大都会新宿で自然を感じる3大観光スポット

大都会新宿で自然を感じる3大観光スポット

大都会新宿。歌舞伎町、高層ビルなどのイメージが強い街ですが、実は自然を感じられる観光スポットが結構あるんです。自然を巡ると、身も心も癒され綺麗になりますよ。


新宿御苑、新宿で自然を体感するならここ!

Alina Zamogilnykh / Shutterstock.com

明治時代に天皇の庭として建設された新宿御苑は、渋谷区まで広がる巨大な公園です。新宿御苑駅、千駄ヶ谷駅、代々木駅など多くの駅からアクセス可能となっています。

他の公園と違うのは、入園料があるところ。天皇の庭だからかもしれませんが、警備員がいて意外と厳重になっています。ただ、中に入ると変な輩がいないので安心して過ごせる公園です。お花見をする人も多いですが、飲酒は禁止です。飲酒しない花見なんてと思いますが、これが意外といいんです。お花見を純粋に楽しめるんです。

そんな新宿御苑はコンクリートジャングルである新宿に涼しく澄んだ空気を提供してくれています。もっとこういう自然が増えると良いですね。

入園時間 - 9:00 - 16:00(閉園は16:30)
(茶室は 10:00 - 16:00)
休園日 - 毎週月曜日(月曜日が祝祭日の場合は翌日)と年末年始(12/29~1/3)
(3月25日から4月24日と11月1日から15日については、月曜日も開園)
入園料 - 大人(高校生以上)200円、小中学生50円、幼児無料
各種割引などあり(いずれも2010年4月現在)

明治神宮外苑、新宿御苑のすぐ裏にある銀杏並木

明治神宮外苑は新宿御苑の裏にあり隣には赤坂御用地の緑が広がっています。ちなみにですが、明治神宮とは距離が離れていて、千駄ヶ谷駅・外苑前駅・青山一丁目駅が最寄りになります。内苑というと明治神宮をさし、外苑というとこちらをさします。

銀杏はちょっと臭いですが、その匂いも自然が感じられて最近は好きになってきました。夏の新緑・秋の紅葉は一見の価値ありです。

明治神宮外苑
〒160-0013
東京都新宿区霞ヶ丘町1番1号
TEL:03-3401-0312(代表)
FAX:03-3401-0676

JR中央・総武線
「信濃町駅」「千駄ヶ谷駅」
東京メトロ銀座線
「外苑前駅」「青山一丁目駅」
東京メトロ半蔵門線
「青山一丁目駅」
都営大江戸線
「国立競技場駅」「青山一丁目駅」
※施設ごとの最寄の駅については、目的の施設情報をご確認下さい。

新宿中央公園、西新宿の高層ビルに澄んだ空気を提供

Bunwit Unseree / Shutterstock.com

新宿中央公園と聞くと、ホームレスの聖地という印象が強いのは私だけでしょうか?こういう一面があるのは事実ではありますが、高層ビルしかない西新宿において唯一自然を感じられる場所です。新宿中央公園で嬉しいのは緑だけでなく、水が豊かなところです。滝が流れていてボーっとできます。マイナスイオン全開です。

〒160-0023  東京都新宿区西新宿2-11
TEL : 03-3342-4509
JR・小田急線・京王線 新宿駅から徒歩約10分
東京メトロ丸の内線 西新宿駅から徒歩約5分
都営大江戸線 都庁前駅から徒歩1分

まとめ

新宿で自然を感じられる観光スポットを3つ紹介しました。

この3つは非常に規模の大きい緑地です。まさに都会のオアシス的な存在ですが、普段の生活でなかなかその恩恵に気が付かないものです。コンクリートジャングルが成り立つのも自然のおかげ。そのことを感じるためにも、たまには足を運んでみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


緑化 公園 自然観光

関連する投稿


ジニア(ヒャクニチソウ)の育て方!長期間開花を楽しめる夏の定番

ジニア(ヒャクニチソウ)の育て方!長期間開花を楽しめる夏の定番

ジニアの育て方を紹介します。ジニアはメキシコ原産の一年草です。15種類ほど存在します。夏の定番植物として人気があり、エレガンスという品種はヒャクニチソウの名前でも有名です。名前のとおり開花期間が長く、初夏から秋まで楽しめます。花色も充実していて可愛らしい花をたくさん咲かせてくれます。


