日本の絶滅危惧種を知る。レッドリスト登録動物の一覧

日本の絶滅危惧種を知る。レッドリスト登録動物の一覧

絶滅危惧種は絶滅の危機にある動植物のことです。環境省は絶滅危惧種をレッドリストというリストにまとめていて定期的に公開しています。絶滅危惧種には危険度ごとに4つの段階があります。今回はレッドリストに登録されている動物を一覧で紹介します。


絶滅危惧種、4つの段階

絶滅危惧種は絶滅の危険度に応じて、4つの段階があります。

1、絶滅危惧Ⅰ類 (CR+EN)
絶滅の危機に瀕している種

2、絶滅危惧ⅠA類(CR)
ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの

3、絶滅危惧ⅠB類(EN)
ⅠA類ほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの

4、絶滅危惧Ⅱ類 (VU)
絶滅の危険が増大している種

1番が絶滅の可能性が最も高い状態です。環境省が公開しているレッドリストには、哺乳類・鳥類など動物の種類ごとに、絶滅危惧種が4段階でまとめられています。

哺乳類の絶滅危惧種

最新2015年のレッドリストによると、哺乳類の絶滅危惧種は、絶滅危惧ⅠA類(CR)が12種、絶滅危惧IB類(EN)が12種、絶滅危惧Ⅱ類(VU)が9種存在しています。

「ラッコ」
絶滅危惧ⅠA類(CR)

「イリオモテヤマネコ」
絶滅危惧ⅠA類(CR)

「ジュゴン」
絶滅危惧ⅠA類(CR)

絶滅危惧ⅠA類(CR)の計12種

・センカクモグラ
・ダイトウオオコウモリ
・エラブオオコウモリ
・クロアカコウモリ
・ヤンバルホオヒゲコウモリ
・オキナワトゲネズミ
・セスジネズミ
・ツシマヤマネコ
・イリオモテヤマネコ
・ラッコ
・ニホンアシカ
・ジュゴン

絶滅危惧IB類(EN)の計12種

・オリイジネズミ
・エチゴモグラ
・オガサワラオオコウモリ
・オリイコキクガシラコウモリ
・オキナワコキクガシラコウモリ
・コヤマコウモリ
・リュウキュウユビナガコウモリ
・リュウキュウテングコウモリ
・アマミトゲネズミ
・トクノシマトゲネズミ
・ケナガネズミ
・アマミノクロウサギ

絶滅危惧Ⅱ類(VU)の計9種

・トウキョウトガリネズミ
・ヤエヤマコキクガシラコウモリ
・クビワコウモリ
・ヤマコウモリ
・モリアブラコウモリ
・ウスリホオヒゲコウモリ
・ホンドノレンコウモリ
・クロホオヒゲコウモリ
・オヒキコウモリ

鳥類の絶滅危惧種

鳥類は絶滅危惧ⅠA類(CR)に23種、絶滅危惧ⅠB類(EN)に31種、絶滅危惧Ⅱ類(VU)に43種が登録されています。

「コウノトリ」
絶滅危惧ⅠA類(CR)

「ヤンバルクイナ」
絶滅危惧ⅠA類(CR)

「ワシミミズク」
絶滅危惧ⅠA類(CR)

絶滅危惧ⅠA類(CR)の計23種

・オガサワラヒメミズナギドリ
・クロコシジロウミツバメ
・チシマウガラス
・オオヨシゴイ
・コウノトリ
・シジュウカラガン
・ハクガン
・カンムリワシ
・ヤンバルクイナ
・ヘラシギ
・カラフトアオアシシギ
・ウミガラス
・ウミスズメ
・エトピリカ
・アカガシラカラスバト
・ワシミミズク
・シマフクロウ
・キンメフクロウ
・ノグチゲラ
・ミユビゲラ
・チゴモズ
・シマアオジ
・オガサワラカワラヒワ

