DIYの基礎知識。「塗料」の種類と特徴を解説。

DIYの基礎知識。「塗料」の種類と特徴を解説。

DIYを始めたいと思いホームセンターなどに行くと、塗料がたくさんあって何を買っていいかわからない経験をした方は多いのではないでしょうか。塗料は大きく水性と油性に分かれますが、そこからステイン、ワックス、ニスなどと細かく分類されているので、結構難しいです。そこで今回は、塗料の種類や特徴を紹介します。


DIYを始めるなら、塗料は必須

DIYをする上で欠かせないのが塗料です。塗料がなければ木材を購入してオリジナル家具を作っても表現できる手段は限られてしまいます。逆に塗料があれば、理想のインテリアスタイルに近づく家具をDIYできます。そんな塗料ですが、実にたくさんの種類があります。ホームセンターなどに行くとたくさんありすぎて迷いますよね。そこで塗料の種類や特徴について紹介します。

塗料の基礎知識「水性塗料と油性塗料の違い」

塗料は水性と油性に分けられます。この違いは溶剤の違いだけです。塗料は主に顔料、樹脂、溶剤で構成されています。簡単に言うと顔料は着色するための成分、樹脂は塗膜を形作る成分、溶剤は樹脂を溶解するための成分です。水性塗料は溶剤に水が、油性塗料は主にシンナーが使われています。

DIYで使われることが多いのは水性塗料です。ニオイがない点と扱いやすい点がメリットです。水性塗料は水に弱いと思われがちますが、乾いてしまえば油性塗料と同じくらいの強度になります。水に濡れて塗装が落ちることはありません。

ステイン塗料と造膜塗料

DIYに興味がある方なら、水性ステインやオイルステインという言葉を聞いたことがあると思います。塗料の成分である顔料はステインと造膜に分けられます。この違いは塗膜を張るか張らないかです。ステインは塗膜を張らずに木材に直接染み込んで着色します。造膜は木材に染み込まず塗膜を張って着色します。

ステイン塗料について

ステイン塗料は塗膜を張らずに、木目をしっかり見せてくれるメリットがあります。塗膜がない分、傷などが付くやすくニスを使ってコーティングすることが一般的です。しかし、ニスを塗るか塗らないかは好みや家具によって変わってきます。木材本来の風合いを楽しむために、あえてニスを塗らないことも多いです。テーブルや椅子などはニスを塗らないと色落ちしたり水拭きで色落ちする可能性があるため、塗った方がいいでしょう。テレビボードや棚などはニスを塗らない選択肢が有り得ます。

水性ステインとオイル(油性)ステイン

このステイン塗料も水性と油性があります。この違いは一般的な水性と油性の違いだと思ってください。ニオイがあるかないか、扱いやすいか扱いづらいかなどの違いです。ステイン塗料で重要なのは、やはり「色」です。水性と油性で同じ色でも雰囲気は変わってくるので、色見本などを見ながら好みの色を見つけてください。

造膜塗料について

造膜塗料は塗膜を張る塗料です。主に「ワックス」や「ニス」のことをさします。塗膜がある分、耐久性に優れ、直射日光や雨風から守ってくれます。ワックスやニスは仕上げのイメージがありますが、ブライワックスに代表される着色できる造膜塗料が人気です。塗料として単独でも使えますし、ステイン塗料と組み合わせることで、より深みのある風合いを出すことができます。ちなみにブライワックスは油性ワックスなので、結構ニオイがあります。

まとめ

塗料の種類や特徴は把握できましたでしょうか?
塗料は顔料・樹脂・溶剤で構成され、溶剤の違いにより水性と油性に分けられます。染色するための塗料には、ステイン塗料と造膜塗料があります。ステイン塗料は木材に染み込んで着色し塗膜を張らない。造膜塗料は塗膜を張って着色するという違いがあります。好みや家具によって使う塗料を調整するのがいいでしょう。

関連するキーワード


DIY 塗料

関連する投稿


100均などの「DIY動画」を無料で。主要SNSで視聴可能な「Selty(セルティ)」

100均などの「DIY動画」を無料で。主要SNSで視聴可能な「Selty(セルティ)」

Selty(セルティ)は100均などのDIY動画や暮らしの知恵を紹介した動画を無料で視聴できるサービスです。facebook、instagram、twitter、Youtubeの主要なSNS全てに対応しており、フォローすることでいつでも視聴可能です。


人気の100均DIY10選。100均でここまでできる!

