温室効果ガスの種類とは。特徴と合わせて紹介

温室効果ガスの種類とは。特徴と合わせて紹介

地球温暖化の原因とされる温室効果ガスは大きく4つあります。4つとは二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素、フロンです。それぞれ自然にも人工的にも排出される物質です。それぞれのどのように排出されるのか、削減策はないのかなど、特徴を紹介します。


温室効果ガスは必要な物質

温室効果ガスは二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素、フロンの大きく4つがありますが、地球上になくてはならない物質でもあります。というのも、温室効果ガスは地表から放射される熱を閉じ込める効果があり大気を暖める役割があるからです。これにより私たちは快適な気温で暮らすことができています。温室効果ガスが全くない場合、地球の平均気温はマイナス20度くらいになると言われています。

温室効果ガスの種類①「二酸化炭素」

温室効果ガスの中で最も身近で有名な物質です。二酸化炭素は人間の吐く息からも排出されます。温室効果ガスの中で最も排出量が多く、その大半が化石燃料の燃焼によるものです。つまり、石油や石炭などを燃焼させる火力発電などによる排出が大半を占めています。また、森林の現象により吸収できる二酸化炭素の量が減って排出量が増加してしまっています。

温室効果ガスの種類②「メタン」

メタンガスは二酸化炭素の次に排出量の多い物質です。二酸化炭素よりも数十倍の温室効果があるとされています。大半は湿原などから自然発生しています。人工的な排出は全体の6割程とされています。その大半が水田や家畜などから排出される農業活動によるものです。家畜のゲップからメタンが排出されるのは有名な話です。後は廃棄物処理の過程での発生が多くなっています。

温室効果ガスの種類③「一酸化二窒素」

メタンの次に排出が多いのが一酸化二窒素です。吸引すると酩酊状態になり世界で薬物代わりの乱用が問題になっています(日本では指定薬物)。主に農業や医療用や工業用に使われる物質で身近なところだと麻酔に使われています。笑気麻酔と言われるのがこれです。排出量の3分の1が人間の活動によるものと言われています。

温室効果ガスの種類④「フロンガス」

フロンガスは一番排出の少ない物質ですが、オゾン層を破壊する厄介な物質です。主に業務用のエアコンや冷凍冷蔵機器に使用されていて冷媒の役割を果たしています。フロン排出抑制法が施行され、回収までが義務付けられています。

まとめ

温室効果ガスそれぞれの排出割合は、こちらの表のとおりです。二酸化炭素が大半を占めていることがわかります。化石燃料由来とありますが、発電等により使用しているのは一般家庭部門が半分くらいを占めています。二酸化炭素は普段の生活で削減の努力ができるので、省エネに努めていきたいですね。

関連する投稿


地球温暖化の仕組み。なぜ温室効果ガスが影響するの?

地球温暖化の仕組み。なぜ温室効果ガスが影響するの?

地球温暖化は温室効果ガスが原因で起きているとされています。ただ、温室効果ガスがないと地球はマイナス20度くらいになるとされていて、私たちが生活できるレベルに大気を暖めてくれる役割も持っています。一体、温室効果ガスが地球温暖化を引き起こしている仕組みとはどのようなものなのでしょうか?


地球温暖化はいつから始まったの?最近のこと?

地球温暖化はいつから始まったの?最近のこと?

地球温暖化と言われ始めたのは最近のことのように感じますが、実際はいつから始まったのでしょうか? 温室効果ガスを地球温暖化とするなら、増え始めた産業革命以降から地球温暖化が始まったという考え方が正しいかもしれません。今回は地球温暖化の歴史について紹介します。


日本の地球温暖化対策の現状とは?

日本の地球温暖化対策の現状とは?

日本は二酸化炭素排出量で世界の約4%を占めている国です。これは中国、アメリカ、インド、ロシアに次いで5位に位置しています。日本は省エネ化が進んでいると言われますが、世界的に見れば二酸化炭素排出大国であることは間違いありません。では、どのような地球温暖化対策が行われているのでしょうか?


地球温暖化を防止する取り組み「Fun to Share」とは?過去の取り組みと合わせて紹介。

地球温暖化を防止する取り組み「Fun to Share」とは?過去の取り組みと合わせて紹介。

地球温暖化を防止するための施策は環境省主導で行われています。最初は「チームマイナス6%」から始まり、「チャレンジ25キャンペーン」に移行し、現在は「Fun to Share」という取り組みが始まっています。この背景には京都議定書で決まった二酸化炭素の削減目標があります。


オゾン層の厚さってどのくらい?3mmって本当?

オゾン層の厚さってどのくらい?3mmって本当?

オゾン層はフロンガスという温室効果ガスが原因で以前から破壊の危機が伝えられています。ではそのオゾン層、一体どのくらいの厚みがあるかご存知ですか? 実は地上に集めたらわずか3mm程度と言われています。ただ、大気中にオゾン層の3mmの膜があるわけではないので注意が必要です。


最新の投稿


北陸・富山のラフティングスポット3選|黒部、庄川、神通川などおすすめ!

北陸・富山のラフティングスポット3選|黒部、庄川、神通川などおすすめ!

北陸・富山にもラフティングを楽しめる川が存在します。黒部川や庄川、神通川などが有名です。急流でスリルを楽しむと言うよりは、まずはラフティングを経験してみるという初心者にピッタリなスポットが多いので、ぜひチェックしてみてください。


匠工芸の椅子5選|ユニークでかわいらしい商品がいっぱい!

匠工芸の椅子5選|ユニークでかわいらしい商品がいっぱい!

匠工芸は北海道にある木製家具メーカーです。名前からも分かるように職人の技を活かした商品を多く販売しています。匠工芸では伝統的な技術を使って新しいまたはユニークなコンセプトの家具を多く発表しており、椅子も充実しています。休みの日にゆったりしたりするのにピッタリな商品ばかりですのでぜひチェックしてみてください。


東北のラフティングスポット3選|山形・青森・岩手などの観光と合わせて!

東北のラフティングスポット3選|山形・青森・岩手などの観光と合わせて!

東北エリアにもラフティングを楽しめるスポットが充実しています。山形、青森、岩手とそれぞれにおすすめのスポットがありますので、是非チェックしてみてください。初心者向けの緩やかな川や、逆に国内有数の急流でラフティングを楽しめるスポットなど幅広いです。


飛騨産業の椅子5選|人気木工家具メーカーの自然を活かした椅子を堪能

飛騨産業の椅子5選|人気木工家具メーカーの自然を活かした椅子を堪能

飛騨産業は前身となる会社が1920年に設立されており、今年で97年期を向かえる老舗木工家具メーカーです。伝統的な技術活かした商品だけでなく、近代的なコンセプトのシリーズも発表しており、非常に先進的なメーカーとしても有名です。


北海道のラフティングスポット5選|国内トップクラスの”きれいな”川を堪能

北海道のラフティングスポット5選|国内トップクラスの”きれいな”川を堪能

北海道はウィンタースポーツのイメージが強いですが、ラフティングのようなアクティビティを堪能できるスポットも豊富にあります。北海道のラフティングスポットとなる川は国内でも有数の良質な水質の場所が多く、とてもきれいです。また、それぞれのラフティングスポットは子供と一緒に楽しめるので、家族旅行などにもピッタリです。