絶滅危惧ⅠB類(EN)の計31種

・コアホウドリ
・セグロミズナギドリ
・アカオネッタイチョウ
・アカアシカツオドリ
・ヒメウ
・サンカノゴイ
・クロツラヘラサギ
・カリガネ
・リュウキュウツミ
・オガサワラノスリ
・クマタカ
・イヌワシ
・チュウヒ
・ライチョウ
・オオクイナ
・シマクイナ
・コシャクシギ
・ヨナクニカラスバト
・シラコバト
・キンバト
・ブッポウソウ
・ヤイロチョウ
・アカモズ
・モスケミソサザイ
・ホントウアカヒゲ
・アカコッコ
・オオセッカ
・ウチヤマセンニュウ
・ナミエヤマガラ
・オーストンヤマガラ
・ハハジマメグロ

絶滅危惧Ⅱ類(VU)の計43種

・アホウドリ
・ヒメクロウミツバメ
・ミゾゴイ
・ズグロミゾゴイ
・コクガン
・ヒシクイ
・ツクシガモ
・トモエガモ
・オジロワシ
・オオワシ
・サシバ
・ハヤブサ
・ウズラ
・タンチョウ
・ナベヅル
・マナヅル
・タマシギ
・シロチドリ
・ツルシギ
・アカアシシギ
・タカブシギ
・オオソリハシシギ
・ホウロクシギ
・アマミヤマシギ
・セイタカシギ
・ツバメチドリ
・ズグロカモメ
・オオアジサシ
・ベニアジサシ
・エリグロアジサシ
・コアジサシ
・ケイマフリ
・カンムリウミスズメ
・ダイトウコノハズク
・リュウキュウオオコノハズク
・クマゲラ
・オーストンオオアカゲラ
・サンショウクイ
・タネコマドリ
・アカヒゲ
・オオトラツグミ
・イイジマムシクイ
・コジュリン

爬虫類の絶滅危惧種

爬虫類は絶滅危惧ⅠA類(CR)に4種、絶滅危惧ⅠB類(EN)に9種、絶滅危惧Ⅱ類(VU)に23種登録されています。

「アカウミガメ」
絶滅危惧ⅠB類(EN)

「タイマイ」
絶滅危惧ⅠB類(EN)

「タシロヤモリ」
絶滅危惧Ⅱ類(VU)

絶滅危惧ⅠA類(CR)の計4種

・イヘヤトカゲモドキ
・クメトカゲモドキ
・ミヤコカナヘビ
・キクザトサワヘビ

絶滅危惧ⅠB類(EN)の計9種

・アカウミガメ
・タイマイ
・オビトカゲモドキ
・マダラトカゲモドキ
・アオスジトカゲ
・シュウダ
・ヨナグニシュウダ
・ミヤコヒバァ
・ミヤコヒメヘビ

絶滅危惧Ⅱ類(VU)の計23種

・アオウミガメ
・ヤエヤマセマルハコガメ
・リュウキュウヤマガメ
・クロイワトカゲモドキ
・ミナミトリシマヤモリ
・タシロヤモリ
・ヤクヤモリ
・オキナワキノボリトカゲ
・ヨナグニキノボリトカゲ
・オキナワトカゲ
・キシノウエトカゲ
・バーバートカゲ
・ミヤコトカゲ
・サキシマカナヘビ
・コモチカナヘビ
・ヤエヤマタカチホヘビ
・サキシマスジオ
・ミヤラヒメヘビ
・クメジマハイ
・イワサキワモンベニヘビ
・エラブウミヘビ
・ヒロオウミヘビ
・イイジマウミヘビ

両生類の絶滅危惧種

両生類の絶滅危惧種は絶滅危惧ⅠA類(CR)に1種、絶滅危惧ⅠB類(EN)に10種、絶滅危惧Ⅱ類(VU)に11種登録されています。

「ナゴヤダルマガエル」
絶滅危惧ⅠB類(EN)

「オオイタサンショウウオ」
絶滅危惧Ⅱ類(VU)