人気の100均DIY10選。100均でここまでできる!

気軽におしゃれなDIYが楽しめることから人気の100均DIY。100均材料だけで完結できるDIYもたくさんありますし、一部100均以外の材料を組み合わせることもできます。塗装などを工夫することで100均材料で作ったとは思えない仕上がりにすることも可能です。今回はおすすめの100均DIYを紹介します。


隙間収納はDIYで解決。キッチンや洗面所で大活躍!

隙間収納はDIYで解決。キッチンや洗面所で大活躍!

キッチンや洗面所は隙間が発生しやすい場所で、収納スペースが足りないことが多いので、隙間は重要な収納場所になります。市販でもさまざまな隙間収納グッズが販売されていますが、DIYするのも方法の一つです。DIYなら隙間にあわせた収納が作れますし、デザイン等も自由にできます。


100均で壁をインテリア。すぐにできるDIYアイデア集。

100均で壁をインテリア。すぐにできるDIYアイデア集。

壁はインテリアにおいて重要にも関わらず、意外に軽視されがちです。賃貸だと壁の活用には限界がありますが、画鋲程度の最小限の傷でできるインテリアもたくさんあります。しかも100均でプチプラなDIYが可能なので、お財布にも優しいです。今回は100均でできる壁インテリアのアイデア集を紹介します。


100均のフェイクレザーで小物DIY。ブックカバーからアクセサリーまで♪

100均のフェイクレザーで小物DIY。ブックカバーからアクセサリーまで♪

ハンドメイド用品が豊富な100均、なんと最近ではフェイクレザーも売っています。本革よりも加工しやすいので、ハンドメイドの材料にぴったり。普通のコットン地より高級感のある仕上がりなので、安見えしないのも嬉しいところ。今回は、100均フェイクレザーの活用例をご紹介します。


最新の投稿


鏡(ミラー)をインテリアに。人気ショップからおすすめ商品を紹介♪

鏡(ミラー)をインテリアに。人気ショップからおすすめ商品を紹介♪

鏡(ミラー)は実用的に使うイメージが強いですが、インテリアになるおしゃれな商品もたくさんあります。今回はIKEAやニトリなどの人気ショップから、おすすめの鏡(ミラー)を紹介していきます。


ワゴン収納のすすめ。100均・IKEA・ボビーなどおしゃれなワゴンを使いこなそう!

ワゴン収納のすすめ。100均・IKEA・ボビーなどおしゃれなワゴンを使いこなそう!

おしゃれなのはもちろん、収納力や移動性も優れていて重宝するのがキッチンワゴンなどのワゴン収納です。定番のIKEAはもちろん、世界的に人気なボビーワゴンや100均DIYでワゴン収納を作るのもおすすめです。


お部屋にグリーンを。キャンドゥのミニ観葉植物が可愛い♡

お部屋にグリーンを。キャンドゥのミニ観葉植物が可愛い♡

春になり暖かい気候の日が続いていますね。春っぽく爽やかな印象をインテリアでも表現したくなります。そこでおすすめなのがお部屋にも飾れる小さな観葉植物。キャンドゥから魅力的な商品がたくさん登場しています。


ニトリのペーパー収納がおしゃれすぎ。折りたたんで使える♪

ニトリのペーパー収納がおしゃれすぎ。折りたたんで使える♪

ニトリには豊富な素材の収納用品が揃っています。ポリプロピレンや自然素材、ウッド、スチールなどもおすすめですが、ペーパー素材の収納もおすすめです。空間を柔らかくしてくれる風合いに加えて、折りたたんで使える機能性の高さもあります。


ダイソーの編みカゴ調ボックスに大サイズが登場!

ダイソーの編みカゴ調ボックスに大サイズが登場!

ダイソーで人気を集める編みカゴ調ボックスに大サイズが登場しました。編みカゴ調ボックスはスクエアボックスの姉妹品で、編みカゴ調のおしゃれなデザインとスモーキーなカラーが特徴です。通常サイズはフタ付きで200円でしたが、大サイズはフタ付きで500円となっています。