タンポポの育て方!実は食べたり珈琲にしたりと用途豊富!

タンポポの育て方!実は食べたり珈琲にしたりと用途豊富!

タンポポの育て方を紹介します。春になると黄色い花を咲かせ、白綿毛を作るタンポポ。日本各地で見られるなじみの深い植物です。葉を食べたり根を珈琲にしたり、実は用途は豊富です。道端に生えているものは衛生的にどうも・・・という方は、ご自宅で育ててみませんか?


タンポポの基本情報

基本情報

科名:キク科
属名:タンポポ属
学名:Taraxacum
原産地:ユーラシア大陸に広く分布

基本的な育て方

・用土
水はけの良い土を好みますが、土質はそれほどこだわりません。

・水やり
鉢植えの場合は土が乾いたらたっぷりと。地植えの場合は雨水のみで足ります。

・肥料
特に必要ありません。花の付きが悪くなってきたら、緩行性の固形肥料を少量与えても良いでしょう。

・病害虫
いろいろな虫による食害がありますが、育成にはそれほど影響しません。

丈夫な多年草です

タンポポは、どこでも育つとても丈夫な多年草です。冬はロゼットと呼ばれる平べったい形状で寒さをしのぎます。雪が降っても霜がおりても、春になれば元気な葉を出してきます。根は太いゴボウ根で、途中で切れるとその先は伸びなくなり、ひげ根で補います。そのためあまり移植はしないほうが無難です。

植え付けや植え替えの際は、できるだけ土を崩さず、根を切らないように注意しながら行いますが、根が切れてしまっても育ちますし、切れた根の先から新たに芽を出し、新しい株として成長します。タンポポの種は発芽率が悪いため、増やす場合は根伏せといって、切った根から芽を出させる方法が簡単です。

在来種は希少価値あり

タンポポは日本中で見られますが、ほとんどは明治時代に導入され、その後帰化した西洋タンポポです。見分け方は、花が咲いたときに総苞片(花の下の緑色のギザギザ)が、花びらに沿うように付いていたら在来種、花びらから離れるように反り返っていたら西洋タンポポです。近年は在来種と西洋タンポポの交雑種も増えており、日本のタンポポのほとんどは交雑種とも言われます。

在来種の場合は、開花期が3~5月と短いため、夏から秋にかけても咲いているようなら、西洋タンポポか交雑種ということになります。在来種を見つけたら、種ができるのを待って、未詳で育ててみるのも面白いかもしれません。在来種は、カントウタンポポ、シロバナタンポポ、エゾタンポポなどになります。

使い道は多いです

西洋タンポポは、もともと食用として日本に持ち込まれました。自家栽培したきれいなものなら、生食でも大丈夫です。また、根は刻んで干して、乾燥したものをフライパンで乾煎りすると、タンポポコーヒーになります。コーヒーといってもコーヒーほど苦味は無く、ほろ苦い薬湯といった感じです。全草を乾燥させたものは、蒲公英という漢方薬になります。

胃腸を丈夫にしたり、胃炎、肺炎、感染症などの炎症を抑えたり、利尿・発汗作用、母乳の出を良くしたりなど、効能もさまざまです。体を冷やす効果もあるようなので、心配な方はお医者さんに聞いてみたほうが良いでしょう。

もちろん花も可愛いです

タンポポといえば、黄色い花というイメージですが、在来種には白い花もあります。育て方はとても簡単で、お庭に植えると雑草化してしまいそうですが、あえて鉢やプランターに植えて、観賞用として育ててみるのも面白いですよ。

関連するキーワード


緑化 多年草 タンポポ

関連する投稿


ジニア(ヒャクニチソウ)の育て方!長期間開花を楽しめる夏の定番

ジニア(ヒャクニチソウ)の育て方!長期間開花を楽しめる夏の定番

ジニアの育て方を紹介します。ジニアはメキシコ原産の一年草です。15種類ほど存在します。夏の定番植物として人気があり、エレガンスという品種はヒャクニチソウの名前でも有名です。名前のとおり開花期間が長く、初夏から秋まで楽しめます。花色も充実していて可愛らしい花をたくさん咲かせてくれます。


