ガーデニング

ガーデニングに関するカテゴリーです。ガーデニングは数年前から人気を集めています。庭がある一軒家だけでなく、マンション住まいでもお部屋やベランダ、屋上で緑を取り入れることができます。おすすめの植物やそれぞれの植物の育て方まで幅広い話題を掲載しています。

ガーデニングに関連するキーワード

観葉植物 ベランダ 宿根草 球根植物 庭木 一年草 多年草 多肉植物 グランドカバー 食虫植物
>>ガーデニングに関連するキーワード一覧

ガーデニングの記事一覧

バーベナの育て方!植えっぱなしで半年間!?

バーベナの育て方!植えっぱなしで半年間!?

バーベナの育て方を紹介します。バーベナは、別名美女桜とも呼ばれ、シバザクラに似た花を咲かせます。開花期が5月から10月頃までの半年間と、非常に長く花を楽しめます。次々と花を咲かせてにぎやかな植物です。美人薄命を覆すバーベナの育て方をご紹介します。


原産地に注意!エリカの育て方

原産地に注意!エリカの育て方

ホームセンターや大きな園芸店に行くと、季節ごとに様々な形状の花を咲かせているエリカ。一年中あるイメージですが、これは原産地によって花期が違うためです。常緑樹で育てやすいので、お庭のシンボルツリーとしても人気があるエリカの育て方をご紹介します。


シンゴニウムの育て方!ガーデニングに適したツル性の観葉植物

シンゴニウムの育て方!ガーデニングに適したツル性の観葉植物

シンゴニウムの育て方を紹介します。シンゴニウムは熱帯アメリカに生息する多年草で、可愛らしい葉で人気の高い植物です。ツル性なので、ラティスに絡ませたり高いところから垂らしたりできます。高温多湿を好みますが、直射日光は苦手で明るい日陰を好みます。寒さには弱く、冬でも15°以上の環境で育てるのが理想です。


ミスミソウ(雪割草)の育て方!初春に花咲く多年草

ミスミソウ(雪割草)の育て方!初春に花咲く多年草

ミスミソウの育て方を紹介します。ミスミソウは早いと2月下旬から開花する東北地方や北陸地方原産の多年草です。出身の方は馴染み深い植物かもしれません。まだ雪の残る季節に春の訪れを期待させてくれます。ミスミソウは秋から春にかけては日当りを好みますが、夏の直射日光には弱いです。夏場は明るい日陰で管理してください。


コノフィツムの育て方!そら豆のような多肉植物

コノフィツムの育て方!そら豆のような多肉植物

コノフィツムの育て方を紹介します。コノフィツムは多肉植物でも種類の多い属で、2,000種以上存在しています。それぞれの種は葉の形状から「足袋形」「鞍形」「丸形」の3つに大きく分けられています。葉の形は色々ですが、最も親しまれているのがそら豆のような葉のコノフィツムです。冬型の植物で日当たりのいい場所を好みます。


カランコエの育て方!花が魅力の多肉植物

カランコエの育て方!花が魅力の多肉植物

カランコエの育て方を紹介します。カランコエはリュウキュウベンケイ属に属していて100種類以上存在します。そのうちのいくつかは多肉植物として扱われています。多肉植物といえば葉に特徴がありますが、カランコエはどちらかといえばカラフルな花が注目されます。日当たりを好み耐寒性は強くありません。


カラジュームの育て方!魅惑的な葉をつける球根植物

カラジュームの育て方!魅惑的な葉をつける球根植物

カラジュームの育て方を紹介します。カラジュームは熱帯アメリカに生息する球根植物で、カラフルで魅惑的な葉が特徴です。その見た目から夏に合う植物で、花壇にアクセントを加えてくれます。寒さには弱いので冬には枯れてしまいますが、また夏にかけて葉をつけます。明るい日陰で育てるのに適しています。


アロエの育て方!鑑賞にも食用にもできる万能多肉植物

アロエの育て方!鑑賞にも食用にもできる万能多肉植物

アロエは世界中に300種類以上あるといわれ、キダチアロエや食用のアロエベラが有名です。体に良いとか火傷に効くと言われ、日本でも古くから栽培されているキダチアロエ。育て方も容易なため、庭先で地植えされ、大きく育ったものを見かけることもあります。ここでは用途の豊富なキダチアロエの育て方をご紹介します。


ストレリチアの育て方!鳥のような花を咲かせる多年草

ストレリチアの育て方!鳥のような花を咲かせる多年草

ストレリチアの育て方を紹介します。ストレリチアは色鮮やかな花が魅力的な多年草です。その姿はどこか鳥のようにも見えます。ストレリチア属は南アフリカに5種ほど存在し、ニコライ(オーガスタ)やレギナエといった品種が有名です。日当たりのいい場所を好み、日照不足だと開花しないことがあります。寒さには比較的強いです。


パキラの育て方を再確認!観葉植物の大定番!

パキラの育て方を再確認!観葉植物の大定番!