絶滅危惧ⅠA類(CR)の計1種

・アベサンショウウオ

絶滅危惧ⅠB類(EN)の計10種

・アカイシサンショウウオ
・ハクバサンショウウオ
・ホクリクサンショウウオ
・ナゴヤダルマガエル
・ナミエガエル
・アマミイシカワガエル
・オキナワイシカワガエル
・コガタハナサキガエル
・オットンガエル
・ホルストガエル

絶滅危惧Ⅱ類(VU)の計11種

・オオイタサンショウウオ
・オオダイガハラサンショウウオ
・オキサンショウウオ
・カスミサンショウウオ
・トウキョウサンショウウオ
・ベッコウサンショウウオ
・オオサンショウウオ
・イボイモリ
・ヤエヤマハラブチガエル
・アマミハナサキガエル
・ハナサキガエル

汽水・淡水魚類の絶滅危惧種

汽水・淡水魚類は絶滅危惧ⅠA類(CR)に69種、絶滅危惧ⅠB類(EN) に54種、絶滅危惧Ⅱ類(VU)に44種登録されています。

「ベニザケ(ヒメマス)」
絶滅危惧ⅠA類(CR)

「ムツゴロウ」
絶滅危惧ⅠB類(EN)

「メダカ」
絶滅危惧Ⅱ類(VU)

絶滅危惧ⅠA類(CR)の計69種

・コゲウツボ
・ナミダカワウツボ
・フナ属の1種(琉球列島)
・ミヤコタナゴ
・イチモンジタナゴ
・イタセンパラ
・ミナミアカヒレタビラ
・セボシタビラ
・ゼニタナゴ
・ニッポンバラタナゴ
・スイゲンゼニタナゴ
・ワタカ
・ヒナモロコ
・シナイモツゴ
・ウシモツゴ
・アブラヒガイ
・ホンモロコ
・サンヨウコガタスジシマドジョウ
・ハカタスジシマドジョウ
・タンゴスジシマドジョウ
・アユモドキ
・リュウキュウアユ
・アリアケシラウオ
・アリアケヒメシラウオ
・ベニザケ(ヒメマス)
・タウナギ属の1種(琉球列島)
・ハリヨ
・ムサシトミヨ
・トミヨ属雄物型
・ホシイッセンヨウジ
・タニヨウジ
・ヒメテングヨウジ
・カワボラ
・アゴヒゲオコゼ
・ヒゲソリオコゼ
・カガミテンジクダイ
・ウラウチフエダイ
・アオギス
・テッポウウオ
・ヨコシマイサキ
・ニセシマイサキ
・シミズシマイサキ
・ウラウチヘビギンポ
・ヒルギギンポ
・カワギンポ
・ツバサハゼ
・ヤエヤマノコギリハゼ
・トカゲハゼ
・ヨロイボウズハゼ
・カエルハゼ
・アカボウズハゼ
・ハヤセボウズハゼ
・コンテリボウズハゼ
・ドウクツミミズハゼ
・ミスジハゼ
・ウラウチイソハゼ
・シマサルハゼ
・ヒメトサカハゼ
・クロトサカハゼ
・イサザ
・ジュズカケハゼ鳥海山周辺固有種
・ジュズカケハゼ富山固有種
・アゴヒゲハゼ
・コンジキハゼ
・カワクモハゼ
・アオバラヨシノボリ
・コマチハゼ
・ヒメサツキハゼ
・タイワンキンギョ

