カウンターキッチンのインテリアテクニック!おしゃれ空間へ変身♪

カウンターキッチンのインテリアテクニック!おしゃれ空間へ変身♪

カウンターキッチンのインテリアテクニックを紹介します。カウンターキッチンはキッチンとダイニングの間にカウンターが付いている対面式キッチンのことです。おしゃれなカウンターキッチンですが、何もしないとついつい物が溢れてしまいがちです。インテリアテクニックを実践して綺麗なキッチンを保ちましょう!


カウンターキッチンとは

カウンターキッチンはキッチンとダイニングの間にカウンターが付いている対面式キッチンのことです。対面キッチンとも呼ばれます。多くの日本の住宅で採用されている背面式のキッチンは背面キッチンと呼ばれます。他に、アイランドキッチンと呼ばれる独立タイプのキッチンが存在します。

カウンターキッチンにもさまざまなタイプがあります。天井や側面にも壁が付いているタイプやカウンターのみが置かれたタイプなどです。ダイニングとの距離が近くコミュニケーションを取りながら料理をすることができます。

カウンターキッチンのメリット・デメリット

カウンターキッチンのメリット

・おしゃれ
これが最も多い採用理由だと思います。カウンターキッチンはカフェやプロ仕様の雰囲気があり、背面キッチンよりもおしゃれに感じる人が多いです。

・家族とのコミュニケーション
ダイニングでくつろぐ家族とコミュニケーションをしながら料理や後片付けをできます。特に小さなお子さんがいる場合は、目を離すことなく家事が可能です。

・配膳が楽
出来た料理はカウンターに置いて簡単にテーブルまで運ぶことができます。後片付けも同様です。

カウンターキッチンのデメリット

・カウンターが物置きになってしまう
これは結構あるあるです。ついつい食材や雑誌などを置いてしまい、気付いたら物置き状態となってしまうことがあります。

・水が飛び散る
これはカウンターのないオープン式のキッチンだと顕著です。どうしても床に水が飛び散ってしまい掃除が面倒になります。

・丸見え
料理をしている姿が丸見えになってしまいます。いくら家族とはいえ、恥ずかしさがある人は多いです。来客も考えられるので、恥ずかしい方は避けたほうがいいと思います。

カウンターキッチンのインテリアテクニック① テーブル

カウンターキッチンで重要となってくるのがダイニングテーブルの配置です。置き方はたくさんありますが、いくつかおしゃれに見える置き方を紹介します。

カウンターキッチンに長めのテーブルを置いたり掛けたりするとお店のカウンターのような雰囲気になります。晩酌をするときや軽めの食事を取るときなどに最適です。

カウンターキッチンとダイニングテーブルは離して置くのが一般的ですが、くっつけてしまってもアリです。キッチンと元々一体だったような印象がありますし、ダイニングスペースが広々と使えます。

カウンターキッチンのインテリアテクニック② 照明

カウンターキッチンにはペンダントライトが良く合います。照明の種類次第で、高級感を出せたりナチュラル感を出せたりします。

カウンターキッチンにペンダントライトがつくとよりおしゃれ度が増しますね。照明のデザインを変えるだけで、高級感も出せますね。

カウンターキッチンのインテリアテクニック③ カフェ風

カウンターキッチンの人気インテリアといえばカフェ風です。ボード、カッティングシート、観葉植物、雑貨などさまざまなアイテムを駆使してカフェ風仕立てにしてみてはいかがでしょうか? カウンター部分を潰してしまうのもアリです。

まさにカフェですね。カウンター部分に料理を置いたりすることはできなくなりますが、カフェ風キッチンにするにはカウンターキッチンが最適です。

まとめ

いかがでしたか?
カウンターキッチンのインテリアをして綺麗なキッチンを保ちたいですね。特に物置き状態になってしまっている方は、これを機会に改造してみてはいかがでしょうか? カウンターキッチンは元々おしゃれなので、少しの工夫でさらに見違えるようになります。

関連する投稿


キャンプ、BBQなどアウトドアに持っていきたいテーブル5選コールマン編

キャンプ、BBQなどアウトドアに持っていきたいテーブル5選コールマン編

キャンプやバーベキュー(BBQ)と言えば夏の定番アウトドアアクティビティです。これらに欠かせないのが「テーブル」。今回はアウトドアにピッタリなテーブルをコールマンブランドから5つ紹介します。コールマンのテーブルにはシンプルな商品もあれば、バーベキューに特化した商品などもありますので要チェックです。


ニトリのクリップライトがおしゃれ。デスク以外でも使える!

