ビワの育て方!実はもちろん葉も有効活用しましょう♪

ビワの育て方!実はもちろん葉も有効活用しましょう♪

ビワの育て方を紹介します。ビワは庭木として人気の果樹です。甘い実はもちろん、葉にも薬効があるため、古くから有効活用されてきました。鉢植えでも育てられますのでベランダや狭いお庭でも大丈夫ですよ。


ビワの基本情報

基本情報

科名:バラ科
属名:ビワ属
学名:Eriobotrya japonica
原産地:中国南西部

基本的な育て方

・用土
水はけの良い弱酸性の土を好みます。市販の果樹用の土などでかまいません。

・水やり
比較的乾燥には強いです。鉢植えの場合は土が乾いたらたっぷりと与えます。地植えの場合は雨水のみで大丈夫です。

・肥料
2~3月、6月、11~12月頃に有機肥料や固形肥料を与えると育成がよくなります。

・病害虫
モモチョッキリというゾウムシが実に穴をあけることがありますが、袋をかけておけば大丈夫です。

基本的には世話いらず

ビワは庭木として育てている場合は、それほど深刻な病害虫もなく、植えっぱなしで放置しておいてもあまり枯れるようなことはありません。地植えの場合はよほど日照りが続かない限りは雨水のみで大丈夫です。鉢植えの場合は土が乾いたらたっぷりと水を与えますが、比較的乾燥には強いので過湿にならないように注意してください。

本来は10mくらいまで大きくなる木なので、剪定や枝の誘引であまり大きくならないように調整するとよいでしょう。2~3月の花後と6月の収穫後に即効性の固形肥料や液肥を与え、11~12月に寒肥として鶏糞や油粕などの有機肥料を与えると育成がよくなります。

摘蕾、摘果でよい実を育てましょう

ビワは房状にたくさんの蕾を付けます。そのままにしておくと、ひとつひとつの実が小さくなり、味も悪くなります。そのため蕾の段階である程度間引きをします。房の先端を切り取り、根元の蕾を切り、中段の蕾を残していきます。開花後実がなったら、状態の良いものを選んで、ひとつの房あたり3つ程度まで実を減らしていきます。

そうすることで栄養がいきわたり、実が大きく甘くなります。ただ、ビワは本来暖地の木になります。開花が冬なので、この時期にマイナス3度くらいまで気温が下がる地域だと、胚が死んでしまうので実が付かなくなります。暖地以外では実を期待しない方がいいです。

葉には薬効があります

ビワは昔から万病に効くと言われ、庭木として植えられ活用されてきました。風邪の予防や血圧調整、殺菌作用や抗アレルギー、近年ではがんの予防や治療にも効果があるのではと期待されています。一番簡単な利用方法はビワの葉茶です。

完熟した大きな葉を選び、裏に生えた産毛をたわしなどで落とします。その状態で天日などで乾燥させます。乾燥したら細かく刻んで、1.5リットルの水に対して20g程度を入れ、沸騰させた後に弱火で10分ほど煮出します。葉を取りださずに冷ましていくと、味が濃くなっていくので好みの濃さで葉を取り出しましょう。乾燥させた葉を炒ってから使うと、風味が香ばしくなります。

観葉植物としても

ビワは育て方も簡単で、種からでも容易に増やせます。買ってきたビワを食べたあと、その種を蒔いておけば簡単に発芽します。常緑樹で冬でも葉が落ちませんので、観葉植物として育てるのも良いでしょう。古くから身近で親しみのある果樹ですので、お庭に一本いかがですか?

関連するキーワード


緑化 果樹 ビワ

関連する投稿


ダチュラの育て方!きれいな花と甘い芳香、毒には注意

ダチュラの育て方!きれいな花と甘い芳香、毒には注意

ダチュラの育て方を紹介します。ダチュラはインドや熱帯アメリカ原産の植物です。主にチョウセンアサガオと呼ばれるダチュラ・メテルという品種が栽培されています。チョウセンと付きますが、朝鮮原産ではなく広く海外という意味があります。きれいな花と甘い芳香がありますが、毒には注意が必要です。


