バオバブの育て方!さかさまの木?星を破壊する災いの木?

バオバブの育て方!さかさまの木?星を破壊する災いの木?

バオバブの育て方を紹介します。バオバブといえば、星の王子様に出てくる惑星を破壊するほど根を張る大きな木とか、悪魔が引っこ抜いて逆さに植えた「さかさまの木」などと言われる面白い木です。広いアフリカの大地に、太い幹のバオバブが並んで立っている姿は圧巻です。実はそのバオバブも、ご自宅で育てることができます。


バオバブの基本情報

基本情報

科名:アオイ科
属名:バオバブ属
学名:Adansonia
原産地:マダガスカル、アフリカ、オーストラリア

基本的な育て方

・用土
水はけの良い腐植質の土を好みます。市販の培養土に軽石などを混ぜるとよいでしょう。

・水やり
春から秋は土が乾いたらたっぷりと。冬は乾燥気味に管理します。

・肥料
春から秋の育成期に、緩効性の固形肥料を1~2か月に1回程度与えます。

・病害虫
カイガラムシが付くことがあります。見つけ次第駆除しましょう。

鉢植えで楽しみましょう

バオバブは熱帯性の植物です。若干の耐寒性はありますが、それでも5度を下回るような環境では枯れる可能性が高いです。そのため沖縄地方以外では地植えできないと思ってください。あくまでも鉢植えで楽しむ観葉植物と思ってください。鉢植えで育てる植物ですが、一年中室内に置いておくと、徒長して間延びした樹形になります。

春から秋は、屋外で雨が当たらず、風通しと日当たりの良いところに置くと元気に育ちます。真夏の直射日光でもガンガン当ててかまいませんが、蒸れに弱いので、雨が当たらなくてなるべく風通しがよい場所に置いてください。

灌水の注意

バオバブは太い幹に水をためる性質があります。そのため、一年を通してやや乾燥気味に管理します。とはいえ春から秋の育成期には、水の吸い上げも旺盛になるので、鉢の土が乾いたらたっぷりと与えてください。寒くなるにつれて徐々に水やりの回数を減らしていき、真冬は完全に断水するか、月に1回程度まで減らします。

寒くなるにつれて葉が黄色くなってきます。黄色くなった葉は切り取りましょう。そのタイミングで室内に取り込んで、冬に備えます。生理落下で葉が落ちた状態のまま灌水すると、水分の蒸散が追い付かなくて根腐れしやすくなるので、葉が落ちた場合は新芽が展開するまで灌水は控えましょう。

大きくなります

バオバブは、皆さんが知っている姿に成長する可能性を秘めているということは、常に念頭に置いておきましょう。木が若いうちは、小さな鉢で観葉植物としてテーブルの上に置けるサイズです。ただ、10年を超えると幹もトックリ型になり、イメージ通りのバオバブに近づいてくると思います。大きくなるにつれて、当然植え替えも必要になってきます。

植え替えの適期は高温多湿な6~8月頃です。鉢から抜いたら、なるべく土を崩さないように、一回り二回り大き目の鉢ウに植え替えます。植え替えたらしばらくは灌水や肥料は与えないようにしてください。幼苗の時期は、成長が早いので支柱を立てて倒れないようにするとよいでしょう。

手軽に入手できます

バオバブの育て方は、寒さに注意するということと、良く日に当てるということが大切です。種や小さな苗が比較的安価で入手しやすいので、大きなバオバブを想像しながら、可愛らしい鉢植えから育ててみてはいかがですか?

関連するキーワード


緑化 観葉植物 バオバブ

関連する投稿


ダチュラの育て方!きれいな花と甘い芳香、毒には注意

ダチュラの育て方!きれいな花と甘い芳香、毒には注意

ダチュラの育て方を紹介します。ダチュラはインドや熱帯アメリカ原産の植物です。主にチョウセンアサガオと呼ばれるダチュラ・メテルという品種が栽培されています。チョウセンと付きますが、朝鮮原産ではなく広く海外という意味があります。きれいな花と甘い芳香がありますが、毒には注意が必要です。


