お風呂・トイレ

お風呂・トイレに関するカテゴリーです。お風呂やトイレはリラックスできる場所でもあり、家事が大変な場所でもあります。お風呂やトイレタイムを充実させるためのプチプラグッズ、なるべく水道光熱費を抑える工夫、お風呂やトイレをキレイに保つためのノウハウなどの情報を中心に掲載しています。

お風呂・トイレに関連するキーワード

トイレマット バスマット バスグッズ トイレ用品
>>お風呂・トイレに関連するキーワード一覧

お風呂・トイレの記事一覧

大幅に節水できる便利グッズ「シャワーヘッド」の効果や人気商品

大幅に節水できる便利グッズ「シャワーヘッド」の効果や人気商品

節水シャワーヘッドはご存知の方が多いと思います。シャワーに取り付けるだけで水量を抑えてくれ節水できる便利グッズです。どのくらい節水できるのか、水圧は変わらないのか、温度は変わらないのかなどの疑問や人気商品など紹介します♪


できるだけお金をかけないでトイレの収納をすっきりと!

できるだけお金をかけないでトイレの収納をすっきりと!

できるだけお金をかけないでトイレにあるいろいろなものをおしゃれに収納したい・・・。そんな人のためのお助けアイテムを探してみました。100均グッズなども利用すると、かなりリーズナブルにトイレがすっきり片づけられます。ちょっとした工夫で素敵にトイレの収納ができるとうれしいですよね。


水を使わないバイオトイレとは?

水を使わないバイオトイレとは?

バイオトイレはコンポストトイレとも呼ばれ、便槽の中にオガクズを詰めて攪拌することで堆肥化させるトイレのことです。山小屋のトイレなどで使われることが多いですが、一般家庭用も販売されています。バイオトイレの仕組みや使い方、気になる衛生面など紹介します。


本当にエコなトイレットペーパーとは

本当にエコなトイレットペーパーとは

トイレットペーパーの原料の多くはリサイクルされた紙や牛乳パックなどが使われています。たくさんの製品がある中でどのトイレットペーパーがエコなのでしょうか? 今回は本当にエコなトイレットペーパーとは何かを考えてみました。


地球にも人にも優しい「檜風呂」のすすめ

地球にも人にも優しい「檜風呂」のすすめ

檜風呂は地球にも人にも優しいお風呂です。日本の森林は手入れが行き届いていないため、国産材を使った製品は使うだけでエコに貢献しています。リラックス効果も高く人にとっても優しいです。檜風呂のすすめということで、エコな理由、手入れの仕方、耐久性、価格などを紹介します。


最高のリラックスタイムを♡エコな「お風呂グッズ」で浴槽をおしゃれに

最高のリラックスタイムを♡エコな「お風呂グッズ」で浴槽をおしゃれに

お風呂は一番リラックスができる場所にしたいですよね。今回はエコにおしゃれにリラックスができるお風呂グッズを紹介します。浴槽がおしゃれになると、綺麗に保とうと思いますし、楽しくなりますし良いことがたくさんあります。


トイレカバーを使って節電とトイレインテリア♡

トイレカバーを使って節電とトイレインテリア♡

トイレカバーはお尻が冷たくなる冬場には必須のアイテムです。最近は電気で温めてくれる暖房便座が一般的ですが、節電になるトイレカバーを推したいと思っています。マットやタンクと合わせてインテリアも楽しめるので、トイレタイムが一層楽しいものになりますよ。


風呂椅子を買う前に見てほしい!エコでおしゃれな国産材を使った製品

風呂椅子を買う前に見てほしい!エコでおしゃれな国産材を使った製品

風呂椅子はプラスチックやアクリルを使った素材が多いですが、桧などの国産材を使った風呂椅子はエコでインテリア性も高いです。エコな理由は国産材製品を購入することで日本の森林が活性化されるためです。今回は国産材を使った風呂椅子を紹介します。


【節水】お風呂の水を自動で止める便利グッズ「自動止水装置」

【節水】お風呂の水を自動で止める便利グッズ「自動止水装置」

お風呂の水が溢れてしまった経験を持つ方は多いと思います。10分~15分くらいだと思い別のことをやりながら待っていると、「あっ忘れてた!」と慌てた時には既に遅しといった感じです。今回はそんな悩みを解消する便利グッズを紹介します。


実は家庭の水消費1位!トイレの節水方法5選

実は家庭の水消費1位!トイレの節水方法5選

トイレは家庭の中で最も水を使う場所と言われています。水道代の25%~30%がトイレを流す水で消費されているのです。コスト削減の基本は一番大きい部分を削ること!ということで、今回はトイレのおすすめ節水方法5選をお送りします。


無理をせずにお風呂の水道代・ガス代・電気代を節約する方法5選

無理をせずにお風呂の水道代・ガス代・電気代を節約する方法5選

光熱費でお風呂が占める割合は約4分の1と言われています。水道・ガス・電気全てにのしかかってくるので、家計にも環境にも負担がかかります。今回は、簡単に光熱費を節約できる方法5選を紹介します。