シザンサスの育て方!華やかな花を一斉に咲かせる

シザンサスの育て方!華やかな花を一斉に咲かせる

シザンサスの育て方を紹介します。シザンサスは南米チリ原産の一年草です。10種類ほど存在します。秋まきの一年草で3月~5月に開花し花後は枯れていきます。白、ピンク、赤、紫、黄色など豊富な花色があり模様も華やかです。たくさんの花がまとまって咲くので存在感もあります。


サンビタリアの育て方!這うように広がるヒマワリに似た花

サンビタリアの育て方!這うように広がるヒマワリに似た花

サンビタリアの育て方を紹介します。サンビタリアは中南米原産の一年草です。10種類ほど存在します。春に植え付け、初夏から秋にかけて開花し、冬に枯れます。ヒマワリを小さくしたような花姿が特徴で、黄色い鮮やかな花を咲かせます。這うように広がるので、花壇にも向いている植物です。


ザルジアンスキアの育て方!夜に花開き、甘い香りを漂わせる

ザルジアンスキアの育て方!夜に花開き、甘い香りを漂わせる

ザルジアンスキアの育て方を紹介します。ザルジアンスキアは南アフリカ原産の一年草です。50種類ほど存在します。本来は多年草ですが、日本では夏越しが難しいので一年草として扱われます。夜に花を開く性質があり、日中は半開きの状態になっています。また、夜は甘い香りを漂わせますが、日中は芳香がありません。


コンボルブルスの育て方!アサガオのような花

コンボルブルスの育て方!アサガオのような花

コンボルブルスの育て方を紹介します。コンボルブルスは地中海沿岸原産の植物です。200種類ほど存在し、一年草と多年草のタイプがあります。一年草ではトリカラー、多年草ではサバティウスという品種が一般的です。小さなアサガオのような花姿で、花色は白、紫、ピンク、青などがあります。初夏から夏にかけて開花します。


最新の投稿


ジニア(ヒャクニチソウ)の育て方!長期間開花を楽しめる夏の定番

ジニア(ヒャクニチソウ)の育て方!長期間開花を楽しめる夏の定番

ジニアの育て方を紹介します。ジニアはメキシコ原産の一年草です。15種類ほど存在します。夏の定番植物として人気があり、エレガンスという品種はヒャクニチソウの名前でも有名です。名前のとおり開花期間が長く、初夏から秋まで楽しめます。花色も充実していて可愛らしい花をたくさん咲かせてくれます。


しまむらの「素肌涼やかデニム」はどう?種類や口コミを紹介。

しまむらの「素肌涼やかデニム」はどう?種類や口コミを紹介。

いよいよ冬が終わり春本番といった感じですね。まだ少し寒い日はありますが、衣替えをした方も多いのではないでしょうか。これからどんどん暖かくなっていくので、ファッションでは暑さ対策も重要になってきます。そこでおすすめなのが、しまむらの「素肌涼やかデニム」。種類やクチコミを紹介します。


ニトリで人気のガラスキャニスターに新色が登場!全色揃えたい♪

ニトリで人気のガラスキャニスターに新色が登場!全色揃えたい♪

最近のニトリはおしゃれなアイテムが充実しています。インテリア雑貨はもちろん、キッチン用品でもおしゃれな商品が多く、特に蓋がスチール製のガラスキャニスターは大人気です。今までは白と黒のモノトーンしかありませんでしたが、最近ネイビーとレッドの新色が登場しました。


GUの春バッグが可愛い!人気のワンハンドルから、使える3WAY仕様まで♪

GUの春バッグが可愛い!人気のワンハンドルから、使える3WAY仕様まで♪

春のコーディネート、お洋服の準備はできていても、バッグや靴はまだ...という方も多いと思います。せっかく新しく取り入れるならトレンドアイテムを安く可愛くゲットしましょう!という事で、今回はGUの注目バッグをご紹介します。すでに完売の色や型も出てきているので要チェックです。


キャンドゥのナンバーブロックが可愛い。アンティークな雰囲気に♡

キャンドゥのナンバーブロックが可愛い。アンティークな雰囲気に♡

キャンドゥからナンバーブロックという可愛い雑貨が登場しました。キューブ型のブロックで0~9までの数字がデザインされています。アンティークな加工がされていて、飾るだけでおしゃれです。万年カレンダーにもできますよ。セリアやダイソーのナンバー系雑貨もあわせて紹介します。