ダイソン扇風機の電気代は高い?今さら聞けない仕組みとは?

ダイソン扇風機の電気代は高い?今さら聞けない仕組みとは?

ダイソンは羽根のない扇風機で業界の常識を覆しました。掃除機でも革新的な製品を出しています。ただ、よく聞かれるのが電気代が高いという声です。今回はダイソン扇風機の電気代が実際にどの程度なのか、通常の扇風機に比べて高いのか、また種類や仕組みについてもおさらいしたいと思います。


ダイソン扇風機の種類

ダイソンの扇風機は形状によって、テーブルファンとタワーファンに分かれます。テーブルファンはファンの部分が円形になっているタイプで、タワーファンはファンの部分が細長い円形になっているタイプです。

テーブルファン

重量:1.83kg
サイズ:552x356x147mm
最大消費電力:21W

タワーファン

重量:2.85kg
サイズ:1007x230x230mm
最大消費電力:52W

ダイソン扇風機の仕組み

羽がないのにどうやって風を送っているのか、不思議に感じて調べた方も多いと思います。ダイソンの扇風機はファンを支えている円柱部分に羽根とモーターが入っています。そこから作られた風がファンに空いている僅かな隙間から放出されています。

ダイソン扇風機の電気代

先程扇風機の種類で紹介しましたが、最大消費電力はテーブルファンで21W、タワーファンで52Wです。つまり電気代は非常に安いです。

・テーブルファンの電気代(1kWhあたり25円で計算)
0.021kWh×25円=0.5円

・タワーファンの電気代(1kWhあたり25円で計算)
0.052kWh×25円=1.3円

1時間あたりの電気代は0.5円と1.3円です。1日5時間を1ヶ月間使用しても75円と195円なので非常に安いことがわかります。

一般的な扇風機の電気代は?

一般的な扇風機は羽の大きさにより消費電力が異なります。羽の大きさは5種類に分類されていて、それぞれの消費電力は以下のとおりです。

20cm(35W以下)
25cm(50W以下)
30cm(65W以下)
35cm(80W以下)
40cm(100W以下)

ダイソンの扇風機は一般的な扇風機の20cm~25cm羽と変わらない消費電力だとわかります。つまり、電気代が一般的な扇風機に比べて高いことはありません。

人気のホットアンドクールは別物

ダイソンには暖かい風と涼しい風の両方を1台でカバーできるホットアンドクールという人気の種類があります。涼しい風の方は扇風機と同じ機能なので消費電力に違いはありませんが、暖かい風(ヒーター)の消費電力は1,200Wと大きいので注意が必要です。おそらくダイソン扇風機の電気代が高いと言われるのは、ヒーター機能も入れて考えてしまっているためだと思われます。

1,200Wというと非常に大きな消費電力ですが、一般的な電気ストーブも同じくらいの消費電力です。そのため、暖房器具で考えた際にダイソンホットアンドクールが特別高いということはありません。

まとめ

ダイソン扇風機の電気代は高くありません。一般の扇風機と比べても、むしろ優れているか同じくらいに電気代になります。ただしヒーター機能は別物です。よく消費電力を確認した上で購入することをおすすめします。

関連するキーワード


電気代 ダイソン 扇風機

関連する投稿


コストコは扇風機も販売中。ダイソン、バルミューダなど人気ブランドが格安!

コストコは扇風機も販売中。ダイソン、バルミューダなど人気ブランドが格安!

コストコは会員制のスーパーとして人気のショップです。そのため食材の印象が強いですが、コストコでは扇風機をはじめとした家電の取り扱いも行っています。コストコで販売している扇風機の中にはダイソン、バルミューダといった人気ブランドも含まれておりますので、お得です。


IH炊飯器とは?電気代やおすすめ商品が知りたい!

IH炊飯器とは?電気代やおすすめ商品が知りたい!

