セスキ炭酸ソーダは洗濯槽のカビ取りに使える?

セスキ炭酸ソーダは洗濯槽のカビ取りに使える?

洗濯や掃除の万能アイテムとして使われるようになったセスキ炭酸ソーダは、洗濯槽のカビ取りにも使えます。ただし、それほどの効果は見込めず、本格的な洗濯槽洗浄には酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)が効果的です。今回は洗濯槽のカビのサインや洗浄方法をご紹介します。


洗濯槽のカビ、どうやって確認するの?

洗濯が終わった後、洗濯物に黒いカスが付着していることはありませんか? これは「ぴろぴろワカメ」と呼ばれています。洗濯槽の裏側にある黒カビが剥がれたものです。洗剤カスや石鹸カスが原因で洗濯槽の裏側に黒カビが発生してしまいます。完全に予防するのは難しく、定期的に洗濯槽を洗浄することが必要です。

セスキ炭酸ソーダでは効果が薄い

セスキ炭酸ソーダを洗濯槽の洗浄に使うことができます。しかし、効果は薄いです。というよりも黒カビを増殖させない力があるというのが正しいです。セスキ炭酸ソーダはアルカリ剤になりますが、洗剤や石鹸と違い無機物なので黒カビの原因になりません。つまり、普段の洗濯をセスキ炭酸ソーダで行うことで、黒カビの予防につながります。

洗濯槽のカビを洗浄する方法

1、洗濯機に40~50℃のお湯を50リットル入れる

2、酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を500g入れる

3、「洗い」で2分~3分程攪拌する

4、一晩置く

5、再度2分~3分攪拌する

6、浮いているカビを取る

7、排水して残ったカビを取る

8、洗浄のため「洗い」から「脱水」まで洗濯機を回す

なぜ酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)が効果的なのか?

3番の工程で既に結構なカビが浮いてくるはずです。酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)が効果がある理由は発泡力。水に溶けると、炭酸ソーダと過酸化水素に分離され、カビと洗濯槽の間に入り込みカビを浮かび上がらせてくれます。

洗濯槽の黒カビを予防する方法

・セスキ炭酸ソーダを洗濯に使う
アルカリ剤は洗剤カスや石鹸カスが出ないので、黒カビの原因になりません。

・洗剤を使いすぎない
溶けなかった洗剤はカスとなり黒カビの発生原因になります。適量を使用してください。

・洗濯後、洗濯槽を乾燥させる
洗濯が終わった後は、蓋をせずに開けっ放しにして乾燥させましょう。カビは湿気により繁殖します。

まとめ

洗濯槽のカビは定期的に酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を使って洗浄するのが効果的です。頻度は3ヶ月に1回くらいがいいと思います。セスキ炭酸ソーダにはカビ取り自体の効果はなく、新たなカビを発生させない予防効果が期待できます。適材適所で使い分けてください。

関連する投稿


無印良品の洗濯機はどう?機能や口コミを紹介。

無印良品の洗濯機はどう?機能や口コミを紹介。

無印良品は家具や生活用品、食料品と幅広い商品を扱っています。そして今回紹介する洗濯機などの生活家電も販売しています。もちろん無印良品が製造しているわけではなくOEMになりますが、無印良品らしいシンプルなデザインは魅力です。今回は無印良品の洗濯機の機能や口コミについて紹介します。


掃除に使える「重曹」「セスキ炭酸ソーダ」「クエン酸」の特徴や違いは?どこの掃除に向いている?

掃除に使える「重曹」「セスキ炭酸ソーダ」「クエン酸」の特徴や違いは?どこの掃除に向いている?