シザンサスの育て方!華やかな花を一斉に咲かせる

シザンサスの育て方!華やかな花を一斉に咲かせる

シザンサスの育て方を紹介します。シザンサスは南米チリ原産の一年草です。10種類ほど存在します。秋まきの一年草で3月~5月に開花し花後は枯れていきます。白、ピンク、赤、紫、黄色など豊富な花色があり模様も華やかです。たくさんの花がまとまって咲くので存在感もあります。


サンビタリアの育て方!這うように広がるヒマワリに似た花

サンビタリアの育て方!這うように広がるヒマワリに似た花

サンビタリアの育て方を紹介します。サンビタリアは中南米原産の一年草です。10種類ほど存在します。春に植え付け、初夏から秋にかけて開花し、冬に枯れます。ヒマワリを小さくしたような花姿が特徴で、黄色い鮮やかな花を咲かせます。這うように広がるので、花壇にも向いている植物です。


ザルジアンスキアの育て方!夜に花開き、甘い香りを漂わせる

ザルジアンスキアの育て方!夜に花開き、甘い香りを漂わせる

ザルジアンスキアの育て方を紹介します。ザルジアンスキアは南アフリカ原産の一年草です。50種類ほど存在します。本来は多年草ですが、日本では夏越しが難しいので一年草として扱われます。夜に花を開く性質があり、日中は半開きの状態になっています。また、夜は甘い香りを漂わせますが、日中は芳香がありません。


コンボルブルスの育て方!アサガオのような花

コンボルブルスの育て方!アサガオのような花

コンボルブルスの育て方を紹介します。コンボルブルスは地中海沿岸原産の植物です。200種類ほど存在し、一年草と多年草のタイプがあります。一年草ではトリカラー、多年草ではサバティウスという品種が一般的です。小さなアサガオのような花姿で、花色は白、紫、ピンク、青などがあります。初夏から夏にかけて開花します。


最新の投稿


ジニア(ヒャクニチソウ)の育て方!長期間開花を楽しめる夏の定番

ジニア(ヒャクニチソウ)の育て方!長期間開花を楽しめる夏の定番

ジニアの育て方を紹介します。ジニアはメキシコ原産の一年草です。15種類ほど存在します。夏の定番植物として人気があり、エレガンスという品種はヒャクニチソウの名前でも有名です。名前のとおり開花期間が長く、初夏から秋まで楽しめます。花色も充実していて可愛らしい花をたくさん咲かせてくれます。


しまむらの「素肌涼やかデニム」はどう?種類や口コミを紹介。

しまむらの「素肌涼やかデニム」はどう?種類や口コミを紹介。

いよいよ冬が終わり春本番といった感じですね。まだ少し寒い日はありますが、衣替えをした方も多いのではないでしょうか。これからどんどん暖かくなっていくので、ファッションでは暑さ対策も重要になってきます。そこでおすすめなのが、しまむらの「素肌涼やかデニム」。種類やクチコミを紹介します。


ニトリで人気のガラスキャニスターに新色が登場!全色揃えたい♪

ニトリで人気のガラスキャニスターに新色が登場!全色揃えたい♪

最近のニトリはおしゃれなアイテムが充実しています。インテリア雑貨はもちろん、キッチン用品でもおしゃれな商品が多く、特に蓋がスチール製のガラスキャニスターは大人気です。今までは白と黒のモノトーンしかありませんでしたが、最近ネイビーとレッドの新色が登場しました。


GUの春バッグが可愛い!人気のワンハンドルから、使える3WAY仕様まで♪

GUの春バッグが可愛い!人気のワンハンドルから、使える3WAY仕様まで♪

春のコーディネート、お洋服の準備はできていても、バッグや靴はまだ...という方も多いと思います。せっかく新しく取り入れるならトレンドアイテムを安く可愛くゲットしましょう!という事で、今回はGUの注目バッグをご紹介します。すでに完売の色や型も出てきているので要チェックです。


キャンドゥのナンバーブロックが可愛い。アンティークな雰囲気に♡

キャンドゥのナンバーブロックが可愛い。アンティークな雰囲気に♡

キャンドゥからナンバーブロックという可愛い雑貨が登場しました。キューブ型のブロックで0~9までの数字がデザインされています。アンティークな加工がされていて、飾るだけでおしゃれです。万年カレンダーにもできますよ。セリアやダイソーのナンバー系雑貨もあわせて紹介します。