ダールベルグデージーの育て方!黄色い小花が可愛い

ダールベルグデージーの育て方!黄色い小花が可愛い

ダールベルグデージーの育て方を紹介します。ダールベルグデージーは中米原産の一年草です。本来は多年草ですが、日本では一年草として扱うことが多いです。キク科らしい黄色い小花がたくさん咲き、環境が良ければ春から秋まで開花を楽しめます。草丈は30cm程度です。


セントポーリアの育て方!バラエティに富んだ室内に適した植物

セントポーリアの育て方!バラエティに富んだ室内に適した植物

セントポーリアの育て方を紹介します。セントポーリアはアフリカ原産の多年草です。20種類ほど存在しています。茎が伸びないロゼット型と茎が這うように伸びるトレイル型に大別されますが、園芸的に栽培されるのはロゼット型が多いです。豊富な花色や形があり、バラエティに富んでいます。あまり太陽に当てる必要がなく室内向きです。


シラサギカヤツリの育て方!繊細な花姿

シラサギカヤツリの育て方!繊細な花姿

シラサギカヤツリの育て方を紹介します。シラサギカヤツリはアメリカ原産の多年草です。湿地に育つ水生植物になります。細長い花茎を伸ばし花穂を立ち上げます。白い部分は花ではなく苞で、実際の花は小さくて目立ちません。全体的に繊細な印象の植物です。開花期は5月~10月までと長く、50cm程度に成長します。


シネラリア(サイネリア)の育て方!カラフルでこんもりした花姿

シネラリア(サイネリア)の育て方!カラフルでこんもりした花姿

シネラリアの育て方を紹介します。シネラリアはスペイン領カナリア諸島原産の一年草です。本来は多年草ですが、日本では夏越しが難しく一年草として扱われます。白、青、紫、ピンク、黄色などカラフルな花色があり、こんもりと半球状になるのが特徴です。1月~4月まで開花します。


最新の投稿


北陸・富山のラフティングスポット3選|黒部、庄川、神通川などおすすめ!

北陸・富山のラフティングスポット3選|黒部、庄川、神通川などおすすめ!

北陸・富山にもラフティングを楽しめる川が存在します。黒部川や庄川、神通川などが有名です。急流でスリルを楽しむと言うよりは、まずはラフティングを経験してみるという初心者にピッタリなスポットが多いので、ぜひチェックしてみてください。


匠工芸の椅子5選|ユニークでかわいらしい商品がいっぱい!

匠工芸の椅子5選|ユニークでかわいらしい商品がいっぱい!

匠工芸は北海道にある木製家具メーカーです。名前からも分かるように職人の技を活かした商品を多く販売しています。匠工芸では伝統的な技術を使って新しいまたはユニークなコンセプトの家具を多く発表しており、椅子も充実しています。休みの日にゆったりしたりするのにピッタリな商品ばかりですのでぜひチェックしてみてください。


東北のラフティングスポット3選|山形・青森・岩手などの観光と合わせて!

東北のラフティングスポット3選|山形・青森・岩手などの観光と合わせて!

東北エリアにもラフティングを楽しめるスポットが充実しています。山形、青森、岩手とそれぞれにおすすめのスポットがありますので、是非チェックしてみてください。初心者向けの緩やかな川や、逆に国内有数の急流でラフティングを楽しめるスポットなど幅広いです。


飛騨産業の椅子5選|人気木工家具メーカーの自然を活かした椅子を堪能

飛騨産業の椅子5選|人気木工家具メーカーの自然を活かした椅子を堪能

飛騨産業は前身となる会社が1920年に設立されており、今年で97年期を向かえる老舗木工家具メーカーです。伝統的な技術活かした商品だけでなく、近代的なコンセプトのシリーズも発表しており、非常に先進的なメーカーとしても有名です。


北海道のラフティングスポット5選|国内トップクラスの”きれいな”川を堪能

北海道のラフティングスポット5選|国内トップクラスの”きれいな”川を堪能

北海道はウィンタースポーツのイメージが強いですが、ラフティングのようなアクティビティを堪能できるスポットも豊富にあります。北海道のラフティングスポットとなる川は国内でも有数の良質な水質の場所が多く、とてもきれいです。また、それぞれのラフティングスポットは子供と一緒に楽しめるので、家族旅行などにもピッタリです。