キッチン周りの節水テクニックと節水グッズ

キッチン周りの節水テクニックと節水グッズ

キッチンでガスと共に消費が激しいのが水です。水道代はお風呂やトイレが大きいですが、キッチン周りでも4分1を消費しています。今回紹介するテクニックやグッズを使い、節水を実践してみてはいかがでしょうか。


簡単にできる節水テクニック

水道を出すときは慎重に!

水道を出すときについ強く押しすぎていませんか?あれって実は結構な量が出てしまうんです!水道を全開でひねると1分間に12リットルの水が流れると言われています。通常は全開の3分の1~半分で済んでしまうので、出すときは慎重にやりたいですね!

強く出しすぎたと思ってすぐに水道を締めても、毎日それが続けばすぐに1分に達してしまいます。出すときに意識をするだけで数十リットルの節水ができます。

食材を洗う時は水を溜めて洗おう!

野菜などの食材を洗う時に水道を出しっ放しにして洗っていませんか?非常に水道代がもったいないので、ボウルなどに水を入れて野菜を洗うと節水になります。どうしても水道を出しながら洗うと、水がかかる場所が分散してしまうので非効率になります。ボウルで洗うと、その点も解消できますよ!

洗剤は1滴で十分!

最近の洗剤は泡立ちが良いものが増えているので、1滴垂らせば家族4人分の食器くらいなら洗えてしまいます。洗剤を垂らしすぎてしまうと、洗剤を洗うための水道代をたくさん消費してしまいます。1滴であればスポンジに付いた洗剤もすぐに洗い流せますよ!

つけおき洗い!

つけおき洗いは、まず汚れている部分をキッチンペーパーや布で拭き取り、洗剤を数滴垂らし水を張った容器の中に食器類を浸けておきます。少し時間を置いてその中で食器類を洗い、最後は水で少しすすいでください。こうすると、ゴシゴシ洗ってたくさん水を使わずに油汚れを綺麗に落とすことができ節水に繋がります。

キッチン周りの節水グッズ!

節水キッチンシャワーで水量を減らす!

節水キッチンシャワーは、蛇口につけるだけで出る水の量を減らしてくれるグッズです。基本的にシャワータイプの水道になって節水を実現してくれるグッズが多いです。グッズの種類にもよりますが、大体40%~60%の節水効果があります。私はこれを付けて1ヶ月の水道代が300円減りました!年間3,600円で結構大きいと思いませんか?

食器洗い機は実はエコなんです!

食器洗い機は性能が非常に上がっていて、予備洗いが必要なくっていることもあり節水効果は非常に高いです。製品にもよりますが、手洗いと比べた場合の使用する水の量は3分の1~10分の1くらいです。

しかし、食器洗い機は高温で洗うためにガス代と電気代がかかってきます。ただ、冬などは洗い物をお湯ですると思いますが、その場合は食器洗い機の方がガス代を抑えられます。抑えられる水道代の量が大きいことから、総合的に見るとエコに繋がるのはほぼ間違いないと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
節水テクニックを駆使して節水グッズを使うことで水道代が大幅に削減できます。私はこれらを実践したことで、月の水道代が約800円削減できました。全体の水道代が約4000円だったので、大きな削減です。(ちなみに朝と晩毎日料理をしています)

イメージは湧きにくいかもしれませんが、節水をすることでCO2の削減にも繋がります。これは水道を供給するために電気を使用しているためです。できることから少しずつ始めていきたいですね!

関連する投稿


ビルトイン食洗機が欲しい!おすすめ商品は?工事費はどのくらい?

ビルトイン食洗機が欲しい!おすすめ商品は?工事費はどのくらい?

ビルトイン食洗機はシンク下やカウンター下に設置されるタイプの食洗機です。置き型と違い場所をとらないので、スッキリしたキッチンが実現します。ただ、工事やリフォームが必要なのか、高額になってしまうのではないかなど疑問も多いです。ビルトイン食洗機の導入や工事費、おすすめ商品などを紹介します。


食洗機の掃除方法。普段のお手入れが大切。

食洗機の掃除方法。普段のお手入れが大切。

食洗機は食器を洗浄する家電なので意外に見落としがちですが、当然食洗機自体も汚れます。そのため掃除をする必要があります。重要なのは日々の使用後のお手入れ。これをサボってしまうと食器の洗浄効果も半減します。また定期的にしっかりとした掃除も必要です。ここではクエン酸が活躍します。


【バイオマストイレ】毎月443円の水道代を浮かせてくれる水入らずトイレ!

