ガーデニング

ガーデニングに関するカテゴリーです。ガーデニングは数年前から人気を集めています。庭がある一軒家だけでなく、マンション住まいでもお部屋やベランダ、屋上で緑を取り入れることができます。おすすめの植物やそれぞれの植物の育て方まで幅広い話題を掲載しています。

ガーデニングに関連するキーワード

観葉植物 ベランダ 宿根草 球根植物 庭木 一年草 多年草 多肉植物 グランドカバー 食虫植物
>>ガーデニングに関連するキーワード一覧

ガーデニングの記事一覧

シラサギカヤツリの育て方!繊細な花姿

シラサギカヤツリの育て方!繊細な花姿

シラサギカヤツリの育て方を紹介します。シラサギカヤツリはアメリカ原産の多年草です。湿地に育つ水生植物になります。細長い花茎を伸ばし花穂を立ち上げます。白い部分は花ではなく苞で、実際の花は小さくて目立ちません。全体的に繊細な印象の植物です。開花期は5月~10月までと長く、50cm程度に成長します。


シネラリア(サイネリア)の育て方!カラフルでこんもりした花姿

シネラリア(サイネリア)の育て方!カラフルでこんもりした花姿

シネラリアの育て方を紹介します。シネラリアはスペイン領カナリア諸島原産の一年草です。本来は多年草ですが、日本では夏越しが難しく一年草として扱われます。白、青、紫、ピンク、黄色などカラフルな花色があり、こんもりと半球状になるのが特徴です。1月~4月まで開花します。


ジニア(ヒャクニチソウ)の育て方!長期間開花を楽しめる夏の定番

ジニア(ヒャクニチソウ)の育て方!長期間開花を楽しめる夏の定番

ジニアの育て方を紹介します。ジニアはメキシコ原産の一年草です。15種類ほど存在します。夏の定番植物として人気があり、エレガンスという品種はヒャクニチソウの名前でも有名です。名前のとおり開花期間が長く、初夏から秋まで楽しめます。花色も充実していて可愛らしい花をたくさん咲かせてくれます。


シザンサスの育て方!華やかな花を一斉に咲かせる

シザンサスの育て方!華やかな花を一斉に咲かせる

シザンサスの育て方を紹介します。シザンサスは南米チリ原産の一年草です。10種類ほど存在します。秋まきの一年草で3月~5月に開花し花後は枯れていきます。白、ピンク、赤、紫、黄色など豊富な花色があり模様も華やかです。たくさんの花がまとまって咲くので存在感もあります。


サンビタリアの育て方!這うように広がるヒマワリに似た花

サンビタリアの育て方!這うように広がるヒマワリに似た花

サンビタリアの育て方を紹介します。サンビタリアは中南米原産の一年草です。10種類ほど存在します。春に植え付け、初夏から秋にかけて開花し、冬に枯れます。ヒマワリを小さくしたような花姿が特徴で、黄色い鮮やかな花を咲かせます。這うように広がるので、花壇にも向いている植物です。


ザルジアンスキアの育て方!夜に花開き、甘い香りを漂わせる

ザルジアンスキアの育て方!夜に花開き、甘い香りを漂わせる

ザルジアンスキアの育て方を紹介します。ザルジアンスキアは南アフリカ原産の一年草です。50種類ほど存在します。本来は多年草ですが、日本では夏越しが難しいので一年草として扱われます。夜に花を開く性質があり、日中は半開きの状態になっています。また、夜は甘い香りを漂わせますが、日中は芳香がありません。


コンボルブルスの育て方!アサガオのような花

コンボルブルスの育て方!アサガオのような花

コンボルブルスの育て方を紹介します。コンボルブルスは地中海沿岸原産の植物です。200種類ほど存在し、一年草と多年草のタイプがあります。一年草ではトリカラー、多年草ではサバティウスという品種が一般的です。小さなアサガオのような花姿で、花色は白、紫、ピンク、青などがあります。初夏から夏にかけて開花します。


ゴデチアの育て方!ヒラヒラとした花弁と豊富な花色

ゴデチアの育て方!ヒラヒラとした花弁と豊富な花色

ゴデチアの育て方を紹介します。ゴデチアはアメリカ原産の一年草です。20種類ほど存在します。秋に植え付け、春に開花し、その後枯れます。ヒラヒラとした薄い花弁が特徴で表面には光沢があります。花色が豊富で、白、ピンク、赤、紫、オレンジなどです。華やかな印象の強い植物で、お庭を彩ってくれます。


ケラトスティグマ(ルリマツリモドキ)の育て方!美しいブルーの花

ケラトスティグマ(ルリマツリモドキ)の育て方!美しいブルーの花

ケラトスティグマの育て方を紹介します。ケラトスティグマは中国原産の多年草です。8種類ほど存在します。一般的に栽培されるのはルリマツリモドキという品種です。美しい青色の花が特徴で、一つの花は短命ですが次々に花を咲かせ7月~10月まで長期間楽しめます。地面が見えないほどこんもりと茂ります。


ゲウムの育て方!花がきれいなダイコンソウの仲間

ゲウムの育て方!花がきれいなダイコンソウの仲間

ゲウムの育て方を紹介します。ゲウムはアジアやアメリカ原産の多年草です。日本にも自生していて100種類ほど存在します。ダイコンソウの仲間で赤やオレンジ、黄色など色鮮やかな花を咲かせます。開花期は5月~6月です。葉は大根に似た羽状の切れ込みが入ります。草丈は30~40cmくらいです。


アセロラの育て方!真っ赤な実はビタミンCの宝庫!

