タンポポの育て方!実は食べたり珈琲にしたりと用途豊富!

タンポポの育て方!実は食べたり珈琲にしたりと用途豊富!

タンポポの育て方を紹介します。春になると黄色い花を咲かせ、白綿毛を作るタンポポ。日本各地で見られるなじみの深い植物です。葉を食べたり根を珈琲にしたり、実は用途は豊富です。道端に生えているものは衛生的にどうも・・・という方は、ご自宅で育ててみませんか?


タンポポの基本情報

基本情報

科名:キク科
属名:タンポポ属
学名:Taraxacum
原産地:ユーラシア大陸に広く分布

基本的な育て方

・用土
水はけの良い土を好みますが、土質はそれほどこだわりません。

・水やり
鉢植えの場合は土が乾いたらたっぷりと。地植えの場合は雨水のみで足ります。

・肥料
特に必要ありません。花の付きが悪くなってきたら、緩行性の固形肥料を少量与えても良いでしょう。

・病害虫
いろいろな虫による食害がありますが、育成にはそれほど影響しません。

丈夫な多年草です

タンポポは、どこでも育つとても丈夫な多年草です。冬はロゼットと呼ばれる平べったい形状で寒さをしのぎます。雪が降っても霜がおりても、春になれば元気な葉を出してきます。根は太いゴボウ根で、途中で切れるとその先は伸びなくなり、ひげ根で補います。そのためあまり移植はしないほうが無難です。

植え付けや植え替えの際は、できるだけ土を崩さず、根を切らないように注意しながら行いますが、根が切れてしまっても育ちますし、切れた根の先から新たに芽を出し、新しい株として成長します。タンポポの種は発芽率が悪いため、増やす場合は根伏せといって、切った根から芽を出させる方法が簡単です。

在来種は希少価値あり

タンポポは日本中で見られますが、ほとんどは明治時代に導入され、その後帰化した西洋タンポポです。見分け方は、花が咲いたときに総苞片(花の下の緑色のギザギザ)が、花びらに沿うように付いていたら在来種、花びらから離れるように反り返っていたら西洋タンポポです。近年は在来種と西洋タンポポの交雑種も増えており、日本のタンポポのほとんどは交雑種とも言われます。

在来種の場合は、開花期が3~5月と短いため、夏から秋にかけても咲いているようなら、西洋タンポポか交雑種ということになります。在来種を見つけたら、種ができるのを待って、未詳で育ててみるのも面白いかもしれません。在来種は、カントウタンポポ、シロバナタンポポ、エゾタンポポなどになります。

使い道は多いです

西洋タンポポは、もともと食用として日本に持ち込まれました。自家栽培したきれいなものなら、生食でも大丈夫です。また、根は刻んで干して、乾燥したものをフライパンで乾煎りすると、タンポポコーヒーになります。コーヒーといってもコーヒーほど苦味は無く、ほろ苦い薬湯といった感じです。全草を乾燥させたものは、蒲公英という漢方薬になります。

胃腸を丈夫にしたり、胃炎、肺炎、感染症などの炎症を抑えたり、利尿・発汗作用、母乳の出を良くしたりなど、効能もさまざまです。体を冷やす効果もあるようなので、心配な方はお医者さんに聞いてみたほうが良いでしょう。

もちろん花も可愛いです

タンポポといえば、黄色い花というイメージですが、在来種には白い花もあります。育て方はとても簡単で、お庭に植えると雑草化してしまいそうですが、あえて鉢やプランターに植えて、観賞用として育ててみるのも面白いですよ。

関連するキーワード


緑化 多年草 タンポポ

関連する投稿


ダチュラの育て方!きれいな花と甘い芳香、毒には注意

ダチュラの育て方!きれいな花と甘い芳香、毒には注意

ダチュラの育て方を紹介します。ダチュラはインドや熱帯アメリカ原産の植物です。主にチョウセンアサガオと呼ばれるダチュラ・メテルという品種が栽培されています。チョウセンと付きますが、朝鮮原産ではなく広く海外という意味があります。きれいな花と甘い芳香がありますが、毒には注意が必要です。


