ストロベリートマトの育て方!食べられるホオズキ!?

ストロベリートマトの育て方!食べられるホオズキ!?

ストロベリートマトの育て方を紹介します。日本ではホオズキといえば観賞用ですが、フランスやイタリアではホオズキといえば食用です。もちろん観賞用のホオズキとは種類が違います。糖度が12~15と比較的甘いため、ストロベリートマトとも呼ばれ親しまれています。


ストロベリートマトの基本情報法

基本情報

科名:ナス科
属名:ホオズキ属
学名:Physalis pruinosa
原産地:東南アジア

基本的な育て方

・用土
水はけ、水持ちの良い土を好みます。市販の野菜の培養土でかまいません。

・水やり
乾燥に弱いです。土の表面が乾いたら、鉢底から流れるくらいたっぷりと与えます。地植えの場合も様子を見ながら、あまり乾燥するようなら灌水が必要です。

・肥料
育成期の4~6月に化成肥料を与えると育成がよくなります。

・病害虫
カメムシが付くことがありますが、実は袋に守られているのでトマトほどの害は出ません。連作障害があります。

植え付け時の注意

ストロベリートマトは、水はけと水持ちの良い土を好みます。市販の野菜の培養土で育てるのが簡単ですが、自作する場合は赤玉土と腐葉土を6:4の割合くらいで混ぜたものでよいでしょう。トマトなどが育つ土なら、問題なく育てることができるので、トマトの培養土でもかまいません。

地植えの場合の注意としては、ナス科の植物は連作障害が出やすいので、過去にトマトやナスを植えたような土は使用しない方が無難です。連作すると青枯れ病や萎凋(いちょう)病が出やすくなるので、3年程度は感覚を開けた方がよいでしょう。鉢やプランターに植える場合は、植え付けるたびに毎回土を新しくしてください。

水切れに注意

ストロベリートマトは日当たりの良いところを好みますが、乾燥を嫌います。鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えます。地植えの場合でも、真夏などに土があまり乾くようなら雨水だけでは足りないので灌水してください。土の表面が固くポロポロしてくるようなら乾燥しすぎです。地植えの場合は株元に藁などを敷いてマルチングしてやると乾燥を防げます。

ただし、過湿にすると根腐れするので、いつでも土が湿っている状態ではあまり良くありません。特に鉢植えの場合は、毎日ちょこっとずつやるというよりは、土の表面が乾いてからというメリハリが大切です。

種から育てます

ストロベリートマトは種から育てます。発芽温度が25~30度程度なので、遅霜の心配がなくなった3月下旬ころから6月頃に蒔きます。ポットに種を蒔いたら薄く覆土し、土が乾かないように管理していると2~3週間で発芽してきます。本葉が5~6枚になったら植え替えます。早ければ植え付けて1か月程度経過したころから開花し、開花から40~50日経過した頃が収穫期です。

良質の実を作ろうと思ったら、ある程度摘蕾摘果した方がよいでしょう。肥料が十分なら、株に任せてもある程度のものは収穫できます。上にも横にも広がるので、支柱を立てて倒れないようにした方が安全です。

本来は多年草です

ストロベリートマトは、トマトと同じように本来は多年草です。日本の寒さでは越冬できないので一年草扱いです。室内に取り込めば越冬できなくもないですが、無理して越冬させなくても種から新たに育てた方が楽です。育て方はミニトマトとほぼ同じですので、ミニトマトを育てたことがある方なら簡単かと思います。

関連する投稿


ダチュラの育て方!きれいな花と甘い芳香、毒には注意

ダチュラの育て方!きれいな花と甘い芳香、毒には注意

ダチュラの育て方を紹介します。ダチュラはインドや熱帯アメリカ原産の植物です。主にチョウセンアサガオと呼ばれるダチュラ・メテルという品種が栽培されています。チョウセンと付きますが、朝鮮原産ではなく広く海外という意味があります。きれいな花と甘い芳香がありますが、毒には注意が必要です。


