実は家庭の水消費1位!トイレの節水方法5選

実は家庭の水消費1位!トイレの節水方法5選

トイレは家庭の中で最も水を使う場所と言われています。水道代の25%~30%がトイレを流す水で消費されているのです。コスト削減の基本は一番大きい部分を削ること!ということで、今回はトイレのおすすめ節水方法5選をお送りします。


1、基本中の基本!大と小を使い分ける

意外と実践できていない人が多いかなと思うので、最初に紹介しました。大体のご家庭のトイレは大と小があると思いますが、使用する水量は1リットルほど違います。1リットルと思って甘く見てはいけません。大体1リットルの水道代は0.1円~0.2円です。1日に小を10回するとした場合、1日10リットル、1ヶ月で300リットルになります。つまり、月に30円~60円節約できる計算です。

2、トイレットペーパーの量を減らす

これも当たり前ですが、私の周りでも結構使う人がいるので、意外と意識されてないかもしれません。10周くらい巻き取る人がいますが、正直小の場合は切り取り線3つ分で十分です。大体のトイレットペーパーは2重になっているので、3つ分を折り畳めばそれなりの厚さになります。

トイレットペーパーは使いすぎると、本来小で流せば済むところが大になったり、流れずもう1回流したりすることに繋がってしまいます。

3、お風呂の残り湯を使う

これは結構大変ですが、節水効果は高いです。やり方は簡単で、バケツに6リットル程の残り湯を入れて、直接便器に流し込みます。うまく中心部に注ぎ込めるようにしてください。慣れてくればほとんど失敗せずにできます。

浴槽の水は大体200リットルなので、トイレ30回分に相当します。

4、トイレ節水器を使う

トイレ節水器とは、タンクに取り付けるだけで水の量を抑えてくれる製品です。いくつかの製品がありますが、30%程節水してくれます。安いものだと600円程、高いもので2,500円程で購入できます。初期投資はかかりますが、30%節水と考えると数ヶ月で回収できてしまうので、それ程リスクの高い買い物ではありません。

5、最新式のトイレに買い換える

トイレメーカーといえばTOTOかINAX(LIXIL)ですね。おそらくご家庭のトイレもどちらかのメーカーだと思います。今回はTOTOのホームページを参考に調べました。お使いのトイレが2006年以前のものの場合、トイレの水の量を半分以下に抑えられるようです。

2006年以前のものは、1回の洗浄につき8リットルがかかっているようですが、最新のネオレストという種類だと1回の洗浄で3.8リットルしかかからないようです。ちなみに、99年以前は10リットル、94年以前は13リットルを1回の洗浄で使っているので、古いトイレを使っている人ほど効果が絶大です。

月に数百円から数千円の節約ができるでしょう。

まとめ

基本的な心がけのところから買い替えなど大きい取り組みまで紹介しました。基本的な心がけの部分だけでも月に数百円、頑張れば数千円の節水ができます。トイレは家庭で最も水を使う部分なので、意識して節水を実践したいですね。

関連する投稿


LIXILのHEMS「いえスマ」の価格はミニマム7.2万円から!HEMS導入は節約上手の第一歩

LIXILのHEMS「いえスマ」の価格はミニマム7.2万円から!HEMS導入は節約上手の第一歩

建築材料・住宅設備機器業界大手であるLIXIL(リクシル)もクラウド型HEMSを提供しています。2015年5月より「いえスマ」というサービス名でリリース中です。価格はミニマム7.2万円からで、オプションを利用することでガスや水道の利用状況を確認することも可能となります。


【地球温暖化の対策】個人で実践できて節約にもなる10個の対策

【地球温暖化の対策】個人で実践できて節約にもなる10個の対策

「エアコンの使用を控えよう」「こまめに消灯しよう」など地球温暖化を防ぐために個人でできる対策はどれも抽象的です。また地球温暖化を防ぐためという名目ではやはり限界があり長続きしないことが多いです。そこで具体的かつ水道光熱費を節約する効果が高い対策を10個紹介します。


【バイオマストイレ】毎月443円の水道代を浮かせてくれる水入らずトイレ!