今や掃除の定番となっているのが「重曹」「セスキ炭酸ソーダ」「クエン酸」です。100円ショップやドラッグストアでも当たり前のように販売されています。ただ、これら洗剤のことをあまり詳しく知らない方もいると思います。そこで、それぞれの特徴や違い、どこの掃除に向いているかなどを紹介します。


酸素系漂白剤の使い道は?掃除方法と合わせて紹介。

酸素系漂白剤の使い道は?掃除方法と合わせて紹介。

酸素系漂白剤は過炭酸ナトリウムが主成分です。水に溶けると活性酸素を出し、その力で汚れを落としてくれます。酸素系漂白剤が掃除に使えるというのはよく聞きますが、実際どこで使うのかは意外と知らない方も多いのではないでしょうか。そこで酸素系漂白剤が使える場所や掃除方法について紹介します。


塩素系漂白剤と酸素系漂白剤の違いとは?洗濯槽にはどっちを使うの?

塩素系漂白剤と酸素系漂白剤の違いとは?洗濯槽にはどっちを使うの?

衣類や洗濯槽を洗う際に使う漂白剤。大きく塩素系漂白剤と酸素系漂白剤があります。ただ、この2つの違いってご存知ですか? 購入する際に迷ってしまう方も一定数いるように思います。今回は塩素系漂白剤と酸素系漂白剤の特徴や違い、そして洗濯槽の掃除に適した漂白剤を紹介します。


カーペットの染み抜き方法。セスキ炭酸ソーダ&重曹が効果的!

カーペットの染み抜き方法。セスキ炭酸ソーダ&重曹が効果的!

飲みこぼしや食べこぼし、ペットの尿などが原因でできたカーペットの染みは掃除が大変です。慌てて雑巾でこすったら余計に染みが広がってしまった...。そんな経験をした方は少なくないのではないでしょうか。カーペットの染み抜きにおいて、こするというのは逆効果なんです。セスキ炭酸ソーダと重曹を使った染み抜き方法を紹介します。


最新の投稿


北陸・富山のラフティングスポット3選|黒部、庄川、神通川などおすすめ!

北陸・富山のラフティングスポット3選|黒部、庄川、神通川などおすすめ!

北陸・富山にもラフティングを楽しめる川が存在します。黒部川や庄川、神通川などが有名です。急流でスリルを楽しむと言うよりは、まずはラフティングを経験してみるという初心者にピッタリなスポットが多いので、ぜひチェックしてみてください。


匠工芸の椅子5選|ユニークでかわいらしい商品がいっぱい!

匠工芸の椅子5選|ユニークでかわいらしい商品がいっぱい!

匠工芸は北海道にある木製家具メーカーです。名前からも分かるように職人の技を活かした商品を多く販売しています。匠工芸では伝統的な技術を使って新しいまたはユニークなコンセプトの家具を多く発表しており、椅子も充実しています。休みの日にゆったりしたりするのにピッタリな商品ばかりですのでぜひチェックしてみてください。


東北のラフティングスポット3選|山形・青森・岩手などの観光と合わせて!

東北のラフティングスポット3選|山形・青森・岩手などの観光と合わせて!

東北エリアにもラフティングを楽しめるスポットが充実しています。山形、青森、岩手とそれぞれにおすすめのスポットがありますので、是非チェックしてみてください。初心者向けの緩やかな川や、逆に国内有数の急流でラフティングを楽しめるスポットなど幅広いです。


飛騨産業の椅子5選|人気木工家具メーカーの自然を活かした椅子を堪能

飛騨産業の椅子5選|人気木工家具メーカーの自然を活かした椅子を堪能

飛騨産業は前身となる会社が1920年に設立されており、今年で97年期を向かえる老舗木工家具メーカーです。伝統的な技術活かした商品だけでなく、近代的なコンセプトのシリーズも発表しており、非常に先進的なメーカーとしても有名です。


北海道のラフティングスポット5選|国内トップクラスの”きれいな”川を堪能

北海道のラフティングスポット5選|国内トップクラスの”きれいな”川を堪能

北海道はウィンタースポーツのイメージが強いですが、ラフティングのようなアクティビティを堪能できるスポットも豊富にあります。北海道のラフティングスポットとなる川は国内でも有数の良質な水質の場所が多く、とてもきれいです。また、それぞれのラフティングスポットは子供と一緒に楽しめるので、家族旅行などにもピッタリです。