エアコンの除湿の電気代は高い?冷房とどちらがお得?

エアコンの除湿の電気代は高い?冷房とどちらがお得?

皆さんはエアコンの除湿を使っていますか? 梅雨や夏はジメジメするので、冷房を使わずに除湿を使っている方は一定数いるかなと思います。また、最初に除湿をして、その後冷房に切り替える場合もあるかなと思います。気になるのが電気代ですが、除湿はどのくらいかかるのでしょうか? 冷房よりも安いのでしょうか?


除湿とは

除湿は湿度を下げることを目的とした機能です。基本的には温度を下げることなく、湿度だけでを下げてくれます。ただ、実は除湿には2つの方法があります。1つの方法は冷房と同じような効果を発揮するため、温度を下げてくれる効果もあります。夏に除湿運転すると部屋が涼しく感じられるのはこのためです。

エアコン除湿の種類

除湿には「弱冷房除湿」と「再熱除湿」という2種類の方法があります。弱冷房除湿は空気を吸い込んで水分を落とした冷たい空気を排出します。弱めの冷房をかけているのと同じ効果があります。一方の再熱除湿は空気を吸い込んで水分を落とした後に、最適な温度に温めてから空気を排出する仕組みになっています。

使用しているエアコンによって除湿の機能は異なります。両方ある場合もあれば、片方しかない場合もあります。これは取扱説明書やメーカーのホームページに載っているはずです。

エアコン除湿の電気代

エアコンは消費電力が一定ではないため、単純に電気代の計算をすることができません。ですが、「弱冷房除湿」「再熱除湿」「冷房」の消費電力は大きい順に以下のようになります。

・「再熱除湿」>「冷房」>「弱冷房除湿」

再熱除湿は空気を暖める工程があるため、冷房よりも消費電力が大きくなります。つまり、電気代を考えると弱冷房除湿を使うのが最も経済的ということです。

大手空調メーカー・ダイキンのホームページにありますが、目的によって使い分けることが重要です。弱冷房除湿で快適に過ごせるのであれば、電気代を考えるとわざわざ冷房機能を使う必要はないでしょう。

再熱除湿は使う必要がある?

ここまで見ると再熱除湿は電気代も高いし温度も下がらないので、あまり使い勝手が良くなさそうにも見えます。ただ、冷房や弱冷房除湿は冷えすぎて快適と感じられない方は多くいます。寒がりや冷え性の方には再熱除湿は欠かせない機能になります。

まとめ

電気代を考えると弱冷房除湿は冷房よりもお得なことがわかりました。再熱除湿は冷房よりも電気代が高いので、使っているエアコンの機能を確かめてみてください。電気代に加えて、それぞれ目的に応じた使い方が重要です。

関連するキーワード


電気代 エアコン

関連する投稿


100均グッズでエアコンをリメイク。家電もインテリアしよう♪

100均グッズでエアコンをリメイク。家電もインテリアしよう♪

エアコンはリビングや寝室など各部屋に設置されていることが多いと思います。シンプルなデザインなので、インテリアによっては気になりませんが、特定のスタイルを作る際は雰囲気を変えたいと思うことも多いです。今回はエアコンを100均グッズでおしゃれにリメイクしている実例を紹介します。


カインズならエアコンや省エネグッズもたくさん!さらにエアコン掃除まで♪

カインズならエアコンや省エネグッズもたくさん!さらにエアコン掃除まで♪

カインズでエアコンが買えるなんて意外に感じる人もいるかもしれませんが、実は高機能のエアコンが格安で買えます。さらに、エコにエアコンを使える関連商品やエアコンの掃除依頼も販売しています。エアコンを掃除することによって、エアコンの電気代節約にもつながります。ぜひ、これらを活用して快適にエアコンを使っていきましょう。


IH炊飯器とは?電気代やおすすめ商品が知りたい!

IH炊飯器とは?電気代やおすすめ商品が知りたい!

炊飯器にはいろいろな加熱方法があります。中でも最近主流なのがIHです。IH炊飯器は電磁力で釜全体が発熱し、ムラなく高火力でご飯を炊き上げてくれます。ただ、「電気代が高いのでは?」「どこのメーカーがおすすめなの?」といった疑問も多いです。そこで今回はIH炊飯器の概要や電気代、おすすめ商品を紹介します。


暖房のエネルギー効率を高める知っておきたい10のヒント

暖房のエネルギー効率を高める知っておきたい10のヒント

まだまだ暑い時期が続きますが、お店には秋めいた商品が並び、台風も多くなって、秋の足音が聞こえてきました。もうすぐ暖房が必要になってくる季節です。暖房を効率的に稼動させ、エアコンを使ってより少ないエネルギーで部屋を暖かくする方法を紹介しようと思います。


アイロンの電気代はどのくらい?種類や選び方と合わせて紹介。

アイロンの電気代はどのくらい?種類や選び方と合わせて紹介。

アイロンは衣類のシワを伸ばしてきれいにするための家電です。特にワイシャツやブラウスなどフォーマルな衣類には欠かすことができません。ただ、アイロンは熱やスチームを使って衣類を伸ばすため消費電力が大きそうです。一体、一回のアイロン掛けにどのくらいの電気代がかかっているのでしょうか?


最新の投稿


関東のSUPプラン3選|アクセス良好で、手軽に楽しむ水上散歩♪

関東のSUPプラン3選|アクセス良好で、手軽に楽しむ水上散歩♪

SUPは立ちながらボートを漕ぐ水上アクティビティの一つです。比較的手軽に楽しめるアクティビティとなっており、数時間のレッスンで十分に楽しめるスキルが身につきます。関東にもSUPを楽しめるスポット・プランは充実しております。


広松木工の椅子5選|シンプルかつ実用的なプロダクトが魅力的!

広松木工の椅子5選|シンプルかつ実用的なプロダクトが魅力的!

広松木工は日本の五大家具産地に数えられている福岡県大川市に拠点を置く家具メーカーです。約70年に渡って、シンプルかつ実用性の高い家具を製造し続けています。豪華絢爛な装飾はありませんが、スッキリとしたフォルムで機能性は高い椅子が好評です。


沖縄のパラセーリングプラン3選|美しい海を空から眺める!

沖縄のパラセーリングプラン3選|美しい海を空から眺める!

沖縄のアクティビティの一つにパラセーリングがあります。パラセーリングを体験すると、美しい沖縄の海を空から眺めることが可能となり、絶景な景色を堪能できます。海の空中散歩を堪能できますし、ちょっと空いた時間に参加できますので、要チェックです。


フリッツ・ハンセンの椅子5選|北欧でも人気の家具メーカー!

フリッツ・ハンセンの椅子5選|北欧でも人気の家具メーカー!

フリッツ・ハンセンは北欧の家具メーカーの中でも人気のブランドの一つです。また、同社の発表している椅子は「セブンチェア」「アリンコチェア」「エッグチェア」などデザイン性が高く、さらに世界的にも評価されている製品が充実しています。


関東のバンジージャンプスポット3選|国内随一の高さも体験できる!

関東のバンジージャンプスポット3選|国内随一の高さも体験できる!

関東には40m台から国内でもっとも高い100mまでのバンジージャンプスポットがあります。はじめてバンジージャンプを体験する方も、何度も経験されたことがある方も十分に楽しめるエリアとなっています。特に国内一の高さを誇る竜神バンジーは踏み出すことさえできれば最高に気分が良いと好評です。