外来種とは?どうやって入ってくるの?

外来種とは?どうやって入ってくるの?

外来種とは本来その地域には生息していなかったのに、人間の活動により入ってきてしまった生物のことです。元々その地域にあった生態系を破壊するため、深刻な環境問題の一つとなっています。日本だけでなく世界的な問題で、各国が法律などを整備して対策にあたっています。


外来種とは

外来種とは本来その地域には生息していなかったのに、人間の活動により入ってきてしまった生物のことです。写真の可愛らしいアライグマもアメリカから来た外来種です。現在では日本全域で野生化してしまっています。動物相・植物相の食害を中心とした被害があります。もちろん、被害を受けているのは日本だけではありません。日本の在来種が海外では外来種として深刻な被害を出しているケースもあります。

外来種はどうやって入ってくるの?

外来種は意図的に入ってくるケースと自然に入ってくるケースがあります。

意図的に入ってくるケース

一番わかりやすいのはペットとして飼われていた生物が野外に放たれてしまう場合です。飼育が面倒になって放ってしまう人もいますし、生物が脱走してしまうこともあります。また、ある害虫の天敵として放たれて野生化してしまうこともあります。

自然に入ってきてしまうケース

現代において貿易をしていない国はほぼありません。船に生物が紛れ込んでいたり、人に付着していたりして自然に入ってきてしまうことがあります。この場合は大型の生物は少なく、昆虫や植物が多いです。

外来種による問題

外来種の中でも生態系を脅かす恐れのある生物を侵略的外来種と呼びます。この侵略的外来種にはいくつかの問題があります。

在来種を捕食する

在来種を捕食することで、食物連鎖のバランスが崩れ生態系に悪影響を及ぼします。

在来種と交配

在来種と交配することで新しい種が生まれてしまいます。これにより新しい病気が発生したり病原菌が発生したりする可能性があります。

人間への影響

農作物に被害をもたらしたり新しい病原菌が生まれて人体に影響を与えたりするケースがあります。

外来種への対策

外来種への対策として各国が法律を整備しています。日本では「外来生物法」という法律があります。この法律により外来種を飼育、栽培、保管及び運搬することが原則禁止されています。研究目的や管理できる状態にある場合は許可されることもありますが、マイクロチップを埋め込む個体識別のための措置が必要になります。違反した場合は、懲役3年以下もしくは300万円以下の罰金が課せられます。

まとめ

外来種の問題は非常に深刻です。既に野生化し増殖してどうにもならない生物もたくさんいます。こういった生物とは付き合っていくしかありませんが、新しい外来種が発生して生態系を荒らさないようにしていく必要があります。

関連するキーワード


外来種 生態系

関連する投稿


外来種は駆除できる?生物に罪はない?

外来種は駆除できる?生物に罪はない?

外来種は世界中で深刻な問題を引き起こしています。外来種の一部は在来種を駆逐させたりする侵略的外来種で、その地域の生態系を破壊してしまいます。そういった外来種は駆除が進められることが多いですが、生物に罪はないという反対論があるのも事実です。


地球温暖化による生態系への影響とは?

地球温暖化による生態系への影響とは?

地球温暖化によって生態系は大きく変化します。最悪の場合、環境の変化に適応できず生物が絶滅してしまうことあります。これは陸上の動物、水中の動物、植物全てに言えることです。このような変化が起きれば当然私たちの暮らしも影響を受けます。


日本の外来種問題。被害と対策とは?

日本の外来種問題。被害と対策とは?

外来種の問題は哺乳類などの動物や昆虫、植物と多岐にわたります。世界中の問題ですが、日本でも外来種問題は深刻です。日本には外来種が約2,000種いるとされ、生態系や人間の活動に影響を与えています。外来種の被害や対策についてまとめました。


地球温暖化がホッキョクグマに与える影響と対策とは?

地球温暖化がホッキョクグマに与える影響と対策とは?

地球温暖化は生態系に大きな影響を及ぼします。中でも有名なのがホッキョクグマです。北極圏は気温上昇の影響が大きく、100年の間に2°上昇したと言われています。海氷も半分近く失われたという報告もあります。そこで暮らすホッキョクグマは2005年に絶滅の可能性がある「危急種(VU)」に指定されました。


動植物が絶滅危惧種となる5つの原因。どんな対策が取られているの?

動植物が絶滅危惧種となる5つの原因。どんな対策が取られているの?

世界中で数多くの動植物が絶滅の危機に瀕しています。もちろん、自然現象によって絶滅してしまう場合もありますが、人的な要因によって絶滅する場合もたくさんあります。今回は動植物が絶滅危惧種となる原因を5つ紹介し、どんな対策が取られているかについても触れていきます。


最新の投稿


関東のSUPプラン3選|アクセス良好で、手軽に楽しむ水上散歩♪

関東のSUPプラン3選|アクセス良好で、手軽に楽しむ水上散歩♪

SUPは立ちながらボートを漕ぐ水上アクティビティの一つです。比較的手軽に楽しめるアクティビティとなっており、数時間のレッスンで十分に楽しめるスキルが身につきます。関東にもSUPを楽しめるスポット・プランは充実しております。


広松木工の椅子5選|シンプルかつ実用的なプロダクトが魅力的!

広松木工の椅子5選|シンプルかつ実用的なプロダクトが魅力的!

広松木工は日本の五大家具産地に数えられている福岡県大川市に拠点を置く家具メーカーです。約70年に渡って、シンプルかつ実用性の高い家具を製造し続けています。豪華絢爛な装飾はありませんが、スッキリとしたフォルムで機能性は高い椅子が好評です。


沖縄のパラセーリングプラン3選|美しい海を空から眺める!

沖縄のパラセーリングプラン3選|美しい海を空から眺める!

沖縄のアクティビティの一つにパラセーリングがあります。パラセーリングを体験すると、美しい沖縄の海を空から眺めることが可能となり、絶景な景色を堪能できます。海の空中散歩を堪能できますし、ちょっと空いた時間に参加できますので、要チェックです。


フリッツ・ハンセンの椅子5選|北欧でも人気の家具メーカー!

フリッツ・ハンセンの椅子5選|北欧でも人気の家具メーカー!

フリッツ・ハンセンは北欧の家具メーカーの中でも人気のブランドの一つです。また、同社の発表している椅子は「セブンチェア」「アリンコチェア」「エッグチェア」などデザイン性が高く、さらに世界的にも評価されている製品が充実しています。


関東のバンジージャンプスポット3選|国内随一の高さも体験できる!

関東のバンジージャンプスポット3選|国内随一の高さも体験できる!

関東には40m台から国内でもっとも高い100mまでのバンジージャンプスポットがあります。はじめてバンジージャンプを体験する方も、何度も経験されたことがある方も十分に楽しめるエリアとなっています。特に国内一の高さを誇る竜神バンジーは踏み出すことさえできれば最高に気分が良いと好評です。