ダールベルグデージーの育て方!黄色い小花が可愛い

ダールベルグデージーの育て方!黄色い小花が可愛い

ダールベルグデージーの育て方を紹介します。ダールベルグデージーは中米原産の一年草です。本来は多年草ですが、日本では一年草として扱うことが多いです。キク科らしい黄色い小花がたくさん咲き、環境が良ければ春から秋まで開花を楽しめます。草丈は30cm程度です。


セントポーリアの育て方!バラエティに富んだ室内に適した植物

セントポーリアの育て方!バラエティに富んだ室内に適した植物

セントポーリアの育て方を紹介します。セントポーリアはアフリカ原産の多年草です。20種類ほど存在しています。茎が伸びないロゼット型と茎が這うように伸びるトレイル型に大別されますが、園芸的に栽培されるのはロゼット型が多いです。豊富な花色や形があり、バラエティに富んでいます。あまり太陽に当てる必要がなく室内向きです。


シラサギカヤツリの育て方!繊細な花姿

シラサギカヤツリの育て方!繊細な花姿

シラサギカヤツリの育て方を紹介します。シラサギカヤツリはアメリカ原産の多年草です。湿地に育つ水生植物になります。細長い花茎を伸ばし花穂を立ち上げます。白い部分は花ではなく苞で、実際の花は小さくて目立ちません。全体的に繊細な印象の植物です。開花期は5月~10月までと長く、50cm程度に成長します。


シネラリア(サイネリア)の育て方!カラフルでこんもりした花姿

シネラリア(サイネリア)の育て方!カラフルでこんもりした花姿

シネラリアの育て方を紹介します。シネラリアはスペイン領カナリア諸島原産の一年草です。本来は多年草ですが、日本では夏越しが難しく一年草として扱われます。白、青、紫、ピンク、黄色などカラフルな花色があり、こんもりと半球状になるのが特徴です。1月~4月まで開花します。


最新の投稿


ダイソーの夏グッズが充実。お出かけ用品もインテリアアイテムも揃う♪

ダイソーの夏グッズが充実。お出かけ用品もインテリアアイテムも揃う♪

5月も後半になり、いよいよ夏の一歩手前となりました。夏はお出かけする機会が増えますし、家の中にいても涼しさを求めます。ダイソーではそんな暑い夏にピッタリなグッズが続々登場しています。


ダチュラの育て方!きれいな花と甘い芳香、毒には注意

ダチュラの育て方!きれいな花と甘い芳香、毒には注意

ダチュラの育て方を紹介します。ダチュラはインドや熱帯アメリカ原産の植物です。主にチョウセンアサガオと呼ばれるダチュラ・メテルという品種が栽培されています。チョウセンと付きますが、朝鮮原産ではなく広く海外という意味があります。きれいな花と甘い芳香がありますが、毒には注意が必要です。


これが100均!? おしゃれな100均DIYのまとめ

これが100均!? おしゃれな100均DIYのまとめ

今や100均材料だけでかなりおしゃれなDIYが楽しめるようになっています。今回は「これが100均!?」と驚くようなDIYをまとめてみました。100均でよく見かけるアイテムも、工夫することですごくおしゃれなアイテムに生まれ変わります。


ディズニーだけじゃない!100均の可愛いキャラクターグッズたち

ディズニーだけじゃない!100均の可愛いキャラクターグッズたち

100均には種類豊富なキャラクターグッズがあります。定番で大人気のディズニーをはじめ、サンリオ、手塚治虫、きかんしゃトーマスなど魅力的なグッズが豊富です。今回は100均で人気のキャラクターグッズたちを紹介します。


ニトリで作る南国のインテリア。ボタニカルなアイテムも多数♪

ニトリで作る南国のインテリア。ボタニカルなアイテムも多数♪

南国を思わせるインテリアは春から夏にかけてピッタリで、非日常的な気分を味わえます。ニトリではリビング・ダイニング・ベッドルームなどで使えるアイテムが充実していて、トータルコーディネートが可能です。人気のボタニカルなデザインも揃っています。