ニトリのクリップライトがおしゃれ。デスク以外でも使える!

クリップライトはデスク脇などにクリップで挟んで固定するライトです。置き型だとデスク上のスペースを取りますが、クリップライトはデスクのスペースを侵食することなく使用できます。ニトリにはおしゃれで種類豊富なクリップライトが揃っていて、デスク以外で使用できるタイプもあります。


IKEAのLERBERG(レールベリ)シリーズがラダー風でおしゃれ。シェルフやテーブルが揃う♪

IKEAのLERBERG(レールベリ)シリーズがラダー風でおしゃれ。シェルフやテーブルが揃う♪

ラダーラックやシェルフが人気になっています。ラダーとははしごの意味です。インテリアに自然と溶け込み、おしゃれな印象を作ってくれます。IKEAにはラダーラックはありませんが、LERBERG(レールベリ)シリーズがラダー風デザインで人気です。シェルフやテーブルが展開されています。


100均の黒板シートでおしゃれなラベル作り。カフェ風キッチンへ♪

100均の黒板シートでおしゃれなラベル作り。カフェ風キッチンへ♪

100均の黒板シートはリメイクシートのデザインの一つです。シートの上からチョークで文字やイラストが書けるのが特徴で、本物の黒板のように使用できます。主にキッチンの吊り戸棚やカウンターなどに貼ることが多いですが、ラベル作りにも活躍します。今回は100均の黒板シートでラベリングしている実例を中心に紹介します。


無印良品のペンダントライトがおしゃれ。スピーカーとして使える照明も♪

無印良品のペンダントライトがおしゃれ。スピーカーとして使える照明も♪

天井から吊り下げる照明であるペンダントライトは、シーリングに変わってメイン照明の地位を確立してきています。シーリングに比べておしゃれですし、光の明暗や陰影が出せるのも魅力です。無印良品にはシンプルなペンダントライトを中心に、スピーカーとして使える商品など充実の品揃えになっています。


最新の投稿


北陸・富山のラフティングスポット3選|黒部、庄川、神通川などおすすめ!

北陸・富山のラフティングスポット3選|黒部、庄川、神通川などおすすめ!

北陸・富山にもラフティングを楽しめる川が存在します。黒部川や庄川、神通川などが有名です。急流でスリルを楽しむと言うよりは、まずはラフティングを経験してみるという初心者にピッタリなスポットが多いので、ぜひチェックしてみてください。


匠工芸の椅子5選|ユニークでかわいらしい商品がいっぱい!

匠工芸の椅子5選|ユニークでかわいらしい商品がいっぱい!

匠工芸は北海道にある木製家具メーカーです。名前からも分かるように職人の技を活かした商品を多く販売しています。匠工芸では伝統的な技術を使って新しいまたはユニークなコンセプトの家具を多く発表しており、椅子も充実しています。休みの日にゆったりしたりするのにピッタリな商品ばかりですのでぜひチェックしてみてください。


東北のラフティングスポット3選|山形・青森・岩手などの観光と合わせて!

東北のラフティングスポット3選|山形・青森・岩手などの観光と合わせて!

東北エリアにもラフティングを楽しめるスポットが充実しています。山形、青森、岩手とそれぞれにおすすめのスポットがありますので、是非チェックしてみてください。初心者向けの緩やかな川や、逆に国内有数の急流でラフティングを楽しめるスポットなど幅広いです。


飛騨産業の椅子5選|人気木工家具メーカーの自然を活かした椅子を堪能

飛騨産業の椅子5選|人気木工家具メーカーの自然を活かした椅子を堪能

飛騨産業は前身となる会社が1920年に設立されており、今年で97年期を向かえる老舗木工家具メーカーです。伝統的な技術活かした商品だけでなく、近代的なコンセプトのシリーズも発表しており、非常に先進的なメーカーとしても有名です。


北海道のラフティングスポット5選|国内トップクラスの”きれいな”川を堪能

北海道のラフティングスポット5選|国内トップクラスの”きれいな”川を堪能

北海道はウィンタースポーツのイメージが強いですが、ラフティングのようなアクティビティを堪能できるスポットも豊富にあります。北海道のラフティングスポットとなる川は国内でも有数の良質な水質の場所が多く、とてもきれいです。また、それぞれのラフティングスポットは子供と一緒に楽しめるので、家族旅行などにもピッタリです。