電気ケトルの掃除方法。クエン酸が効果的?

電気ケトルの掃除方法。クエン酸が効果的?

お湯を沸かす家電として広く普及しているのが電気ケトルです。少量のお湯を素早く沸かしてくれる便利な道具です。ただ、しばらく使っていると当然汚れてきます。その汚れが水垢です。電気ケトルはなかなか手を入れて掃除がしづらいですが、クエン酸を使った掃除方法なら簡単にきれいにできます。


電気ケトルとは?

電気ケトルはお湯を沸かすための家電です。他に電気ポットがありますが、この2つは少し違います。従来普及していた電気ポットは一般的に大容量で保温機能が付いています。つまり、一度でたくさんのお湯を沸かして保温しておく使い方です。一方、電気ケトルは容量が1l前後と小さいものが多いです。保温機能は付いていないものが多く、使う分だけお湯を沸かす使い方になります。最近では電気ケトルの方が普及し一般的になっています。

電気ケトルが汚れる原因

電気ケトルを毎回洗浄する方は少ないと思いますが、水を沸かしているだけだし汚れないと思っているのは間違いです。水にはカルシウムやマグネシウムなどの金属イオンが含まれていて、これらは蒸発せずに残ってしまいます。しばらくすると目に見える水垢になってくるのです。

電気ケトルの水垢掃除にはクエン酸が効果的

クエン酸はご存知のとおり、柑橘類などに含まれる成分です。ナチュラルクリーニングでは重曹と共によく使われます。クエン酸が電気ケトルの水垢に効果を発揮するのは酸性の性質があるためです。水垢はアルカリ性の汚れのため、分解してきれいにしてくれます。クエン酸は100均やドラッグストアなどで気軽に手に入ります。

電気ケトルの掃除方法

電気ケトルの掃除方法は簡単です。

1、水を電気ケトルに入れる

2、クエン酸を小さじ1杯~2杯電気ケトルに入れる
粉末の状態で問題ありません。

3、スイッチを入れ沸騰させる
通常の電気ケトルなら2分~3分で沸かせます。

4、1時間程度おいておく

これだけで電気ケトルの水垢はスッキリ落とせます。

電気ケトル専用の掃除商品もある

小林製薬 電気ケトル 洗浄中 45G

¥ 268 ※最新価格はサイトでご確認を

実は電気ケトル専用の掃除商品も販売されています。大手の小林製薬から出ている商品ですが、実は成分はクエン酸です。パッケージにも「食品成分クエン酸100%」と記載があります。つまり、クエン酸での掃除は専用の掃除商品とほとんど同じような効力を発揮してくれます。

お酢も使える

お酢も水垢掃除によく使われるので、当然電気ケトルの掃除にも使えますが、問題はニオイです。クエン酸に比べると強烈な刺激臭なので、あまりおすすめはできません。

電気ケトルの掃除はクエン酸できれいに

電気ケトルの掃除方法を紹介しました。電気ケトルは定期的に掃除をしないと水垢が付き汚れてしまいます。月に1回を目安にクエン酸を使った掃除をしてください。掃除方法は簡単で、クエン酸は家にある家庭も多いと思うので、気軽にできる掃除です。お湯といっても口に入るものなので清潔に保ちたいですね。

関連するキーワード


電気ケトル クエン酸

関連する投稿


カインズの電気ケトルは格安なのに高品質!コーヒーを入れるのにも最適♪

カインズの電気ケトルは格安なのに高品質!コーヒーを入れるのにも最適♪

電気ケトルを使っている人、増えていますよね。それだけ、便利だということです。たとえば、コーヒーカップ2杯分のお湯がほしかったら、コーヒーカップでお水を2杯電気ケトルに入れて沸かして使えばお湯はあまりません。電気代節約にもなります。カインズの電気ケトルなら格安で使いやすいものが見つかるので要チェックです。


ニトリのポットは格安でおしゃれ。マグネットタイプコードの商品もある!

ニトリのポットは格安でおしゃれ。マグネットタイプコードの商品もある!