絶滅危惧ⅠB類(EN)の計54種

・ニホンウナギ
・ドロクイ
・エツ
・ゲンゴロウブナ
・ニゴロブナ
・タナゴ
・シロヒレタビラ
・アカヒレタビラ
・キタノアカヒレタビラ
・カゼトゲタナゴ
・カワバタモロコ
・ウケクチウグイ
・ヨドゼゼラ
・ツチフキ
・イシドジョウ
・ヒナイシドジョウ
・オオガタスジシマドジョウ
・トウカイコガタスジシマドジョウ
・サンインコガタスジシマドジョウ
・ビワコガタスジシマドジョウ(ヨドコガタスジシマドジョウを含む)
・オンガスジシマドジョウ
・アリアケスジシマドジョウ
・オオヨドシマドジョウ
・エゾホトケドジョウ
・ホトケドジョウ
・ナガレホトケドジョウ
・ホトケドジョウ属の1種(東海集団)
・ネコギギ
・イトウ
・アミメカワヨウジ
・ナガレフウライボラ
・ヤマノカミ
・カジカ小卵型
・カジカ中卵型
・アカメ
・オヤニラミ
・アトクギス
・トゲナガユゴイ
・ジャノメハゼ
・タナゴモドキ
・タメトモハゼ
・ゴシキタメトモハゼ
・ムツゴロウ
・チワラスボ
・トサカハゼ
・キセルハゼ
・クボハゼ
・ジュズカケハゼ関東固有種
・シマエソハゼ
・エソハゼ
・ホホグロハゼ
・オガサワラヨシノボリ
・キバラヨシノボリ
・コビトハゼ

絶滅危惧Ⅱ類(VU)の計44種

・スナヤツメ北方種
・スナヤツメ南方種
・カワヤツメ
・キンブナ
・ハス
・ゼゼラ
・デメモロコ
・スゴモロコ
・アジメドジョウ
・トサシマドジョウ
・チュウガタスジシマドジョウ
・ヤマトシマドジョウ
・ギバチ
・アリアケギバチ
・アカザ
・オショロコマ
・ミヤベイワナ
・ゴギ
・エゾトミヨ
・メダカ北日本集団
・メダカ南日本集団
・カマキリ(アユカケ)
・ナンヨウチヌ
・イシドンコ
・ホシマダラハゼ
・タビラクチ
・アサガラハゼ
・ワラスボ
・ヒゲワラスボ
・ルリボウズハゼ
・シロウオ
・ミナミヒメミミズハゼ
・エドハゼ
・チクゼンハゼ
・シンジコハゼ
・ハゼクチ
・ミナミアシシロハゼ
・マサゴハゼ
・ムジナハゼ
・キララハゼ
・マングローブゴマハゼ
・ゴマハゼ
・ギンポハゼ
・ボルネオハゼ

昆虫類の絶滅危惧種

昆虫類は絶滅危惧ⅠA類(CR)に65種、絶滅危惧ⅠB類(EN)に106種、絶滅危惧Ⅱ類(VU)に187種登録されています。

「ミヤジマトンボ」
絶滅危惧ⅠA類(CR)

「ゴイシツバメシジミ」
絶滅危惧ⅠA類(CR)

「エゾアカネ」
絶滅危惧ⅠB類(EN)

絶滅危惧ⅠA類(CR)の計65種

トンボ目
・アカメイトトンボ
・オガサワラアオイトトンボ
・オガサワラトンボ
・ベッコウトンボ
・ミヤジマトンボ

バッタ目
・アカハネバッタ
・マボロシオオバッタ
・オガサワライナゴ

カメムシ目
・イシガキニイニイ
・タイワンコオイムシ
・タイワンタガメ
・カワムラナベブタムシ

コウチュウ目
・オガサワラハンミョウ
・ミハマオサムシ
・ヨコハマナガゴミムシ
・アオヘリアオゴミムシ
・オオヒラタトックリゴミムシ
・コセスジゲンゴロウ
・マルコガタノゲンゴロウ
・フチトリゲンゴロウ
・シャープゲンゴロウモドキ
・マダラシマゲンゴロウ
・マダラゲンゴロウ
・リュウキュウヒメミズスマシ
・リュウノイワヤツヤムネハネカクシ
・ヨナグニマルバネクワガタ
・オガサワラムツボシタマムシ母島亜種
・ツマベニタマムシ聟島亜種
・クメジマボタル
・キンモンオビハナノミ
・クロサワオビハナノミ
・オガサワラオビハナノミ
・ニセキボシハナノミ小笠原亜種
・クスイキボシハナノミ
・ミイロトラカミキリ
・フサヒゲルリカミキリ
・ケズネオガサワラカミキリ
・アラゲオガサワラカミキリ
・ヒメオガサワラカミキリ
・サトウオガサワラカミキリ母島亜種
・ヒゲシロアラゲカミキリ
・アオキクスイカミキリ
・アオノネクイハムシ
・ダイトウスジヒメカタゾウムシ
・ヒメカタゾウムシ母島亜種

