L型キッチンのおすすめレイアウト♪

L型キッチンのおすすめレイアウト♪

L型キッチンはL字型に配置されたキッチンのことです。通常、シンクとコンロが別の場所にあり、冷蔵庫を結ぶとトライアングルになることから、ワークトライアングルができ使い勝手のいいキッチンと言われています。今回はそんなL型キッチンのおすすめレイアウトを紹介したいと思います。


L型キッチンに関して

L型キッチンはL字型に配置されたキッチンのことです。通常、シンクとコンロが別の場所にあり、冷蔵庫を結ぶとトライアングルになることから、ワークトライアングルができ使い勝手のいいキッチンと言われています。

L型キッチンのメリット

・移動が楽
ワークトライアングルが形成されるので、動線がしっかり確保され、余計な移動がなくなります。

・スペースがなくても設置可能
L型キッチンはI型と同じくらい普及しているキッチンで、狭いスペースでも設置が可能です。

L型キッチンのデメリット

・デッドスペースができる
コーナー部分がデッドスペースになりやすくなっています。L型キッチンの場合、コーナー部分の活用法をきちんと考えておく必要があります。

壁が2面使えるL型キッチンのレイアウト

壁面に設置されているL型キッチンの場合、壁が2面使えることになります。この壁を活かさない手はありません。コーナー部分をウォール収納として活用することで、スペースが有効活用できます。

ウォール収納を活用することで、ワークトップの使い勝手がさらによくなります。

窓が角にくるL型キッチンのレイアウト

L型キッチンは窓が角(コーナー)にくることが多いです。この窓に観葉植物を置くなど有効活用することができます。収納にはあまり適しませんが、お気に入りのアイテムを置いてキッチンインテリアを楽しめます。

L型キッチンのコーナー窓は奥行が出るので、インテリアスペースになりますね。

後ろにスペースのあるL型キッチンのレイアウト

L型キッチンはレイアウト次第で背面に広大なスペースができることがあります。カウンターテーブルを置いてもいいですし、ダイニングテーブルを置くこともできます。

ダイニングテーブルを置くと、広々と開放的なダイニングになりますね。

カウンターL型キッチンのレイアウト

背面に収納スペースがあるカウンター型のL型キッチンもあります。U型に近いキッチンレイアウトになります。

ここまでスペースがなくても背面を冷蔵庫だけ置けるようにするレイアウトであれば、カウンターL型キッチンは設置可能です。

まとめ

L型キッチンはワークトライアングルが形成でき、使い勝手のいいキッチンです。見た目もおしゃれで非常に人気があります。ただ、L型と一言で言っても、レイアウトの方法はたくさんあります。特にコーナー部分のデッドスペースをどう活用するかは事前に考えておいたほうがいいと思います。

関連するキーワード


L型キッチン

最新の投稿


関東のSUPプラン3選|アクセス良好で、手軽に楽しむ水上散歩♪

関東のSUPプラン3選|アクセス良好で、手軽に楽しむ水上散歩♪

SUPは立ちながらボートを漕ぐ水上アクティビティの一つです。比較的手軽に楽しめるアクティビティとなっており、数時間のレッスンで十分に楽しめるスキルが身につきます。関東にもSUPを楽しめるスポット・プランは充実しております。


広松木工の椅子5選|シンプルかつ実用的なプロダクトが魅力的!

広松木工の椅子5選|シンプルかつ実用的なプロダクトが魅力的!

広松木工は日本の五大家具産地に数えられている福岡県大川市に拠点を置く家具メーカーです。約70年に渡って、シンプルかつ実用性の高い家具を製造し続けています。豪華絢爛な装飾はありませんが、スッキリとしたフォルムで機能性は高い椅子が好評です。


沖縄のパラセーリングプラン3選|美しい海を空から眺める!

沖縄のパラセーリングプラン3選|美しい海を空から眺める!

沖縄のアクティビティの一つにパラセーリングがあります。パラセーリングを体験すると、美しい沖縄の海を空から眺めることが可能となり、絶景な景色を堪能できます。海の空中散歩を堪能できますし、ちょっと空いた時間に参加できますので、要チェックです。


フリッツ・ハンセンの椅子5選|北欧でも人気の家具メーカー!

フリッツ・ハンセンの椅子5選|北欧でも人気の家具メーカー!

フリッツ・ハンセンは北欧の家具メーカーの中でも人気のブランドの一つです。また、同社の発表している椅子は「セブンチェア」「アリンコチェア」「エッグチェア」などデザイン性が高く、さらに世界的にも評価されている製品が充実しています。


関東のバンジージャンプスポット3選|国内随一の高さも体験できる!

関東のバンジージャンプスポット3選|国内随一の高さも体験できる!

関東には40m台から国内でもっとも高い100mまでのバンジージャンプスポットがあります。はじめてバンジージャンプを体験する方も、何度も経験されたことがある方も十分に楽しめるエリアとなっています。特に国内一の高さを誇る竜神バンジーは踏み出すことさえできれば最高に気分が良いと好評です。