酸性雨の原因と影響とは?対策はあるの?

酸性雨の原因と影響とは?対策はあるの?

酸性雨は大気中の酸性汚染物質が混じった雨のことです。化石燃料を燃焼させることで生じる有害物質が気体となり、雲の中で水分と結合することで発生します。この酸性雨により、森林が枯れる、土壌汚染が進む、生物が生息できなくなる、建造物や銅像が溶けるなどの影響が出ています。対策はあるのでしょうか?


酸性雨の原因とメカニズム

酸性雨とは大気中の酸性汚染物質が混じった雨のことです。化石燃料を燃焼させることで生じる有害物質が気体となり、雲の中で水分と結合することで発生します。硫黄酸化物や窒素酸化物が主な原因物質です。

化石燃料とは石油や石炭のことで、発電などのために日々世界中で燃やされ続けています。化石燃料の燃焼以外に、自動車の排気ガスなども有害物質を排出している原因の一つです。

酸性雨の影響①「自然」

酸性雨には強酸という物質が含まれています。この物質はものを溶かしたり腐食させたりします。森林に関しては枯れる、土壌に関しては汚染させるという影響があるのです。また、地下水へ流れることで水の汚染も引き起こします。

酸性雨の影響②「建造物」

酸性雨にはものを溶かす力があるため、建造物にも影響を与えます。銅像が溶けてしまっている映像を見たことがあると思いますが、酸性雨の影響です。特に深刻なのはヨーロッパで、多くの歴史的な建造物に被害が出ています。

酸性雨の影響③「人体」

もちろん人体にも影響があります。地下水が汚染され、その水を飲むことによる健康被害。直接酸性雨に当たることによる肌荒れや髪の毛の変色などが挙げられます。よく雨に濡れるとハゲるという話がありますが、間違ってはいません。

酸性雨への対策

酸性雨の対策として一番わかりやすいのは排ガス規制です。これにより大気汚染物質排出の上限が決まっていて、各メーカーは基準をクリアしなければいけません。世界では他にも硫黄の排出量を30%削減することを定めた「ヘルシンキ議定書」、酸性雨に対する国際的な協力を行う「ジュネーブ条約」などにより対策がとられています。

まとめ

酸性雨は世界中で深刻な被害をもたらしています。しかし、原因が特定されているため、地球温暖化と違ってわかりやすく効果的な対策を実施できます。要は有害物質を排出しないようにすることです。私たちに出来ることは少ないですが、省エネすることは化石燃料を燃焼させる量を減少させることに繋がるので、立派な対策になります。

関連するキーワード


酸性雨

関連する投稿


酸性雨とは何か?原因や影響は?

酸性雨とは何か?原因や影響は?

酸性雨について、どれだけの方が、正確に理解されているでしょうか? ここでは、酸性雨についての理解を少しでも深めていただけるよう、ちょっぴり丁寧に説明したいと思います。


最新の投稿


ダイソーのスリムボトルが人気。持ち運びにも収納にも便利♪

ダイソーのスリムボトルが人気。持ち運びにも収納にも便利♪

ダイソーから新しく発売されたスリムボトルが人気を集めています。名前のとおり、スリムな形状でスタイリッシュなデザインになっています。ウォーターボトルとして持ち運んでもいいですし、収納にもおすすめです。


セリアから新作ウォーターボトルが登場。可愛いデザイン♪

セリアから新作ウォーターボトルが登場。可愛いデザイン♪

マイボトルとして人気の100均ウォーターボトル。セリアにはたくさんの種類がありますが、新作が登場し人気を集めています。レトロ可愛いデザインやサーフデザインがあり、夏にピッタリです。インテリアとしてもおすすめです。


無印良品のフックが使える。おしゃれな木製も!

無印良品のフックが使える。おしゃれな木製も!

無印良品はシンプルで質の高いアイテムが充実しています。今回紹介するフックも、定番のS字フックからアイデア溢れるフックまであり、おしゃれな木製フックもあります。無印良品で手に入るフックや活用法を紹介します。


ダイソーの夏グッズが充実。お出かけ用品もインテリアアイテムも揃う♪

ダイソーの夏グッズが充実。お出かけ用品もインテリアアイテムも揃う♪

5月も後半になり、いよいよ夏の一歩手前となりました。夏はお出かけする機会が増えますし、家の中にいても涼しさを求めます。ダイソーではそんな暑い夏にピッタリなグッズが続々登場しています。


ダチュラの育て方!きれいな花と甘い芳香、毒には注意

ダチュラの育て方!きれいな花と甘い芳香、毒には注意

ダチュラの育て方を紹介します。ダチュラはインドや熱帯アメリカ原産の植物です。主にチョウセンアサガオと呼ばれるダチュラ・メテルという品種が栽培されています。チョウセンと付きますが、朝鮮原産ではなく広く海外という意味があります。きれいな花と甘い芳香がありますが、毒には注意が必要です。