一番良く使わるのは春咲きのスイートピーです。また、一年草タイプと宿根草タイプがあります。スイートピーは日当たりが大好きです。お庭で一番日の当たる場所に置いてあげてください。


バーベナの育て方!植えっぱなしで半年間!?

バーベナの育て方!植えっぱなしで半年間!?

バーベナの育て方を紹介します。バーベナは、別名美女桜とも呼ばれ、シバザクラに似た花を咲かせます。開花期が5月から10月頃までの半年間と、非常に長く花を楽しめます。次々と花を咲かせてにぎやかな植物です。美人薄命を覆すバーベナの育て方をご紹介します。


大事な脇役!グランドカバーにおすすめできる植物7選

大事な脇役!グランドカバーにおすすめできる植物7選

グランドカバーにおすすめの植物を紹介します。グランドカバーは地面を覆うために植える背の低い植物や匍匐性の植物のことをいいます。踏まれても問題ない丈夫な植物であることが求められ、雑草が生えるのを防止する役割を持っています。お庭を作る上で欠かせないもので、主役ではないですが縁の下の力持ちといった存在です。


1年を通して葉を楽しめる「カラーリーフ」8選♪

1年を通して葉を楽しめる「カラーリーフ」8選♪

カラーリーフは花ではなく葉が多種多様な色や斑をつけている植物のことです。常緑性と期間限定のカラーリーフがありますが、今回は常緑性のカラーリーフを集めました。育成が簡単でお庭のガーデニングの基礎となるカラーリーフを取り入れてみてはいかがでしょうか。