アセロラの育て方!真っ赤な実はビタミンCの宝庫!

アセロラの育て方を紹介します。アセロラといえばジュースというイメージで、実を食べたことがあるという方は少ないかもしれません。アセロラは熟した実は傷みやすく、流通が難しいことから未熟果を加工品にすることが多いです。ご自宅でアセロラを育てたら、完熟した甘酸っぱい実を食べられるかもしれませんよ。


コダチダリアの育て方!大きさ、迫力、風格はまさに皇帝!

コダチダリアの育て方!大きさ、迫力、風格はまさに皇帝!

コダチダリアの育て方を紹介します。コダチダリアは学名がDahlia imperialisで、日本語に訳すと皇帝ダリアです。コダチダリアよりも皇帝ダリアの方がなじみがあるかもしれませんね。とても大きくなり、開花すると圧巻ですよ!


タンチョウソウの育て方!白く可憐な花が人気の野草です♪

タンチョウソウの育て方!白く可憐な花が人気の野草です♪

タンチョウソウの育て方を紹介します。タンチョウソウは、中国北東部や朝鮮半島の岩場などに自生する野草です。矮性の園芸品種もありますが、普通のものでも草丈20~30センチ程度です。花も美しく、丈夫で育てやすいので、ガーデニング初心者の方にもおススメですよ♪


セリアの鉢(プランター)が可愛すぎ。新作が続々登場♪

セリアの鉢(プランター)が可愛すぎ。新作が続々登場♪

100均のセリアには豊富な鉢(プランター)があります。特にセメント鉢が充実していて、おしゃれなデザインが多いです。定番はナンバープレートデザインの鉢ですが、新作も続々登場しています。特に多肉植物の栽培におすすめです。今回はセリアの鉢をまとめて紹介します。


パリソタ・ウエストランディアの育て方!緑とオレンジのコントラストが美しい!

パリソタ・ウエストランディアの育て方!緑とオレンジのコントラストが美しい!

パリソタ・ウエストランディアの育て方を紹介します。パリソタ・ウエストランディアは、オリヅルランの近縁種で、茎がオレンジ色になることから、パリソタ朱鷺という名前で流通していることもあります。あまり背が高くならないので、インテリアプランツとしてオススメですよ。


ボケの育て方!初心者からベテランまで楽しめる多様な花が魅力!

ボケの育て方!初心者からベテランまで楽しめる多様な花が魅力!

ボケの育て方を紹介します。小さな盆栽でも、春先に大きな花を咲かせるボケ。古くから庭木や盆栽としてなじみの深い木ですが、実は多くの園芸品種が流通しています。育てやすい木ですので、園芸店などで好みの花を探して育ててみませんか?


ヒレザンショウの育て方!山椒よりももっと小粒でピリリと辛いです!

ヒレザンショウの育て方!山椒よりももっと小粒でピリリと辛いです!

ヒレザンショウの育て方を紹介します。ヒレザンショウは、沖縄の岩場などに自生する低木で、イワザンショウとも呼ばれます。小さな丸い葉が対になって付き、鳥の羽のような形になります。葉の軸の部分にヒレ状の部分があることから、ヒレザンショウと呼ばれています。


クンシランの育て方!光沢のある葉と豪華な花

クンシランの育て方!光沢のある葉と豪華な花

クンシランの育て方を紹介します。クンシランは南アフリカ原産の多年草です。ランと名前が付きますがランの仲間ではないです。漢字で君子蘭と書きます。光沢のある細長い葉と豪華な花が特徴で、名前のとおり存在感のある植物です。花色はオレンジで、春に開花します。葉は1年中楽しめます。


クロウエア(サザンクロス)の育て方!星型の可愛い花

クロウエア(サザンクロス)の育て方!星型の可愛い花

クロウエアの育て方を紹介します。クロウエアはオーストラリア原産の低木です。3種類ほど存在します。サリグナやエクサラータ、2種を掛け合わせたポーリンダ・エクスタシーなどがあります。花弁が5枚きれいに開いた星型の可愛い花を咲かせます。気温があれば周年で開花しますが、日本では春から秋まで楽しめます。


クレオメの育て方!真夏に楽しめる存在感のある花

クレオメの育て方!真夏に楽しめる存在感のある花

クレオメの育て方を紹介します。クレオメは熱帯アメリカ原産の一年草です。春に植え付け、冬に枯れます。7月~9月の真夏に花を楽しむことができます。花姿がユニークで、雌しべと雄しべが長く飛び出しています。草丈は1mくらいになり存在感抜群です。蝶が風に舞うような姿からフウチョウソウとも呼ばれています。