安くて軽い「セラミック包丁」。メリット・デメリットやお手入れ方法は?

安くて軽い「セラミック包丁」。メリット・デメリットやお手入れ方法は?

セラミックといえば今ではわりとなじみのある素材ですよね。広義でいえば言えば、焼き物、いわゆる陶磁器などの無機質を焼いてできたもの全般をさします。包丁に使われているものは、主に酸化ジルコニウムという素材です。メリットデメリットを覚えておけば、安くて便利かもしれませんよ。


セラミック包丁のメリットとは?

錆びない

セラミック包丁の一番の利点は、錆ないということです。包丁といえば鋼素材が多いので、長く使う=錆と切れ味劣化との戦いになります。セラミックは非金属なので、錆に強いのではなく錆びません。手入れのストレスから解放されるということですね。

切れ味がいい

セラミック包丁は、刃を薄く加工できるため、非常に切れ味がいいです。そして錆びないので、切れ味が悪くなるまでの期間が、金属製の包丁よりも長いということです。

軽い

セラミックの包丁は、金属製のものに比べると、圧倒的に軽いです。女性や子供にも使いやすいということですね。

食材に影響しない・されない

鋼の包丁の場合、食材に金属の臭いがうつるという方もいらっしゃいます。また、食材の酸やアルカリで錆びたり腐食したりします。セラミック包丁は、非金属なので、臭い移りや食材の浸食を受けません。

セラミック包丁のデメリットとは?

折れる・欠ける

セラミックは非常に硬い素材なので、薄く加工することも容易ですが、その分折れやすい、掛けやすいというデメリットがあります。これは硬度が高いものの金属のような弾性に乏しいため、曲がりや衝撃に弱いということです。魚の骨に当たったり、食器洗い乾燥機の刃に当たると、比較的簡単に折れてしまいます。

軽すぎる

セラミック包丁は、金属製の包丁に比べると、圧倒的に軽いです。ですので、料理の熟練者は、軽すぎて扱いにくいと感じるようです。また、軽いのでコントロールが難しく、柔らかいものをまっすく切ると、どうしても包丁が揺れてしまいます。

研ぎにくい

金属製の包丁は、砥石で研ぐことで、刃が摩耗しきるまでは使うことができます。しかしセラミックの包丁は、砥ぎ直しに出しても、最初の状態の切れ味まで回復しにくいようです。ただし、切れ味が長持ちするので、その分はカバーできています。

日常のお手入れは?

洗い方

デメリットでも紹介したように、衝撃などで折れやすい刃なので、食器洗い乾燥機に放り込んで洗うということは避けましょう。包丁を入れるスペースのある装置なら問題はないですが、他の皿と同じスペースに立てて入れるタイプだと、洗っている振動で刃先が下に落ちて、欠けてしまう恐れがあるので、十分に注意してください。

手入れの仕方

切れ味が悪くなった際は、通常の砥石やシャープナーでは砥げません。必ず砥ぎに出すか、セラミック包丁専用のシャープナーを使用してください。せっかく砥ぎ直しても、かえって切れ味が悪くなりかねません。

セラミック包丁はカラフル!

これも大きなメリットの一つですが、セラミックの包丁は、カラーリングしやすいため、非常に可愛らしいデザインのものも数多くそろっています。お子様が初めて包丁を使うにはちょうどいいですよね。セラミックの包丁で、お子様と一緒に料理を始めてみませんか?

関連するキーワード


包丁

関連する投稿


「パン切り包丁」でホームベーカリーがはかどる。電動商品も登場している!

「パン切り包丁」でホームベーカリーがはかどる。電動商品も登場している!

パン切り包丁は文字通りパンを切るために作られた包丁で、ノコギリのようにギザギザとした刃が特徴的です。大きな食パンをカットするのにも向いていますが、サンドイッチなども簡単に切ることができます。電動商品も登場していて、力が不要なので簡単です。


ペティナイフは、実は万能な包丁。最初の一本に向いている!

ペティナイフは、実は万能な包丁。最初の一本に向いている!