ハチ目
・オガサワラヤドリキバチ
・オガサワラセイボウ
・チチジマピソン

ハエ目
・ヤツシロハマダラカ

チョウ目
・ウスイロオナガシジミ九州亜種
・オガサワラシジミ
・タイワンツバメシジミ南西諸島亜種
・キタアカシジミ冠高原亜種
・ゴマシジミ本州中部亜種
・ゴイシツバメシジミ
・オオルリシジミ本州亜種
・ウスイロヒョウモンモドキ
・ヒョウモンモドキ
・オオウラギンヒョウモン
・ヒメヒカゲ本州中部亜種
・タカネヒカゲ八ヶ岳亜種
・ヒメチャマダラセセリ
・カバシタムクゲエダシャク
・ノシメコヤガ
・ミヨタトラヨトウ

絶滅危惧ⅠB類(EN)の計106種

トンボ目
・オオセスジイトトンボ
・ヒヌマイトトンボ
・オオモノサシトンボ
・コバネアオイトトンボ
・ハナダカトンボ
・トビイロヤンマ
・ハネナガチョウトンボ
・エゾアカネ
・マダラナニワトンボ
・オオキトンボ

ガロアムシ目
・イシイムシ

カメムシ目
・コバンムシ

コウチュウ目
・イカリモンハンミョウ
・カワラハンミョウ
・ルイスハンミョウ
・リシリキンオサムシ
・キベリマルクビゴミムシ
・フタモンマルクビゴミムシ
・コハンミョウモドキ
・ワタラセハンミョウモドキ
・リュウノメクラチビゴミムシ
・ケバネメクラチビゴミムシ
・ツヅラセメクラチビゴミムシ
・ウスケメクラチビゴミムシ
・タカモリメクラチビゴミムシ
・キタヤマメクラチビゴミムシ
・マスゾウメクラチビゴミムシ
・アブクマナガチビゴミムシ
・カダメクラチビゴミムシ
・ナカオメクラチビゴミムシ
・スリカミメクラチビゴミムシ
・サツマキバナガミズギワゴミムシ
・オガサワラモリヒラタゴミムシ
・ハハジマモリヒラタゴミムシ
・アマミナガゴミムシ
・オガサワラアオゴミムシ
・チビアオゴミムシ
・アマミスジアオゴミムシ
・キイロホソゴミムシ
・カミヤコガシラミズムシ
・キボシチビコツブゲンゴロウ
・ギフムカシゲンゴロウ
・カガミムカシゲンゴロウ
・トサムカシゲンゴロウ
・オオメクラゲンゴロウ
・トサメクラゲンゴロウ
・キタノツブゲンゴロウ
・ヤシャゲンゴロウ
・オオイチモンジシマゲンゴロウ
・コミズスマシ
・ヒメミズスマシ
・ホソガムシ
・セスジガムシ
・シジミガムシ
・オオズウミハネカクシ
・ウケジママルバネクワガタ
・ヤンバルテナガコガネ
・アヤスジミゾドロムシ
・ハガマルヒメドロムシ
・アカツヤドロムシ
・イリオモテボタル
・コクロオバボタル
・オガサワラモンハナノミ
・オガサワラキンオビハナノミ
・マイキンオビハナノミ母島亜種
・ムコジマトラカミキリ
・ムコジマキイロトラカミキリ
・フタモンアメイロカミキリ母島列島亜種
・ヨツボシカミキリ
・ムコジマオガサワラカミキリ
・ノブオフトカミキリ