ダールベルグデージーの育て方!黄色い小花が可愛い

ダールベルグデージーの育て方!黄色い小花が可愛い

ダールベルグデージーの育て方を紹介します。ダールベルグデージーは中米原産の一年草です。本来は多年草ですが、日本では一年草として扱うことが多いです。キク科らしい黄色い小花がたくさん咲き、環境が良ければ春から秋まで開花を楽しめます。草丈は30cm程度です。


セントポーリアの育て方!バラエティに富んだ室内に適した植物

セントポーリアの育て方!バラエティに富んだ室内に適した植物

セントポーリアの育て方を紹介します。セントポーリアはアフリカ原産の多年草です。20種類ほど存在しています。茎が伸びないロゼット型と茎が這うように伸びるトレイル型に大別されますが、園芸的に栽培されるのはロゼット型が多いです。豊富な花色や形があり、バラエティに富んでいます。あまり太陽に当てる必要がなく室内向きです。


シラサギカヤツリの育て方!繊細な花姿

シラサギカヤツリの育て方!繊細な花姿

シラサギカヤツリの育て方を紹介します。シラサギカヤツリはアメリカ原産の多年草です。湿地に育つ水生植物になります。細長い花茎を伸ばし花穂を立ち上げます。白い部分は花ではなく苞で、実際の花は小さくて目立ちません。全体的に繊細な印象の植物です。開花期は5月~10月までと長く、50cm程度に成長します。


お部屋にグリーンを。キャンドゥのミニ観葉植物が可愛い♡

お部屋にグリーンを。キャンドゥのミニ観葉植物が可愛い♡

春になり暖かい気候の日が続いていますね。春っぽく爽やかな印象をインテリアでも表現したくなります。そこでおすすめなのがお部屋にも飾れる小さな観葉植物。キャンドゥから魅力的な商品がたくさん登場しています。


最新の投稿


沖縄のパラセーリングプラン3選|美しい海を空から眺める!

沖縄のパラセーリングプラン3選|美しい海を空から眺める!

沖縄のアクティビティの一つにパラセーリングがあります。パラセーリングを体験すると、美しい沖縄の海を空から眺めることが可能となり、絶景な景色を堪能できます。海の空中散歩を堪能できますし、ちょっと空いた時間に参加できますので、要チェックです。


フリッツ・ハンセンの椅子5選|北欧でも人気の家具メーカー!

フリッツ・ハンセンの椅子5選|北欧でも人気の家具メーカー!

フリッツ・ハンセンは北欧の家具メーカーの中でも人気のブランドの一つです。また、同社の発表している椅子は「セブンチェア」「アリンコチェア」「エッグチェア」などデザイン性が高く、さらに世界的にも評価されている製品が充実しています。


関東のバンジージャンプスポット3選|国内随一の高さも体験できる!

関東のバンジージャンプスポット3選|国内随一の高さも体験できる!

関東には40m台から国内でもっとも高い100mまでのバンジージャンプスポットがあります。はじめてバンジージャンプを体験する方も、何度も経験されたことがある方も十分に楽しめるエリアとなっています。特に国内一の高さを誇る竜神バンジーは踏み出すことさえできれば最高に気分が良いと好評です。


ヴィエナの椅子5選|19世紀ウィーンの雰囲気漂うおしゃれなアイテムが豊富

ヴィエナの椅子5選|19世紀ウィーンの雰囲気漂うおしゃれなアイテムが豊富

ヴィエナは約40年前に西麻布にて設立されたアイテックが手がけるファニチャーブランドの一つです。ヴィエナ(VIENNA)というブランド名からも想像できる通り、ウィーンの雰囲気を再現した商品が豊富です。高度な曲木技術が使用された椅子は独特なフォルムの商品が多いですが、幅広い雰囲気のお部屋にマッチします。


北海道のシュノーケリングスポット3選|神秘的な「青の洞窟」で特別な体験を!

北海道のシュノーケリングスポット3選|神秘的な「青の洞窟」で特別な体験を!

北海道と言えばウィンタースポーツ・アクティビティのイメージですが、シュノーケリングのようなサマーアクティビティも十分に楽しむことができます。特に「青の洞窟」で行われるシュノーケリングは神秘的な雰囲気があり、非常におすすめです。青空の下だけでなく、洞窟内のシュノーケリングもぜひ経験してみてください。