こたつの電気代は安い!他の暖房器具とうまく併用しよう!

こたつの電気代は安い!他の暖房器具とうまく併用しよう!

日本の冬の生活に欠かせないこたつ。入ると出られなくなり、ついついダラダラしてしまいますが、電気代を考えると非常に優れた暖房器具です。こたつの外の気温は変わりませんが、他の暖房器具と併用することで効率的な電気利用が可能になります。こたつの電気代や他の暖房器具との比較、併用方法などご紹介します。


こたつの電気代

こたつの消費電力は商品によって異なりますが、平均すると400W~600Wです。1時間あたりで考えると3円程です。ほとんどのこたつは自動で強弱を調整する機能が付いているので、最大で1.5円程まで下がる可能性もあります。

1日5時間1ヶ月使っても最大で「450円」

1時間3円で計算すると、3円×5時間×30日で1ヶ月450円で済みます。
これはエアコンや電気ストーブなどと比較しても圧倒的に安いです。暖まる場所は限定的ですが、電気代だけを見ると、非常に優れた暖房器具と言えます。

他の暖房器具の電気代は?

エアコンの電気代

エアコンは商品や暖める部屋の広さによって電気代は変わります。こたつと同じ400W~600Wの商品電力で考えると、1時間10円程になります。こたつの約3倍です。1日5時間使ったとすると、1ヶ月で1,500円になります。

電気ストーブの電気代

電気ストーブも同じワット数で計算すると1時間あたり10円~15円程です。エアコンよりも少し高くなります。石油ストーブも同じくらいの電気代です。

ホットカーペットの電気代

ホットカーペットは暖める広さによって電気代が変わりますが、3畳の場合7円~10円程です。足元は暖かくなりますが、こたつと同様に外の気温は変わらないため、他の暖房器具との併用が必要です。

オイルヒーターの電気代

オイルヒーターは400W~600Wの商品はなく1,200Wのものがほとんどですが、仮にこたつと同じワット数で計算すると1時間あたり10円~15円で電気ストーブと同じくらいの電気代になります。

こたつと併用すべき暖房器具は?

こたつ単独の使用が一番理想的で電気代を最も節約できますが、ずっとこたつにいるわけにもいかないので、外気を暖める暖房器具との併用が必要です。外気を暖める暖房器具は、エアコン、ストーブ、ハロゲンヒーター、オイルヒーターなどがあります。それぞれにメリット・デメリットがありますが、電気代を考えるとエアコンと併用するのが一番効果的です。

まとめ

電気代が高いイメージのあるこたつですが、実は非常に安い暖房器具です。特に一人暮らしの狭いお部屋の場合は重宝するでしょう。インテリアを考えると微妙な気もしますが、最近のこたつやこたつ布団は非常に充実しています。きっとお好みのこたつが見つかると思いますよ。

関連する投稿


おしゃれな「こたつテーブル」7選。1年中使えるデザイン♪

おしゃれな「こたつテーブル」7選。1年中使えるデザイン♪

皆さんは秋冬にこたつを出す際にテーブルはどうされていますか? 普段使っているテーブルから、こたつ用のテーブルに変えて使用することが多いのではないでしょうか。ただ、少し面倒に感じることもあると思います。そこで今回はオフシーズンもリビングテーブルとして活用できる、おしゃれなこたつテーブルを紹介します。


カインズの「こたつ」がおしゃれで多機能。オフシーズンもテーブルとして活躍♪

カインズの「こたつ」がおしゃれで多機能。オフシーズンもテーブルとして活躍♪

ホームセンターのカインズは、インテリア用品も充実していることで知られています。秋冬に欠かせないこたつもテーブルから布団まで種類豊富にあり、おしゃれなデザインとお求めやすい価格が魅力です。今回はカインズでおすすめのこたつを紹介します。


CMでも話題!ニトリのこたつはどう?気になる口コミは?

CMでも話題!ニトリのこたつはどう?気になる口コミは?