ハエ目
・サツマツノマユブユ
・ヨナクニウォレスブユ
・ヒメケヅメカ
・イソメマトイ
・ヨナハニクバエ

チョウ目
・ミスジコスカシバ
・ヒメシロチョウ
・ツマグロキチョウ
・ヤマキチョウ
・タイワンツバメシジミ本土亜種
・ゴマシジミ中国・九州亜種
・クロシジミ
・ミヤマシジミ
・アサマシジミ北海道亜種
・アサマシジミ中部低地帯亜種
・オオルリシジミ九州亜種
・シルビアシジミ
・コヒョウモンモドキ
・ヒメヒカゲ本州西部亜種
・クロヒカゲモドキ
・チャマダラセセリ
・ホシチャバネセセリ
・アカセセリ
・ソトオビエダシャク
・チャホシホソバナミシャク
・ヒトスジシロナミシャク本州亜種
・サキシマウスクモナミシャク
・ミスズコヤガ
・ミツモンケンモン
・ヘリグロヒメヨトウ
・オガサワラヒゲヨトウ
・クロコシロヨトウ
・コンゴウミドリヨトウ
・オイワケクロヨトウ
・ヒメカクモンヤガ

絶滅危惧Ⅱ類(VU)の計187種

トンボ目
・オガサワライトトンボ
・カラフトイトトンボ
・アオナガイトトンボ
・オオサカサナエ
・ナゴヤサナエ
・メガネサナエ
・オキナワミナミヤンマ
・ミナミトンボ
・サキシマヤマトンボ
・ハネビロエゾトンボ
・シマアカネ
・アサトカラスヤンマ
・ナニワトンボ

ゴキブリ目
・ミヤコホラアナゴキブリ

カメムシ目
・ダイトウヒメハルゼミ
・クロイワゼミ
・チョウセンケナガニイニイ
・ムニンヤツデキジラミ
・チャマダラキジラミ
・ツツジコブアブラムシ
・ケヤキワタムシ
・ハシバミヒゲナガアブラムシ
・イトアメンボ
・ケブカオヨギカタビロアメンボ
・シオアメンボ
・シロウミアメンボ
・トゲアシアメンボ
・タガメ
・トゲナベブタムシ
・エグリタマミズムシ
・ハハジマハナカメムシ
・ゴミアシナガサシガメ
・フサヒゲサシガメ
・オオサシガメ
・ハウチワウンカ
・ブチヒゲツノヘリカメムシ

コウチュウ目
・ヨドシロヘリハンミョウ
・ホソハンミョウ
・ハラビロハンミョウ
・アカガネオサムシ
・マークオサムシ
・リシリノマックレイセアカオサムシ
・タカネセスジアカガネオサムシ
・ウガタオサムシ
・フジアキタクロナガオサムシ
・ドウキョウオサムシ
・イワテセダカオサムシ
・イワタメクラチビゴミムシ
・コカシメクラチビゴミムシ
・モニワメクラチビゴミムシ
・アオナミメクラチビゴミムシ
・キバネキバナガミズギワゴミムシ
・オオキバナガミズギワゴミムシ
・ギョウトクコミズギワゴミムシ
・ジャアナヒラタゴミムシ
・オガサワラクチキゴミムシ
・クチキゴミムシ
・イスミナガゴミムシ
・チョウセンゴモクムシ
・スナハラゴミムシ
・ツヤキベリアオゴミムシ
・クロホシコガシラミズムシ
・キイロコガシラミズムシ
・マダラコガシラミズムシ
・ムツボシツヤコツブゲンゴロウ
・ムモンチビコツブゲンゴロウ
・ヒメケシゲンゴロウ
・コシマチビゲンゴロウ
・ルイスツブゲンゴロウ
・ナカジマツブゲンゴロウ
・トダセスジゲンゴロウ
・ゲンゴロウ
・ヒメフチトリゲンゴロウ
・コガタノゲンゴロウ
・エゾゲンゴロウモドキ
・マルガタゲンゴロウ
・オキナワスジゲンゴロウ
・ミズスマシ
・ツマキレオナガミズスマシ
・コオナガミズスマシ
・チュウブホソガムシ
・セスジマルドロムシ
・コガタガムシ
・クシヒゲアリヅカムシ
・ヤマアリヤドリ
・オオクワガタ
・ダイトウヒラタクワガタ
・ハチジョウヒラタクワガタ
・オキナワマルバネクワガタ
・アマミマルバネクワガタ
・キュウシュウコルリクワガタ(ニシコルリクワガタ九州亜種)
・オオコブスジコガネ
・マルダイコクコガネ
・ダイコクコガネ
・チャバネエンマコガネ
・ヤクシマエンマコガネ
・ツヤケシマグソコガネ
・ヨコミゾドロムシ
・セマルヒメドロムシ
・ケスジドロムシ
・サトウカラヒメドロムシ
・オガサワラムツボシタマムシ父島列島亜種
・ツマベニタマムシ父島・母島列島亜種
・オビヒメコメツキモドキ
・ズグロヒメハナノミ
・ボニンヒメハナノミ
・ニセミヤマヒメハナノミ
・ニセチャイロヒメハナノミ
・ワタナベヒメハナノミ
・キムネキボシハナノミ
・オガサワラキボシハナノミ
・ロミキンオビハナノミ
・アカムネハナカミキリ
・オガサワラトビイロカミキリ
・チャイロヒメカミキリ小笠原亜種
・オガサワラムネスジウスバカミキリ
・フタモンアメイロカミキリ父島列島亜種
・ミチノクケマダラカミキリ
・サトウオガサワラカミキリ父島列島亜種
・ケブカオガサワラカミキリ
・オキナワサビカミキリ
・ケハラゴマフカミキリ
・アサカミキリ
・ハハジマヒメカタゾウムシ

