エネルギー

家庭のエネルギーに関するカテゴリーです。太陽光、地熱、風力、バイオマスなどのエコ発電の仕組みやメリット・デメリットに関する話題から、HEMS、電力自由化など家庭のエネルギーを考える上で欠かせない旬な話題まで表示しています。ご家庭のエネルギー選択にお役立てください。

エネルギーに関連するキーワード

HEMS 電力自由化 再生可能エネルギー ガス自由化 水道光熱費
>>エネルギーに関連するキーワード一覧

エネルギーの記事一覧

徐々に広まる太陽光発電!導入の価格は?

徐々に広まる太陽光発電!導入の価格は?

今回は一般家庭にも徐々に広まりつつある太陽光発電導入時の価格についてまとめていきます。一言で太陽光発電と言っても太陽電池モジュール、パワーコンディショナー、発電モニターなどさまざまな機器を購入する必要があり、それらを設置する人件費もかかります。今回は太陽光発電導入時の価格に何が含まれているかを簡単に紹介します。


HEMSとスマートメーターの違い!HEMSは内部へ、スマートメーターは外部へ

HEMSとスマートメーターの違い!HEMSは内部へ、スマートメーターは外部へ

今回はHEMSとスマートメーターの違いについてお伝えします。HEMSは家庭内の電気使用量情報を家庭内で活用するための仕組みで、スマートメーターは外部(電力会社など)に電力使用量を伝える仕組みです。正しい知識をつけて新しい仕組みや機器を使いこなしていきたいですね。


こたつの電気代は安い!他の暖房器具とうまく併用しよう!

こたつの電気代は安い!他の暖房器具とうまく併用しよう!

日本の冬の生活に欠かせないこたつ。入ると出られなくなり、ついついダラダラしてしまいますが、電気代を考えると非常に優れた暖房器具です。こたつの外の気温は変わりませんが、他の暖房器具と併用することで効率的な電気利用が可能になります。こたつの電気代や他の暖房器具との比較、併用方法などご紹介します。


HEMSの見守りサービスとは?高齢者を守る大事な機能

HEMSの見守りサービスとは?高齢者を守る大事な機能

家庭の電気使用状況を表示・制御するためのHEMSですが、見守りサービスという機能があります。HEMSの見守りサービスは緊急通知はもとより、未然に病気などを防ぐ役割も期待されているんです。現在社会問題となり、今後ますます増加が予想される高齢者の孤独死問題を防ぐ機能としても期待されています。


いよいよスタート!「電力の自由化」の概要と変わること

いよいよスタート!「電力の自由化」の概要と変わること

2016年4月より行われる電力の自由化によってさまざまな企業が新規参入してきます。それにより、より安い会社や原子力を使わないよりクリーンな会社など電気の購入先を選べるようになります。今回は電力の自由化を前に概要や新規参入する企業、変わることをなどをお伝えします。


エコな生活の代名詞!太陽光発電のデメリットは?

エコな生活の代名詞!太陽光発電のデメリットは?

今回は太陽光発電のデメリットについてまとめていきたいと思います。そもそも太陽光発電とはどのようなものかを紹介し、その後太陽光発電のデメリットについてまとめていきます。しっかりと太陽光発電のデメリットを認識した上で導入を検討しエコな生活を送りましょう。


HEMSとは?今後のエコな生活に欠かせないエコシステム

HEMSとは?今後のエコな生活に欠かせないエコシステム

今回は今後エコな生活を送る上でキーワードとなる「HEMS」について紹介します。そもそもHEMSとはどのようなもので、導入することでどのように生活が変わるのか。また節電や省エネにどのように繋がるのかなどを紹介していきます。


オイルヒーターの電気代は高くない!実は優れた暖房器具

オイルヒーターの電気代は高くない!実は優れた暖房器具

オイルヒーターは暖房器具のひとつです。暖まるまでに時間がかかりますが、エアコンなどと違い乾燥しないため、他の家電を使わずに済みます。高いと言われる電気代も他の暖房器具に比べて高いわけではなく、実は効率的な暖房が可能です。今回はオイルヒーターの電気代やメリット・デメリットについてお伝えします。


エアコンに次ぐ消費電力第2位!冷蔵庫の節電を始めよう!

エアコンに次ぐ消費電力第2位!冷蔵庫の節電を始めよう!

冷蔵庫はエアコンについで消費電力が大きい家電です。24時間つけっぱなしの状態を変えるわけにはいかず、節電方法が少ないと思われがちですです。しかし、今回紹介する方法を実践すれば年間数千円の節電が可能です。節電方法や節電グッズを紹介します。


おしゃれすぎ♡節電タップを使って節電しながらインテリアしよう!

おしゃれすぎ♡節電タップを使って節電しながらインテリアしよう!

節電用のスイッチ付きの電源タップを利用する方が増えています。その理由は、実は電気料金の一部を待機電力が占めているから。そんなとき節電タップを利用することによって、待機電力を減らすことができます。そして、できるならお部屋のインテリアにもなりそうなおしゃれなものがあればうれしいですよね。そんなアイテムをご紹介します。