いよいよ寒い冬がやってきます。寒くなると検討するのが、こたつです。ただ、季節が変わるごとにテーブルを変えて布団を出してという作業は結構大変です。収納スペースを確保するのも難しいです。そこでおすすめなのがニトリのこたつ。CMでも話題の1年中使えるこたつはどうなのでしょうか?口コミと合わせて紹介します。


気軽にできる省エネ方法。地球にもお財布にも優しくあろう!

気軽にできる省エネ方法。地球にもお財布にも優しくあろう!

地球温暖化、海面上昇などの環境問題が大きく取り上げられこと多くなりましたよね。それと同時に挙がってくるのが節電や節水などの省エネ。しかし、頭で分かっていてもなかなか行動できない人も少ないと思います。そんなあなたもこれを見れば省エネしたくなる!そんなユニークで簡単な省エネをご紹介します。


しまむらのこたつ布団で冬支度。おしゃれなデザイン多数!

しまむらのこたつ布団で冬支度。おしゃれなデザイン多数!

しまむらには専用のこたつ布団はありませんが、フリークロスやマルチカバーと呼ばれる大きなファブリックがあり、これをこたつ布団として活用できます。魅力はデザインの豊富さとおしゃれさです。ネイティブ柄などトレンドのデザインが数多くあり、こたつをインテリアとして考えられます。


最新の投稿


ヴィエナの椅子5選|19世紀ウィーンの雰囲気漂うおしゃれなアイテムが豊富

ヴィエナの椅子5選|19世紀ウィーンの雰囲気漂うおしゃれなアイテムが豊富

ヴィエナは約40年前に西麻布にて設立されたアイテックが手がけるファニチャーブランドの一つです。ヴィエナ(VIENNA)というブランド名からも想像できる通り、ウィーンの雰囲気を再現した商品が豊富です。高度な曲木技術が使用された椅子は独特なフォルムの商品が多いですが、幅広い雰囲気のお部屋にマッチします。


北海道のシュノーケリングスポット3選|神秘的な「青の洞窟」で特別な体験を!

北海道のシュノーケリングスポット3選|神秘的な「青の洞窟」で特別な体験を!

北海道と言えばウィンタースポーツ・アクティビティのイメージですが、シュノーケリングのようなサマーアクティビティも十分に楽しむことができます。特に「青の洞窟」で行われるシュノーケリングは神秘的な雰囲気があり、非常におすすめです。青空の下だけでなく、洞窟内のシュノーケリングもぜひ経験してみてください。


クラッセの椅子5選|最上級の暮らしを実現するアイテムが豊富

クラッセの椅子5選|最上級の暮らしを実現するアイテムが豊富

クラッセはレグナテックが展開するファニチャーブランドです。ブランドイメージは最上級の暮らしとなっており、いずれもシンプルで落ち着いた雰囲気の商品が多いです。しかし、ただシンプルなだけではなく、張地などの種類は豊富で、ポップなカラーリングもあり、遊び心も忘れていません。


東海のシュノーケリングスポット3選|静岡中心にきれいな海を堪能

東海のシュノーケリングスポット3選|静岡中心にきれいな海を堪能

東海エリアにもシュノーケリングを楽しめるスポットは充実しています。伊豆、熱海など主に静岡が中心となっており、関東圏からもアクセスしやすく、日帰りできるプランもあるため、気軽に楽しむことができます。いずれのスポットもきれいな海を堪能できますので、おすすめです。


カンディハウスの椅子5選|旭川での有名な家具ブランド。デザイン性も実用性も納得の品質!

カンディハウスの椅子5選|旭川での有名な家具ブランド。デザイン性も実用性も納得の品質!

カンディハウスは国内有数の家具産地「北海道・旭川」にある家具ブランドの一つです。旭川の中でも中心的なブランドとして、国内外から評価されています。実用性・機能性を満たしつつも、デザイン面でもユーザを楽しませてくれます。