ハチ目
・オオナギナタハバチ
・ノヒラセイボウ
・ツヤカバフドロバチ母島亜種
・エゾアカヤマアリ
・トゲアリ
・オガサワラアナバチ
・ハハジマピソン
・チチジマヌカダカバチ
・オガサワラギングチバチ
・ニッポンハナダカバチ
・キアシハナダカバチモドキ
・オガサワラメンハナバチ
・イケダメンハナバチ
・キムネメンハナバチ
・ヤスマツメンハナバチ
・オガサワラキホリハナバチ
・アサヒナハキリバチ
・オガサワラツヤハナバチ

ハエ目
・カニギンモンアミカ
・ニホンアミカモドキ
・キスジモモブトモリカ
・クロモモブトモリカ
・クロオドリバエモドキ
・ケンランアリノスアブ
・ゴヘイニクバエ

チョウ目
・アシナガモモブトスカシバ
・ベニモンマダラ道南亜種
・ギフチョウ
・ミヤマシロチョウ
・チョウセンアカシジミ
・キタアカシジミ北日本亜種
・ゴマシジミ八方尾根・白山亜種
・ルーミスシジミ
・ツシマウラボシシジミ
・アサマシジミ中部高地帯亜種
・ハマヤマトシジミ
・ウラギンスジヒョウモン
・ヒョウモンチョウ本州中部亜種
・オオイチモンジ
・ウラナミジャノメ本土亜種
・タカネキマダラセセリ南アルプス亜種
・アサヒナキマダラセセリ
・オガサワラセセリ
・クロフカバシャク
・サキシマオオエダシャク
・アキヨシトガリエダシャク
・ヒロバカレハ
・スキバホウジャク
・ミヤノスゲドクガ
・シラユキコヤガ
・マガリスジコヤガ
・オガサワラシロガ
・ガマヨトウ
・キスジウスキヨトウ
・ヌマベウスキヨトウ
・キュウシュウスジヨトウ
・エゾスジヨトウ
・オオチャバネヨトウ
・ギンモンアカヨトウ
・イチモジヒメヨトウ
・クシロモクメヨトウ
・アサギリヨトウ
・エゾクシヒゲモンヤガ

まとめ

日本のレッドリストに登録されている絶滅危惧種動物の一覧を紹介しました。意外と私たちに身近な動物もいて、絶滅危惧種になっていることに驚きを感じます。動物が絶滅する原因は自然現象によるものもありますが、乱獲や外来種の影響など人間による人的な影響を受けていることが多いです。間違っても外来種を購入して野生に捨てるといったことはしてはいけません。

関連するキーワード


絶滅危惧種

関連する投稿


珊瑚礁は絶滅の可能性がある?地球温暖化による影響は?