ペティナイフは果物や野菜の皮むきなどに使用するイメージが強いかもしれませんが、実は万能包丁でもあります。家庭で使用する分にはお肉、野菜、魚とさまざまなものを切るのに向いています。注意点としてはペティナイフは大きすぎたり、大量に切るのには向いていない点を考慮しておきましょう。


出刃包丁は片刃で魚の骨まできれいに切る!ニトリやセリアにもある!?

出刃包丁は片刃で魚の骨まできれいに切る!ニトリやセリアにもある!?

出刃包丁は魚の骨までスッと切れることで有名です。片刃の包丁のため、丈夫な上に切れ味が良いという特徴があります。今回は出刃包丁のおすすめ商品についても紹介していきます。ニトリやセリアなどのリーズナブルな商品もありますので要チェックです。


刺身包丁で切った魚は味が違う!? ニトリからブランド品までおすすめ商品を紹介!

刺身包丁で切った魚は味が違う!? ニトリからブランド品までおすすめ商品を紹介!

刺身包丁は文字通り魚を切るための包丁です。刺身包丁が長いのには理由があり、ゴリゴリと魚をカットするのではなく、スッと一引きで切れるようにするために長くなっています。刺身包丁は数万円以上する商品も多いですが、ニトリで数千円のモノもありますのでおすすめ含めて紹介します。


薄刃包丁でワンランク上の料理を!おすすめの商品も紹介

薄刃包丁でワンランク上の料理を!おすすめの商品も紹介

薄刃包丁は文字通り包丁の中でも刃がかなり薄い商品です。その分切れ味が鋭く野菜などのカットに向いています。逆に硬い食材のカットには向いていません。今回は薄刃包丁の概要を紹介するとともに、堺孝行などのおすすめ商品を紹介します。


最新の投稿


関東のSUPプラン3選|アクセス良好で、手軽に楽しむ水上散歩♪

関東のSUPプラン3選|アクセス良好で、手軽に楽しむ水上散歩♪

SUPは立ちながらボートを漕ぐ水上アクティビティの一つです。比較的手軽に楽しめるアクティビティとなっており、数時間のレッスンで十分に楽しめるスキルが身につきます。関東にもSUPを楽しめるスポット・プランは充実しております。


広松木工の椅子5選|シンプルかつ実用的なプロダクトが魅力的!

広松木工の椅子5選|シンプルかつ実用的なプロダクトが魅力的!

広松木工は日本の五大家具産地に数えられている福岡県大川市に拠点を置く家具メーカーです。約70年に渡って、シンプルかつ実用性の高い家具を製造し続けています。豪華絢爛な装飾はありませんが、スッキリとしたフォルムで機能性は高い椅子が好評です。


沖縄のパラセーリングプラン3選|美しい海を空から眺める!

沖縄のパラセーリングプラン3選|美しい海を空から眺める!

沖縄のアクティビティの一つにパラセーリングがあります。パラセーリングを体験すると、美しい沖縄の海を空から眺めることが可能となり、絶景な景色を堪能できます。海の空中散歩を堪能できますし、ちょっと空いた時間に参加できますので、要チェックです。


フリッツ・ハンセンの椅子5選|北欧でも人気の家具メーカー!

フリッツ・ハンセンの椅子5選|北欧でも人気の家具メーカー!

フリッツ・ハンセンは北欧の家具メーカーの中でも人気のブランドの一つです。また、同社の発表している椅子は「セブンチェア」「アリンコチェア」「エッグチェア」などデザイン性が高く、さらに世界的にも評価されている製品が充実しています。


関東のバンジージャンプスポット3選|国内随一の高さも体験できる!

関東のバンジージャンプスポット3選|国内随一の高さも体験できる!

関東には40m台から国内でもっとも高い100mまでのバンジージャンプスポットがあります。はじめてバンジージャンプを体験する方も、何度も経験されたことがある方も十分に楽しめるエリアとなっています。特に国内一の高さを誇る竜神バンジーは踏み出すことさえできれば最高に気分が良いと好評です。