ガスファンヒーターのガス代はどのくらい?ガスストーブとの違いは?

ガスファンヒーターのガス代はどのくらい?ガスストーブとの違いは?

冬の暖房器具としてガスファンヒーターを使っている方は多いと思います。メインの暖房器具にしている場合は1日中使うものなので、ガス代が気になります。今回はガスファンヒーターにかかるガス代と電気代、ガスストーブとの違いについて詳しく紹介します。


ガスファンヒーターとは

ガスファンヒーターはガスを燃焼させて、高温になったガスをファンにより温風として吹き出す仕組みです。ガスストーブの場合はファンがついておらず、ガスを燃焼させることでパネルが熱くなり赤外線により徐々に暖かくなります。

ガスファンヒーターはガス代と電気代がかかる

ガスファンヒーターはファンで電気を使うため、ガス代に加えて電気代がかかってきます。一方のガスストーブは電池だけで動くタイプがあり、電気代がかからない製品がたくさん販売されています。停電時や緊急時は電源不要のガスストーブがあると便利です。

ガスファンヒーターのガス代

もちろん製品にもよりますが、東京ガスによると1日8時間ガスファンヒーターを使った場合のガス代目安は以下の通りとなっています。

20号で1日8時間使うと約110円のガス代がかかります。1ヶ月3,300円なので、エアコンと比べると2倍くらい高くなります。

ガスファンヒーターの電気代

ガスファンヒーターは上のガス代に加えて電気代もかかります。ただ、ガスがメインの暖房器具なので電気代は非常に安いです。消費電力は20W~30W程で、1時間あたり0.5円~0.75円程です。1日8時間使用して4円~6円、1ヶ月で120円~180円となります。

ガス代と合わせると20号で3,500円程が目安になってきます。

ガスファンヒーターのメリット・デメリット

メリット

・暖まるまでの時間が早い
数秒で点火してすぐに温風が排出されます。

・空気が乾燥しない
これはエアコンに比べ大きなメリットになります。ガスの燃焼により蒸気が出るためです。エアコンを使うよりも加湿器の使用が抑えられるでしょう。

・燃料補給が必要ない
石油ファンヒーターのように灯油を補給する必要がありません。ガス栓に繋ぐだけで暖めてくれます。

デメリット

・ガス代、電気代
エアコンに比べると2倍程の金額がかかります。

・設置場所が限られる
ガス栓に繋ぐ必要があるので、自分の好きな場所に置けないことがあります。

・換気が必要
1時間に1回程度は換気が必要になります。

まとめ

ガスファンヒーターはガス代と電気代がエアコンに比べると結構高くつきますが、メインの暖房器具と考えると、そこまで高いわけではありません。エアコンが苦手な方にとっては有力な選択肢の一つになると思います。メリットとデメリットをよく検証して選んでみてください。

関連するキーワード


ガス代 ガスファンヒーター

関連する投稿


節電&節ガスに!鍋帽子を使った調理をしよう♪

節電&節ガスに!鍋帽子を使った調理をしよう♪

鍋帽子をご存知ですか? 少し前に話題になりましたが、鍋に被せる帽子のことです。と言われてもどういう使い方をするのかよくわからないですが、料理をひと煮立ちさせた後に、鍋に被せることで余熱による調理ができるアイテムなんです。電気代、ガス代の節約に繋がり、料理も美味しく仕上がります。


寒い時期をエコで暖かく過ごすアイディア!ストーブや樹脂窓、ビニールハウスまで!

寒い時期をエコで暖かく過ごすアイディア!ストーブや樹脂窓、ビニールハウスまで!

寒い時期になりました。今回は寒さをしのぐための方法をいくつか紹介していきたいと思います。あえて外でストーブにあたってみたり、樹脂窓で外気を遮断したり、突飛ですが、家全体をビニールハウスで覆ってみたりなどいろいろ紹介していきます!


太陽光の力でエコに料理できる「ソーラークッカー」が大流行!電気、ガス不要!

太陽光の力でエコに料理できる「ソーラークッカー」が大流行!電気、ガス不要!

今回は太陽光の力を利用してエコに調理を行うことができるソーラークッカーについてまとめていきたいと思います。太陽光を反射させて、光を吸収している黒色のフライパンや鍋を使って調理できます。身近な空き缶を使って作ることもできますよ!


キッチンの蛇口を交換して節水しよう!

キッチンの蛇口を交換して節水しよう!

キッチンの蛇口は約10年が寿命と言われています。10年くらい経つと水漏れが発生りたり異音が出たりしてきます。修理という方法もありますが、部品代や工事費を考えると、蛇口を交換してしまった方が安くなる場合もあります。節水タイプの蛇口をつければさらに経済的です。


人気の自転車ブランド3選!おしゃれな自転車で、街乗りを楽しもう!

人気の自転車ブランド3選!おしゃれな自転車で、街乗りを楽しもう!

エコや健康志向が高まり、若者を中心に自転車ブームが訪れました。雑誌のスナップでも取り上げられるように、自転車をファッションの一部として愛用する人も増えています。せっかく取り入れるなら、人とは被らないアイテムで差をつけましょう!今回は、これから人気が出そうな自転車ブランドを3つご紹介します。


最新の投稿


関東のSUPプラン3選|アクセス良好で、手軽に楽しむ水上散歩♪

関東のSUPプラン3選|アクセス良好で、手軽に楽しむ水上散歩♪

SUPは立ちながらボートを漕ぐ水上アクティビティの一つです。比較的手軽に楽しめるアクティビティとなっており、数時間のレッスンで十分に楽しめるスキルが身につきます。関東にもSUPを楽しめるスポット・プランは充実しております。


広松木工の椅子5選|シンプルかつ実用的なプロダクトが魅力的!

広松木工の椅子5選|シンプルかつ実用的なプロダクトが魅力的!

広松木工は日本の五大家具産地に数えられている福岡県大川市に拠点を置く家具メーカーです。約70年に渡って、シンプルかつ実用性の高い家具を製造し続けています。豪華絢爛な装飾はありませんが、スッキリとしたフォルムで機能性は高い椅子が好評です。


沖縄のパラセーリングプラン3選|美しい海を空から眺める!

沖縄のパラセーリングプラン3選|美しい海を空から眺める!

沖縄のアクティビティの一つにパラセーリングがあります。パラセーリングを体験すると、美しい沖縄の海を空から眺めることが可能となり、絶景な景色を堪能できます。海の空中散歩を堪能できますし、ちょっと空いた時間に参加できますので、要チェックです。


フリッツ・ハンセンの椅子5選|北欧でも人気の家具メーカー!

フリッツ・ハンセンの椅子5選|北欧でも人気の家具メーカー!

フリッツ・ハンセンは北欧の家具メーカーの中でも人気のブランドの一つです。また、同社の発表している椅子は「セブンチェア」「アリンコチェア」「エッグチェア」などデザイン性が高く、さらに世界的にも評価されている製品が充実しています。


関東のバンジージャンプスポット3選|国内随一の高さも体験できる!

関東のバンジージャンプスポット3選|国内随一の高さも体験できる!

関東には40m台から国内でもっとも高い100mまでのバンジージャンプスポットがあります。はじめてバンジージャンプを体験する方も、何度も経験されたことがある方も十分に楽しめるエリアとなっています。特に国内一の高さを誇る竜神バンジーは踏み出すことさえできれば最高に気分が良いと好評です。