ダールベルグデージーの育て方!黄色い小花が可愛い

ダールベルグデージーの育て方!黄色い小花が可愛い

ダールベルグデージーの育て方を紹介します。ダールベルグデージーは中米原産の一年草です。本来は多年草ですが、日本では一年草として扱うことが多いです。キク科らしい黄色い小花がたくさん咲き、環境が良ければ春から秋まで開花を楽しめます。草丈は30cm程度です。


セントポーリアの育て方!バラエティに富んだ室内に適した植物

セントポーリアの育て方!バラエティに富んだ室内に適した植物

セントポーリアの育て方を紹介します。セントポーリアはアフリカ原産の多年草です。20種類ほど存在しています。茎が伸びないロゼット型と茎が這うように伸びるトレイル型に大別されますが、園芸的に栽培されるのはロゼット型が多いです。豊富な花色や形があり、バラエティに富んでいます。あまり太陽に当てる必要がなく室内向きです。


シラサギカヤツリの育て方!繊細な花姿

シラサギカヤツリの育て方!繊細な花姿

シラサギカヤツリの育て方を紹介します。シラサギカヤツリはアメリカ原産の多年草です。湿地に育つ水生植物になります。細長い花茎を伸ばし花穂を立ち上げます。白い部分は花ではなく苞で、実際の花は小さくて目立ちません。全体的に繊細な印象の植物です。開花期は5月~10月までと長く、50cm程度に成長します。


シネラリア(サイネリア)の育て方!カラフルでこんもりした花姿

シネラリア(サイネリア)の育て方!カラフルでこんもりした花姿

シネラリアの育て方を紹介します。シネラリアはスペイン領カナリア諸島原産の一年草です。本来は多年草ですが、日本では夏越しが難しく一年草として扱われます。白、青、紫、ピンク、黄色などカラフルな花色があり、こんもりと半球状になるのが特徴です。1月~4月まで開花します。


最新の投稿


北陸・富山のラフティングスポット3選|黒部、庄川、神通川などおすすめ!

北陸・富山のラフティングスポット3選|黒部、庄川、神通川などおすすめ!

北陸・富山にもラフティングを楽しめる川が存在します。黒部川や庄川、神通川などが有名です。急流でスリルを楽しむと言うよりは、まずはラフティングを経験してみるという初心者にピッタリなスポットが多いので、ぜひチェックしてみてください。


匠工芸の椅子5選|ユニークでかわいらしい商品がいっぱい!

匠工芸の椅子5選|ユニークでかわいらしい商品がいっぱい!

匠工芸は北海道にある木製家具メーカーです。名前からも分かるように職人の技を活かした商品を多く販売しています。匠工芸では伝統的な技術を使って新しいまたはユニークなコンセプトの家具を多く発表しており、椅子も充実しています。休みの日にゆったりしたりするのにピッタリな商品ばかりですのでぜひチェックしてみてください。


東北のラフティングスポット3選|山形・青森・岩手などの観光と合わせて!

東北のラフティングスポット3選|山形・青森・岩手などの観光と合わせて!

東北エリアにもラフティングを楽しめるスポットが充実しています。山形、青森、岩手とそれぞれにおすすめのスポットがありますので、是非チェックしてみてください。初心者向けの緩やかな川や、逆に国内有数の急流でラフティングを楽しめるスポットなど幅広いです。


飛騨産業の椅子5選|人気木工家具メーカーの自然を活かした椅子を堪能

飛騨産業の椅子5選|人気木工家具メーカーの自然を活かした椅子を堪能

飛騨産業は前身となる会社が1920年に設立されており、今年で97年期を向かえる老舗木工家具メーカーです。伝統的な技術活かした商品だけでなく、近代的なコンセプトのシリーズも発表しており、非常に先進的なメーカーとしても有名です。


北海道のラフティングスポット5選|国内トップクラスの”きれいな”川を堪能

北海道のラフティングスポット5選|国内トップクラスの”きれいな”川を堪能

北海道はウィンタースポーツのイメージが強いですが、ラフティングのようなアクティビティを堪能できるスポットも豊富にあります。北海道のラフティングスポットとなる川は国内でも有数の良質な水質の場所が多く、とてもきれいです。また、それぞれのラフティングスポットは子供と一緒に楽しめるので、家族旅行などにもピッタリです。