ニトリには電気ポット・ケトルの取り扱いも行っています。商品によっては2,000円以下で購入できるポットもあり一人暮らしに優しい価格、クオリティになっています。またニトリで販売されているポットの中にはマグネットコードで引っ掛けてもコードと本体が分かれるタイプも販売されています。


掃除に使える「重曹」「セスキ炭酸ソーダ」「クエン酸」の特徴や違いは?どこの掃除に向いている?

掃除に使える「重曹」「セスキ炭酸ソーダ」「クエン酸」の特徴や違いは?どこの掃除に向いている?

今や掃除の定番となっているのが「重曹」「セスキ炭酸ソーダ」「クエン酸」です。100円ショップやドラッグストアでも当たり前のように販売されています。ただ、これら洗剤のことをあまり詳しく知らない方もいると思います。そこで、それぞれの特徴や違い、どこの掃除に向いているかなどを紹介します。


おすすめの電気ケトル7選。おしゃれすぎるデザインから定番メーカーまで紹介。

おすすめの電気ケトル7選。おしゃれすぎるデザインから定番メーカーまで紹介。

電気ケトルは0.5l~1.2lのコンパクトなサイズで、一度に使う分だけお湯を沸かします。従来の電気ポットと違い保温機能はありません。最近ではポットよりも電気ケトルが主流になっています。そんな電気ケトルはキッチンやダイニングで使うため、デザイン性にこだわりたいアイテムです。おすすめの電気ケトルを紹介します。


食洗機の掃除方法。普段のお手入れが大切。

食洗機の掃除方法。普段のお手入れが大切。

食洗機は食器を洗浄する家電なので意外に見落としがちですが、当然食洗機自体も汚れます。そのため掃除をする必要があります。重要なのは日々の使用後のお手入れ。これをサボってしまうと食器の洗浄効果も半減します。また定期的にしっかりとした掃除も必要です。ここではクエン酸が活躍します。


最新の投稿


ニトリのバンブー(竹)商品に注目。家具から小物まで充実!

ニトリのバンブー(竹)商品に注目。家具から小物まで充実!

バンブー(竹)は家具の素材としてはそこまでメジャーではありませんが、強度に優れ抗菌性や殺菌性も高いなど、メリットのある素材です。また、竹は成長が早く森林資源保護に繋がるため、エコな素材としても注目されています。今回はそんなバンブーを使った家具や小物を、人気のインテリアショップであるニトリから紹介します。


IKEAにはウッドブラインドより高機能のブラインドが!おすすめは?

IKEAにはウッドブラインドより高機能のブラインドが!おすすめは?

「ウッドブラインドが欲しいな」と思っている人にもぜひチェックしてほしいのがIKEAの高機能のブラインドの数々です。インテリア的にはウッドブラインドはとっても素敵ですが、生活していく上で、いろいろな機能のあるブラインドも意外と見逃せないアイテムなのです。そんなおすすめのブラインドをご紹介します。


ダイソーの「グリーン」が使える。フェイク、苔玉、人工芝、マグネットなど充実♪

ダイソーの「グリーン」が使える。フェイク、苔玉、人工芝、マグネットなど充実♪

インテリアに明るさを加えてくれ、リラックス効果なども期待できるのが「グリーン」です。植物はもちろんですが、それ以外にもグリーンは豊富にあります。ダイソーには観葉植物をはじめ、フェイクグリーン、苔玉、人工芝、インテリアに使えるグリーンマグネットなどが充実しています。


スプラウトの育て方!簡単に栽培できて、健康食品として注目!

スプラウトの育て方!簡単に栽培できて、健康食品として注目!

スプラウトの育て方を紹介します。スーパーの野菜コーナーで、かいわれやもやしと並んで、ブロッコリーやアルファルファなどもよく見かけます。スプラウトは酵素やビタミン類など、様々な栄養素が豊富に含まれており、健康食品として注目されています。ご自宅でも簡単に栽培できますので、ぜひトライしてみください。


バスマットはブランドものを使ってみる!品質のよさがうれしい♪

バスマットはブランドものを使ってみる!品質のよさがうれしい♪

バスマットも今治など品質のよさで有名なブランドのものから、デザインが素敵な有名ブランドのものなどいろいろあります。やっぱり、ブランドものってちゃんと品質が保証されている感じがあって、使っていて安心感があります。そんなブランドもののバスマットの中で使ってみたいおすすめのアイテムをご紹介します。