観葉植物の定番であるパキラの育て方を紹介します。100円ショップでも簡単に手に入るパキラですが、案外枯らしてしまう方も多いようです。パキラ自体は育て方も簡単で、どなたでも楽しめる観葉植物ですので、枯らしてしまったという方は、ぜひ育て方を再確認してみてください。


真っ赤なハートが可愛い!アンスリウムの育て方

真っ赤なハートが可愛い!アンスリウムの育て方

ザ!熱帯植物というような原色の赤いハート型の花が印象的なアンスリウム。インテリアとしてポピュラーな植物で、見かけたことのある方も多いと思いますが、育てているという方はあまりいないかもしれません。その育て方をご紹介します。


シュガーバインの育て方!インテリアに最適なツル性の観葉植物

シュガーバインの育て方!インテリアに最適なツル性の観葉植物

シュガーバインの育て方を紹介します。シュガーバインはシュガー(砂糖)とバイン(ツル)からその名が付いていますが、葉の裏に甘い白い樹液を付けるツル性の性質が名前の由来です。5枚葉が垂れ下がる姿は鑑賞度が高くインテリアに最適な観葉植物です。明るい日陰が最適で耐寒性が強いので、室内で育てるのに最適です。


クッションモスの育て方!可愛すぎるモフモフの観葉植物

クッションモスの育て方!可愛すぎるモフモフの観葉植物

クッションモスの育て方を紹介します。クッションモスは別名セラギネラと呼ばれるコケの仲間です。モフモフした可愛らしい見た目が特徴です。色もモスグリーンが非常に綺麗でインテリアに映えます。コケの仲間なので耐陰性は強く、日陰でも育ちます。ただ、日光がなさすぎると育ちが悪くなるので、明るい日陰に置くのが理想です。


エバーフレッシュの育て方!爽やかでスタイリッシュな観葉植物

エバーフレッシュの育て方!爽やかでスタイリッシュな観葉植物

エバーフレッシュの育て方を紹介します。エバーフレッシュは左右に細かい葉が集まり爽やかでスタイリッシュな観葉植物です。中南米原産の植物で、昼に葉を広げ夜になると閉じるという面白い性質を持っています。耐陰性はありますが、日当たりのいい場所に置くのが適しています。室内でも比較的育てやすいです。


ウツボカズラの育て方!捕虫袋を持った食虫植物

ウツボカズラの育て方!捕虫袋を持った食虫植物

ウツボカズラの育て方を紹介します。ウツボカズラは特徴的な捕虫袋を持った食虫植物です。熱帯地域を中心に生息しています。いかにもジャングルにいそうな植物ですよね。日当たりのいい場所が適していますが、夏は葉焼けを起こすので移動が必要です。寒さに非常に弱く20°以上の環境で育てるのが理想です。


ハートファーンの育て方!ハートを育てて愛を育んでみませんか?

ハートファーンの育て方!ハートを育てて愛を育んでみませんか?

ハートファーンの育て方を紹介します。ハート形の葉がかわいらしいハートファーン。別名バレンタインファーンとも呼ばれています。シダの仲間で耐陰性があるため、室内でもよくそだちます。かわいらしい姿の観葉植物ですが、まだご存じない方も多いのではないでしょうか?


コウモリラン(ビカクシダ)の育て方!個性的な葉で隠れた人気の観葉植物

コウモリラン(ビカクシダ)の育て方!個性的な葉で隠れた人気の観葉植物

コウモリランの育て方を紹介します。コウモリランは別名ビカクシダとも呼ばれる観葉植物です。ビカクシダは感じで「麋角羊歯」と書き、葉が鹿の角に似ていることから名付けられました。この鹿の角の葉は胞子葉と呼ばれます。実はもう一つ違う葉がついており、こちらは外套葉と呼ばれています。


ウンカリーナ(シャンプーの木)の育て方!マダカスカルではシャンプーの原料に

ウンカリーナ(シャンプーの木)の育て方!マダカスカルではシャンプーの原料に

ウンカリーナの育て方を紹介します。ウンカリーナはマダガスカル原産の低木で現地ではシャンプーの原料として使われています。このことから別名シャンプーの木と呼ばれる植物です。熱帯の植物のため日当たりのいい場所を好みますが、真夏は明るい日陰で育てるのが最適です。寒さには弱く10°以上の環境が最適です。


コチレドンの育て方!熊の手のような可愛らしい多肉植物

コチレドンの育て方!熊の手のような可愛らしい多肉植物

コチレドンの育て方を紹介します。コチレドンは熊の手のような葉が可愛らしい多肉植物です。別名クマドウジとも呼ばれています。夏と冬は休眠期になるので、置き場所や水やりを変える必要があります。生育期は日当たりのいい場所に、休眠期は明るい日陰が理想です。乾燥気味に育てるのがポイントです。


モンステラの育て方!葉の切り込みが芸術的な観葉植物

モンステラの育て方!葉の切り込みが芸術的な観葉植物

モンステラの育て方を紹介します。モンステラは熱帯地方が原産の観葉植物で、葉に大きな切り込みが入っていることが特徴です。なかなか他にはない特徴的な葉から人気が高いです。見た目から直射日光を好みそうですが、明るい日陰で育てるのが最適です。寒さには比較的強く、5°以上の環境であれば育ってくれます。