炊飯器にはいろいろな加熱方法があります。中でも最近主流なのがIHです。IH炊飯器は電磁力で釜全体が発熱し、ムラなく高火力でご飯を炊き上げてくれます。ただ、「電気代が高いのでは?」「どこのメーカーがおすすめなの?」といった疑問も多いです。そこで今回はIH炊飯器の概要や電気代、おすすめ商品を紹介します。


暖房のエネルギー効率を高める知っておきたい10のヒント

暖房のエネルギー効率を高める知っておきたい10のヒント

まだまだ暑い時期が続きますが、お店には秋めいた商品が並び、台風も多くなって、秋の足音が聞こえてきました。もうすぐ暖房が必要になってくる季節です。暖房を効率的に稼動させ、エアコンを使ってより少ないエネルギーで部屋を暖かくする方法を紹介しようと思います。


アイロンの電気代はどのくらい?種類や選び方と合わせて紹介。

アイロンの電気代はどのくらい?種類や選び方と合わせて紹介。

アイロンは衣類のシワを伸ばしてきれいにするための家電です。特にワイシャツやブラウスなどフォーマルな衣類には欠かすことができません。ただ、アイロンは熱やスチームを使って衣類を伸ばすため消費電力が大きそうです。一体、一回のアイロン掛けにどのくらいの電気代がかかっているのでしょうか?


ダイソンの掃除機の電気代はどのくらい?紙パック式掃除機と比べて高い?

ダイソンの掃除機の電気代はどのくらい?紙パック式掃除機と比べて高い?

ダイソンの掃除機はサイクロン式と呼ばれるタイプです。サイクロン式は従来の紙パック式掃除機よりも電気代が安いと言われていますが、ダイソンの掃除機はどうなのでしょうか? 吸引力が凄いけど電気代は高いといった噂もあり、少し不安です。そこでダイソン掃除機の電気代を紹介したいと思います。


最新の投稿


ヴィエナの椅子5選|19世紀ウィーンの雰囲気漂うおしゃれなアイテムが豊富

ヴィエナの椅子5選|19世紀ウィーンの雰囲気漂うおしゃれなアイテムが豊富

ヴィエナは約40年前に西麻布にて設立されたアイテックが手がけるファニチャーブランドの一つです。ヴィエナ(VIENNA)というブランド名からも想像できる通り、ウィーンの雰囲気を再現した商品が豊富です。高度な曲木技術が使用された椅子は独特なフォルムの商品が多いですが、幅広い雰囲気のお部屋にマッチします。


北海道のシュノーケリングスポット3選|神秘的な「青の洞窟」で特別な体験を!

北海道のシュノーケリングスポット3選|神秘的な「青の洞窟」で特別な体験を!

北海道と言えばウィンタースポーツ・アクティビティのイメージですが、シュノーケリングのようなサマーアクティビティも十分に楽しむことができます。特に「青の洞窟」で行われるシュノーケリングは神秘的な雰囲気があり、非常におすすめです。青空の下だけでなく、洞窟内のシュノーケリングもぜひ経験してみてください。


クラッセの椅子5選|最上級の暮らしを実現するアイテムが豊富

クラッセの椅子5選|最上級の暮らしを実現するアイテムが豊富

クラッセはレグナテックが展開するファニチャーブランドです。ブランドイメージは最上級の暮らしとなっており、いずれもシンプルで落ち着いた雰囲気の商品が多いです。しかし、ただシンプルなだけではなく、張地などの種類は豊富で、ポップなカラーリングもあり、遊び心も忘れていません。


東海のシュノーケリングスポット3選|静岡中心にきれいな海を堪能

東海のシュノーケリングスポット3選|静岡中心にきれいな海を堪能

東海エリアにもシュノーケリングを楽しめるスポットは充実しています。伊豆、熱海など主に静岡が中心となっており、関東圏からもアクセスしやすく、日帰りできるプランもあるため、気軽に楽しむことができます。いずれのスポットもきれいな海を堪能できますので、おすすめです。


カンディハウスの椅子5選|旭川での有名な家具ブランド。デザイン性も実用性も納得の品質!

カンディハウスの椅子5選|旭川での有名な家具ブランド。デザイン性も実用性も納得の品質!

カンディハウスは国内有数の家具産地「北海道・旭川」にある家具ブランドの一つです。旭川の中でも中心的なブランドとして、国内外から評価されています。実用性・機能性を満たしつつも、デザイン面でもユーザを楽しませてくれます。