スプラウトの育て方!簡単に栽培できて、健康食品として注目!

スプラウトの育て方!簡単に栽培できて、健康食品として注目!

スプラウトの育て方を紹介します。スーパーの野菜コーナーで、かいわれやもやしと並んで、ブロッコリーやアルファルファなどもよく見かけます。スプラウトは酵素やビタミン類など、様々な栄養素が豊富に含まれており、健康食品として注目されています。ご自宅でも簡単に栽培できますので、ぜひトライしてみください。


スプラウトってなに?

スプラウトとは、豆や野菜の種子を人為的に発芽させて、その芽や茎を食べるもので、もやしやかいわれ大根がこれにあたります。歴史は古く、5千年前にはすでに中国でもやしが栽培されたと言われています。18世紀後半には、船乗りの栄養補助食品として、大麦のスプラウトが食べられていたり、日本でも平安時代にはかいわれ大根が食べられていたそうです。このように古くから食べられてきたスプラウトですが、近年では種子から発芽する際に新たに合成されるビタミンや酵素などが、栄養学的にも注目されています。また、ブロッコリースプラウトののように、がんの予防効果が研究されている例もあります。

自宅で簡単に栽培できる!

そんな栄養価の高いスプラウトですが、実はご家庭でも簡単に栽培できちゃうんです。スプラウトは育て方や食べる時期によって、もやし型、かいわれ型、中間型、発芽したてと4つに分類されます。ご家庭で栽培されるものとしては、はもやし型とかいわれ型が一般的です。

もやし型のスプラウト

ジャーサラダに使うような広口の瓶で種子を一昼夜水に浸け、かき混ぜて浮いてくるものは取り除きます。水を切ってホコリが入らないようにガーゼなどでふたをして、暗いところでなるべく温度を一定に保って発芽させます。毎日数回、水を入れて優しく振り、再び水を切って汚れを落とします。だいたい1週間から10日くらいで収穫できます。種子のときの10倍くらいの体積になるので、入れ物の大きさには注意しましょう。

主なもやし型スプラウト

・グリーンマッペ(緑豆)
一般的なもやし。ビタミンA、B群、C、E、各種ミネラルが豊富。
・白ごま
ビタミンE、カルシウム、マグネシウム、鉄分、食物繊維、オレイン酸、リノール酸が豊富
・アルファルファ
タンパク質、カロチン、ビタミンCが豊富。
・大豆
タンパク質が特に豊富。アミノ酸、カリウム、ビタミンが豊富。

かいわれ型のスプラウト

容器の底にスポンジやキッチンペーパーを敷き、ひたひたに水を入れ、その上に重ならないように種子を蒔きます。暗い場所に置いて霧吹きなどで種を湿らせて管理します。芽が出て根が張ったら、容器に水を注ぎ、毎日水を変えながら育てます。5~6cmくらいまで育ってきたら、日当たりの良いところに移動させ、日光を当てながら育てます。1週間から10日くらいで収穫できます。容器は水が抜けなければなんでもかまわないので、おしゃれなガラス容器などを利用すれば、インテリアにもなりますよ。

主なかいわれ型スプラウト

・かいわれ大根
ラディッシュのスプラウト。カロチン、ビタミンC、Kが豊富。抗酸化、抗菌作用がある。
・豆苗
えんどう豆のスプラウト。カロチン、ビタミンC,食物繊維が豊富。免疫力を高める働きがあります。
・かいわれブロッコリー
カロチン、ビタミンC、E、Kが豊富。活性酸素を無害化する働きがあり、発がん抑制、ダイエット効果も期待できます。
・そばの芽
良質なたんぱく質が豊富。毛細血管の弾力性を保ち、高血圧を予防するルチン、中性脂肪を減らすコリンが豊富。

水の管理が重要

もやし型もかいわれ型も、基本的には常に水気を帯びて育てますので、水をこまめに変えるのが上手に育てるコツです。特に夏場は水が腐りやすいので、できるだけ涼しいところに置き、日に何度か水を変える方が安心です。また、使用する種子は、野菜の種として販売されているものではなく、スプラウト用に販売されているものを使用してください。野菜の種は、消毒薬や発芽促進剤が塗布されていることが多いので、スプラウトには不向きです。楽しく育てて美味しく食べて、美しく健康になりましょう。

関連するキーワード


緑化 野菜 スプラウト

関連する投稿


ジニア(ヒャクニチソウ)の育て方!長期間開花を楽しめる夏の定番

ジニア(ヒャクニチソウ)の育て方!長期間開花を楽しめる夏の定番

ジニアの育て方を紹介します。ジニアはメキシコ原産の一年草です。15種類ほど存在します。夏の定番植物として人気があり、エレガンスという品種はヒャクニチソウの名前でも有名です。名前のとおり開花期間が長く、初夏から秋まで楽しめます。花色も充実していて可愛らしい花をたくさん咲かせてくれます。


