生態系に関する記事


外来種は駆除できる?生物に罪はない?

外来種は駆除できる?生物に罪はない?

外来種は世界中で深刻な問題を引き起こしています。外来種の一部は在来種を駆逐させたりする侵略的外来種で、その地域の生態系を破壊してしまいます。そういった外来種は駆除が進められることが多いですが、生物に罪はないという反対論があるのも事実です。


地球温暖化による生態系への影響とは?

地球温暖化による生態系への影響とは?

地球温暖化によって生態系は大きく変化します。最悪の場合、環境の変化に適応できず生物が絶滅してしまうことあります。これは陸上の動物、水中の動物、植物全てに言えることです。このような変化が起きれば当然私たちの暮らしも影響を受けます。


日本の外来種問題。被害と対策とは?

日本の外来種問題。被害と対策とは?

外来種の問題は哺乳類などの動物や昆虫、植物と多岐にわたります。世界中の問題ですが、日本でも外来種問題は深刻です。日本には外来種が約2,000種いるとされ、生態系や人間の活動に影響を与えています。外来種の被害や対策についてまとめました。


外来種とは?どうやって入ってくるの?

外来種とは?どうやって入ってくるの?

外来種とは本来その地域には生息していなかったのに、人間の活動により入ってきてしまった生物のことです。元々その地域にあった生態系を破壊するため、深刻な環境問題の一つとなっています。日本だけでなく世界的な問題で、各国が法律などを整備して対策にあたっています。


地球温暖化がホッキョクグマに与える影響と対策とは?

地球温暖化がホッキョクグマに与える影響と対策とは?

地球温暖化は生態系に大きな影響を及ぼします。中でも有名なのがホッキョクグマです。北極圏は気温上昇の影響が大きく、100年の間に2°上昇したと言われています。海氷も半分近く失われたという報告もあります。そこで暮らすホッキョクグマは2005年に絶滅の可能性がある「危急種(VU)」に指定されました。


動植物が絶滅危惧種となる5つの原因。どんな対策が取られているの?

動植物が絶滅危惧種となる5つの原因。どんな対策が取られているの?

世界中で数多くの動植物が絶滅の危機に瀕しています。もちろん、自然現象によって絶滅してしまう場合もありますが、人的な要因によって絶滅する場合もたくさんあります。今回は動植物が絶滅危惧種となる原因を5つ紹介し、どんな対策が取られているかについても触れていきます。