フキタンポポの育て方「早春の訪れを告げるメッセンジャー」

フキタンポポの育て方「早春の訪れを告げるメッセンジャー」

フキタンポポの育て方を紹介します。日本へは明治時代に渡来してきた一属一種の山野草で、花はタンポポに、葉がフキのようであることから、植物学者牧野富太郎博士がこの名前を付けたと言われています。花の色形・咲く時期もフクジュソウに似ていることから、正月の寄せ植えに用いられます。また、今でも咳の治療に使われている薬草の一つです。


フキタンポポについて

・基本情報

科名:キク科
属名:フキタンポポ属 
学名:Tussilago farfara 
和名:フキタンポポ(蕗蒲公英)
原産地:ヨーロッパ・シベリア・中国・インド
開花時期:1~3月
植物のタイプ:多年草(宿根草)
花言葉:公平な裁き

・特徴 

地下茎を伸ばして広がり、その節から小葉を持った花茎が立ち上がります。花径は2~3㎝、細い花びらが輪状につき、周辺部と中心部の2種で形成されます。花が咲くときには葉は現れず、終わった後にフキに似た葉が出てきます。花の終りは、タンポポのような綿毛になり、タネをつけて飛んでいきます。

フキタンポポの育て方

・育てる環境
日向を好むので、一年中日当りのよい場所が適していますが、高温多湿には弱いので、夏は涼しい環境で育てましょう。

・適した用土 
水はけのよい土を好みます。市販の園芸培養土の他、堆肥や腐葉土を混ぜ合わせた土を使います。

・植え付け/植え替え
植え替えは3~6月、11~12月が適期です。鉢植えは、一回り大きな鉢を選び、毎年植え替えます。地植えは、同じ場所で育て続けると株が弱るため、4~5年に1回、株分けも兼ねて行います。

・水やり 
乾燥に非常に弱い植物ですが、極端に与えすぎると根腐れを起こします。土の表面が乾いてきたらタップリと与え、冬場の乾きすぎに注意しましょう。

・肥料 
花が終わり、葉と根が伸び始めるころに、液体肥料や緩効性化成肥料を与えます。窒素過多だと芽が大きくはなりますが、柔軟になり耐暑性が失われるのでやりすぎには気をつけてください。

・ふやし方 
花が終わると地下茎が出て来るので、一本ずつ株分けをするか、もしくは根伏せでふやします。タネからふやすときは、9~10月頃に採りまきをします。

・かかりやすい病害虫
特にはないようです。

・必要なお手入れ
寄せ植えで販売されているフキタンポポは、葉や根が切られていて、株が弱りやすいため、花が終われば大きめの鉢か庭へ、植え替えることををオススメします。

太陽を見つめる花

フキタンポポの育て方は極めて容易で、病気や害虫もほとんどなく丈夫で、夏の管理さえ注意すれば、入門者向きの山野草としておすすめの植物です。黄色の花が咲く愛らしい姿は、どことなくあどけなさがあり、心を和ませてくれます。

関連するキーワード


緑化 多年草 フキタンポポ

関連する投稿


ダチュラの育て方!きれいな花と甘い芳香、毒には注意

ダチュラの育て方!きれいな花と甘い芳香、毒には注意

ダチュラの育て方を紹介します。ダチュラはインドや熱帯アメリカ原産の植物です。主にチョウセンアサガオと呼ばれるダチュラ・メテルという品種が栽培されています。チョウセンと付きますが、朝鮮原産ではなく広く海外という意味があります。きれいな花と甘い芳香がありますが、毒には注意が必要です。


ダールベルグデージーの育て方!黄色い小花が可愛い

ダールベルグデージーの育て方!黄色い小花が可愛い

ダールベルグデージーの育て方を紹介します。ダールベルグデージーは中米原産の一年草です。本来は多年草ですが、日本では一年草として扱うことが多いです。キク科らしい黄色い小花がたくさん咲き、環境が良ければ春から秋まで開花を楽しめます。草丈は30cm程度です。