珊瑚礁は絶滅の可能性がある?地球温暖化による影響は?

珊瑚礁は絶滅の危機に瀕しています。このまま何も対策が進まなければ、2050年に世界中の珊瑚礁が絶滅してしまう可能性があるようです。海の宝石ともいえる珊瑚礁を救える可能性はあるのでしょうか?また、珊瑚礁を死滅させる原因は何なのでしょうか?


植物が絶滅危惧種になる原因とは?

植物が絶滅危惧種になる原因とは?

絶滅危惧種として扱われるのは動物だけではありません。植物も絶滅の危機に瀕している種がたくさんあります。動物と違い少しわかりづらいですが、人間による影響がほとんどの原因を占めています。その原因とは森林伐採や園芸採取のための乱獲などです。


地球温暖化がホッキョクグマに与える影響と対策とは?

地球温暖化がホッキョクグマに与える影響と対策とは?

地球温暖化は生態系に大きな影響を及ぼします。中でも有名なのがホッキョクグマです。北極圏は気温上昇の影響が大きく、100年の間に2°上昇したと言われています。海氷も半分近く失われたという報告もあります。そこで暮らすホッキョクグマは2005年に絶滅の可能性がある「危急種(VU)」に指定されました。


動植物が絶滅危惧種となる5つの原因。どんな対策が取られているの?

動植物が絶滅危惧種となる5つの原因。どんな対策が取られているの?

世界中で数多くの動植物が絶滅の危機に瀕しています。もちろん、自然現象によって絶滅してしまう場合もありますが、人的な要因によって絶滅する場合もたくさんあります。今回は動植物が絶滅危惧種となる原因を5つ紹介し、どんな対策が取られているかについても触れていきます。


最新の投稿


関東のSUPプラン3選|アクセス良好で、手軽に楽しむ水上散歩♪

関東のSUPプラン3選|アクセス良好で、手軽に楽しむ水上散歩♪

SUPは立ちながらボートを漕ぐ水上アクティビティの一つです。比較的手軽に楽しめるアクティビティとなっており、数時間のレッスンで十分に楽しめるスキルが身につきます。関東にもSUPを楽しめるスポット・プランは充実しております。


広松木工の椅子5選|シンプルかつ実用的なプロダクトが魅力的!

広松木工の椅子5選|シンプルかつ実用的なプロダクトが魅力的!

広松木工は日本の五大家具産地に数えられている福岡県大川市に拠点を置く家具メーカーです。約70年に渡って、シンプルかつ実用性の高い家具を製造し続けています。豪華絢爛な装飾はありませんが、スッキリとしたフォルムで機能性は高い椅子が好評です。


沖縄のパラセーリングプラン3選|美しい海を空から眺める!

沖縄のパラセーリングプラン3選|美しい海を空から眺める!

沖縄のアクティビティの一つにパラセーリングがあります。パラセーリングを体験すると、美しい沖縄の海を空から眺めることが可能となり、絶景な景色を堪能できます。海の空中散歩を堪能できますし、ちょっと空いた時間に参加できますので、要チェックです。


フリッツ・ハンセンの椅子5選|北欧でも人気の家具メーカー!

フリッツ・ハンセンの椅子5選|北欧でも人気の家具メーカー!

フリッツ・ハンセンは北欧の家具メーカーの中でも人気のブランドの一つです。また、同社の発表している椅子は「セブンチェア」「アリンコチェア」「エッグチェア」などデザイン性が高く、さらに世界的にも評価されている製品が充実しています。


関東のバンジージャンプスポット3選|国内随一の高さも体験できる!

関東のバンジージャンプスポット3選|国内随一の高さも体験できる!

関東には40m台から国内でもっとも高い100mまでのバンジージャンプスポットがあります。はじめてバンジージャンプを体験する方も、何度も経験されたことがある方も十分に楽しめるエリアとなっています。特に国内一の高さを誇る竜神バンジーは踏み出すことさえできれば最高に気分が良いと好評です。