シザンサスの育て方!華やかな花を一斉に咲かせる

シザンサスの育て方!華やかな花を一斉に咲かせる

シザンサスの育て方を紹介します。シザンサスは南米チリ原産の一年草です。10種類ほど存在します。秋まきの一年草で3月~5月に開花し花後は枯れていきます。白、ピンク、赤、紫、黄色など豊富な花色があり模様も華やかです。たくさんの花がまとまって咲くので存在感もあります。


サンビタリアの育て方!這うように広がるヒマワリに似た花

サンビタリアの育て方!這うように広がるヒマワリに似た花

サンビタリアの育て方を紹介します。サンビタリアは中南米原産の一年草です。10種類ほど存在します。春に植え付け、初夏から秋にかけて開花し、冬に枯れます。ヒマワリを小さくしたような花姿が特徴で、黄色い鮮やかな花を咲かせます。這うように広がるので、花壇にも向いている植物です。


ザルジアンスキアの育て方!夜に花開き、甘い香りを漂わせる

ザルジアンスキアの育て方!夜に花開き、甘い香りを漂わせる

ザルジアンスキアの育て方を紹介します。ザルジアンスキアは南アフリカ原産の一年草です。50種類ほど存在します。本来は多年草ですが、日本では夏越しが難しいので一年草として扱われます。夜に花を開く性質があり、日中は半開きの状態になっています。また、夜は甘い香りを漂わせますが、日中は芳香がありません。


コンボルブルスの育て方!アサガオのような花

コンボルブルスの育て方!アサガオのような花

コンボルブルスの育て方を紹介します。コンボルブルスは地中海沿岸原産の植物です。200種類ほど存在し、一年草と多年草のタイプがあります。一年草ではトリカラー、多年草ではサバティウスという品種が一般的です。小さなアサガオのような花姿で、花色は白、紫、ピンク、青などがあります。初夏から夏にかけて開花します。


最新の投稿


ジニア(ヒャクニチソウ)の育て方!長期間開花を楽しめる夏の定番

ジニア(ヒャクニチソウ)の育て方!長期間開花を楽しめる夏の定番

ジニアの育て方を紹介します。ジニアはメキシコ原産の一年草です。15種類ほど存在します。夏の定番植物として人気があり、エレガンスという品種はヒャクニチソウの名前でも有名です。名前のとおり開花期間が長く、初夏から秋まで楽しめます。花色も充実していて可愛らしい花をたくさん咲かせてくれます。


しまむらの「素肌涼やかデニム」はどう?種類や口コミを紹介。

しまむらの「素肌涼やかデニム」はどう?種類や口コミを紹介。

いよいよ冬が終わり春本番といった感じですね。まだ少し寒い日はありますが、衣替えをした方も多いのではないでしょうか。これからどんどん暖かくなっていくので、ファッションでは暑さ対策も重要になってきます。そこでおすすめなのが、しまむらの「素肌涼やかデニム」。種類やクチコミを紹介します。


ニトリで人気のガラスキャニスターに新色が登場!全色揃えたい♪

ニトリで人気のガラスキャニスターに新色が登場!全色揃えたい♪

最近のニトリはおしゃれなアイテムが充実しています。インテリア雑貨はもちろん、キッチン用品でもおしゃれな商品が多く、特に蓋がスチール製のガラスキャニスターは大人気です。今までは白と黒のモノトーンしかありませんでしたが、最近ネイビーとレッドの新色が登場しました。


GUの春バッグが可愛い!人気のワンハンドルから、使える3WAY仕様まで♪

GUの春バッグが可愛い!人気のワンハンドルから、使える3WAY仕様まで♪

春のコーディネート、お洋服の準備はできていても、バッグや靴はまだ...という方も多いと思います。せっかく新しく取り入れるならトレンドアイテムを安く可愛くゲットしましょう!という事で、今回はGUの注目バッグをご紹介します。すでに完売の色や型も出てきているので要チェックです。


キャンドゥのナンバーブロックが可愛い。アンティークな雰囲気に♡

キャンドゥのナンバーブロックが可愛い。アンティークな雰囲気に♡

キャンドゥからナンバーブロックという可愛い雑貨が登場しました。キューブ型のブロックで0~9までの数字がデザインされています。アンティークな加工がされていて、飾るだけでおしゃれです。万年カレンダーにもできますよ。セリアやダイソーのナンバー系雑貨もあわせて紹介します。