セントポーリアの育て方!バラエティに富んだ室内に適した植物

セントポーリアの育て方!バラエティに富んだ室内に適した植物

セントポーリアの育て方を紹介します。セントポーリアはアフリカ原産の多年草です。20種類ほど存在しています。茎が伸びないロゼット型と茎が這うように伸びるトレイル型に大別されますが、園芸的に栽培されるのはロゼット型が多いです。豊富な花色や形があり、バラエティに富んでいます。あまり太陽に当てる必要がなく室内向きです。


シラサギカヤツリの育て方!繊細な花姿

シラサギカヤツリの育て方!繊細な花姿

シラサギカヤツリの育て方を紹介します。シラサギカヤツリはアメリカ原産の多年草です。湿地に育つ水生植物になります。細長い花茎を伸ばし花穂を立ち上げます。白い部分は花ではなく苞で、実際の花は小さくて目立ちません。全体的に繊細な印象の植物です。開花期は5月~10月までと長く、50cm程度に成長します。


シネラリア(サイネリア)の育て方!カラフルでこんもりした花姿

シネラリア(サイネリア)の育て方!カラフルでこんもりした花姿

シネラリアの育て方を紹介します。シネラリアはスペイン領カナリア諸島原産の一年草です。本来は多年草ですが、日本では夏越しが難しく一年草として扱われます。白、青、紫、ピンク、黄色などカラフルな花色があり、こんもりと半球状になるのが特徴です。1月~4月まで開花します。


最新の投稿


ヴィエナの椅子5選|19世紀ウィーンの雰囲気漂うおしゃれなアイテムが豊富

ヴィエナの椅子5選|19世紀ウィーンの雰囲気漂うおしゃれなアイテムが豊富

ヴィエナは約40年前に西麻布にて設立されたアイテックが手がけるファニチャーブランドの一つです。ヴィエナ(VIENNA)というブランド名からも想像できる通り、ウィーンの雰囲気を再現した商品が豊富です。高度な曲木技術が使用された椅子は独特なフォルムの商品が多いですが、幅広い雰囲気のお部屋にマッチします。


北海道のシュノーケリングスポット3選|神秘的な「青の洞窟」で特別な体験を!

北海道のシュノーケリングスポット3選|神秘的な「青の洞窟」で特別な体験を!

北海道と言えばウィンタースポーツ・アクティビティのイメージですが、シュノーケリングのようなサマーアクティビティも十分に楽しむことができます。特に「青の洞窟」で行われるシュノーケリングは神秘的な雰囲気があり、非常におすすめです。青空の下だけでなく、洞窟内のシュノーケリングもぜひ経験してみてください。


クラッセの椅子5選|最上級の暮らしを実現するアイテムが豊富

クラッセの椅子5選|最上級の暮らしを実現するアイテムが豊富

クラッセはレグナテックが展開するファニチャーブランドです。ブランドイメージは最上級の暮らしとなっており、いずれもシンプルで落ち着いた雰囲気の商品が多いです。しかし、ただシンプルなだけではなく、張地などの種類は豊富で、ポップなカラーリングもあり、遊び心も忘れていません。


東海のシュノーケリングスポット3選|静岡中心にきれいな海を堪能

東海のシュノーケリングスポット3選|静岡中心にきれいな海を堪能

東海エリアにもシュノーケリングを楽しめるスポットは充実しています。伊豆、熱海など主に静岡が中心となっており、関東圏からもアクセスしやすく、日帰りできるプランもあるため、気軽に楽しむことができます。いずれのスポットもきれいな海を堪能できますので、おすすめです。


カンディハウスの椅子5選|旭川での有名な家具ブランド。デザイン性も実用性も納得の品質!

カンディハウスの椅子5選|旭川での有名な家具ブランド。デザイン性も実用性も納得の品質!

カンディハウスは国内有数の家具産地「北海道・旭川」にある家具ブランドの一つです。旭川の中でも中心的なブランドとして、国内外から評価されています。実用性・機能性を満たしつつも、デザイン面でもユーザを楽しませてくれます。