【バイオマストイレ】毎月443円の水道代を浮かせてくれる水入らずトイレ!

バイオマストイレは「コンポストトイレ」とも呼ばれている水を使用しないトイレです。微生物の働きによって排泄物を分解します。水を使用していないですが、基本的には無臭で衛生的です。さらに分解されたものは肥料としても使用できるのでとてもエコなトイレと言えます。


節水から始めるCO2削減。身近な取り組みから貢献しよう!

節水から始めるCO2削減。身近な取り組みから貢献しよう!

CO2削減や省エネというと電気やガスをイメージしがちですが、「水」を供給にもエネルギーを使っています。私たちの家庭に水が届けられるまでには、下水処理や浄水、ポンプで家庭に送るといった処理が必要になり、大きなエネルギーを消費しているのです。節水からでもCO2削減は始められます。


【主婦必見】東レがエコで時短・高除去の蛇口直結型浄水器「トレビーノ」を2機種発売

【主婦必見】東レがエコで時短・高除去の蛇口直結型浄水器「トレビーノ」を2機種発売

今回は東レ株式会社が新たに発売した「トレビーノ」について紹介します。今回発売された「トレビーノ」は2種類で、時短にフォーカスした「トレビーノ カセッティ206SMX」とコンパクトさにフォーカスした「トレビーノ カセッティ308T」です。いずれも原水シャワー30%節水仕様となっており、家計にも地球にもエコな商品です。


最新の投稿


関東のSUPプラン3選|アクセス良好で、手軽に楽しむ水上散歩♪

関東のSUPプラン3選|アクセス良好で、手軽に楽しむ水上散歩♪

SUPは立ちながらボートを漕ぐ水上アクティビティの一つです。比較的手軽に楽しめるアクティビティとなっており、数時間のレッスンで十分に楽しめるスキルが身につきます。関東にもSUPを楽しめるスポット・プランは充実しております。


広松木工の椅子5選|シンプルかつ実用的なプロダクトが魅力的!

広松木工の椅子5選|シンプルかつ実用的なプロダクトが魅力的!

広松木工は日本の五大家具産地に数えられている福岡県大川市に拠点を置く家具メーカーです。約70年に渡って、シンプルかつ実用性の高い家具を製造し続けています。豪華絢爛な装飾はありませんが、スッキリとしたフォルムで機能性は高い椅子が好評です。


沖縄のパラセーリングプラン3選|美しい海を空から眺める!

沖縄のパラセーリングプラン3選|美しい海を空から眺める!

沖縄のアクティビティの一つにパラセーリングがあります。パラセーリングを体験すると、美しい沖縄の海を空から眺めることが可能となり、絶景な景色を堪能できます。海の空中散歩を堪能できますし、ちょっと空いた時間に参加できますので、要チェックです。


フリッツ・ハンセンの椅子5選|北欧でも人気の家具メーカー!

フリッツ・ハンセンの椅子5選|北欧でも人気の家具メーカー!

フリッツ・ハンセンは北欧の家具メーカーの中でも人気のブランドの一つです。また、同社の発表している椅子は「セブンチェア」「アリンコチェア」「エッグチェア」などデザイン性が高く、さらに世界的にも評価されている製品が充実しています。


関東のバンジージャンプスポット3選|国内随一の高さも体験できる!

関東のバンジージャンプスポット3選|国内随一の高さも体験できる!

関東には40m台から国内でもっとも高い100mまでのバンジージャンプスポットがあります。はじめてバンジージャンプを体験する方も、何度も経験されたことがある方も十分に楽しめるエリアとなっています。特に国内一の高さを誇る竜神バンジーは踏み出すことさえできれば最高に気分が良いと好評です。