【バイオマストイレ】毎月443円の水道代を浮かせてくれる水入らずトイレ!

バイオマストイレは「コンポストトイレ」とも呼ばれている水を使用しないトイレです。微生物の働きによって排泄物を分解します。水を使用していないですが、基本的には無臭で衛生的です。さらに分解されたものは肥料としても使用できるのでとてもエコなトイレと言えます。


節水から始めるCO2削減。身近な取り組みから貢献しよう!

節水から始めるCO2削減。身近な取り組みから貢献しよう!

CO2削減や省エネというと電気やガスをイメージしがちですが、「水」を供給にもエネルギーを使っています。私たちの家庭に水が届けられるまでには、下水処理や浄水、ポンプで家庭に送るといった処理が必要になり、大きなエネルギーを消費しているのです。節水からでもCO2削減は始められます。


【主婦必見】東レがエコで時短・高除去の蛇口直結型浄水器「トレビーノ」を2機種発売

【主婦必見】東レがエコで時短・高除去の蛇口直結型浄水器「トレビーノ」を2機種発売

今回は東レ株式会社が新たに発売した「トレビーノ」について紹介します。今回発売された「トレビーノ」は2種類で、時短にフォーカスした「トレビーノ カセッティ206SMX」とコンパクトさにフォーカスした「トレビーノ カセッティ308T」です。いずれも原水シャワー30%節水仕様となっており、家計にも地球にもエコな商品です。


最新の投稿


ヴィエナの椅子5選|19世紀ウィーンの雰囲気漂うおしゃれなアイテムが豊富

ヴィエナの椅子5選|19世紀ウィーンの雰囲気漂うおしゃれなアイテムが豊富

ヴィエナは約40年前に西麻布にて設立されたアイテックが手がけるファニチャーブランドの一つです。ヴィエナ(VIENNA)というブランド名からも想像できる通り、ウィーンの雰囲気を再現した商品が豊富です。高度な曲木技術が使用された椅子は独特なフォルムの商品が多いですが、幅広い雰囲気のお部屋にマッチします。


北海道のシュノーケリングスポット3選|神秘的な「青の洞窟」で特別な体験を!

北海道のシュノーケリングスポット3選|神秘的な「青の洞窟」で特別な体験を!

北海道と言えばウィンタースポーツ・アクティビティのイメージですが、シュノーケリングのようなサマーアクティビティも十分に楽しむことができます。特に「青の洞窟」で行われるシュノーケリングは神秘的な雰囲気があり、非常におすすめです。青空の下だけでなく、洞窟内のシュノーケリングもぜひ経験してみてください。


クラッセの椅子5選|最上級の暮らしを実現するアイテムが豊富

クラッセの椅子5選|最上級の暮らしを実現するアイテムが豊富

クラッセはレグナテックが展開するファニチャーブランドです。ブランドイメージは最上級の暮らしとなっており、いずれもシンプルで落ち着いた雰囲気の商品が多いです。しかし、ただシンプルなだけではなく、張地などの種類は豊富で、ポップなカラーリングもあり、遊び心も忘れていません。


東海のシュノーケリングスポット3選|静岡中心にきれいな海を堪能

東海のシュノーケリングスポット3選|静岡中心にきれいな海を堪能

東海エリアにもシュノーケリングを楽しめるスポットは充実しています。伊豆、熱海など主に静岡が中心となっており、関東圏からもアクセスしやすく、日帰りできるプランもあるため、気軽に楽しむことができます。いずれのスポットもきれいな海を堪能できますので、おすすめです。


カンディハウスの椅子5選|旭川での有名な家具ブランド。デザイン性も実用性も納得の品質!

カンディハウスの椅子5選|旭川での有名な家具ブランド。デザイン性も実用性も納得の品質!

カンディハウスは国内有数の家具産地「北海道・旭川」にある家具ブランドの一つです。旭川の中でも中心的なブランドとして、国内外から評価されています。実用性・機能性を満たしつつも、デザイン面でもユーザを楽しませてくれます。